チェンマイのタイ古式マッサージはちょっと怖くて目が開けられなかったという話

image

初めてのタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージというのを初めて受けたのは1995年、生まれて初めてバンコクに行ったときのこと。ワットポーのお寺の中に体育館のように広いフロアがあり、そこで老いも若きもタイ人も外国人も、いっせいにマッサージを受けていた。柔道の寝技のようなポーズをとっている人もいれば、どこからか奇声も聞こえてくる。気持ちいいのか痛いのか、人間ってそんな声も出せるんだとしみじみ感慨深く、少しのちに自分もその声のひとりとなった。

 

ロングTシャツにはミッキーマウス

タイは何度も来ているがチェンマイは初めてである。
着いてすぐ向かったのはマッサージ屋。夜行便でこわばった身体をまずはほぐしたいところだ。ろくに下調べもせずに来た街だが、マッサージ屋ならいたるところにある。食べ物屋の次に多い。チェンマイの場合、食べ物屋と寺院の次に多い。

待つのがいやな性分なので、旧市街にあったヒマそうな店を選ぶ。料金も手頃である。タイ古式マッサージが1時間、200バーツ(670円/2015年12月現在)である。日本はもちろんのこと、バンコクと比べても安い。店に入ると、サワディカー!と若い女性が迎えてくれた。背が高く肩幅が広い。ミッキーマウスがプリントされたブルーのロングTシャツから、形の良い脚が伸びている。店を間違えたか? 髭のあともスネ毛もないが、おかまちゃんであることは明白だった。どこからきたの?東京?すごいわ!チェンマイは初めて?そうなの?どうか楽しんでいってね。どのくらい滞在するのかしら?ともかくメリークリスマスね!と矢継ぎ早に話しかけてくる。そうかクリスマスだったか。クリスマスだってのに・・・

洗面器にお湯をはり、足を洗う。立てたひざの間からパンツが見えるが見ないようにした。ロングTシャツはスカートを兼ねるには短すぎた。足の水気を拭き取るとそのまま施術台の方へ誘導し、どこかに電話をかけている。おそらくマッサージ師を呼んでいるのだろう。いくらおかまちゃんでもあの格好でマッサージはできない。店長さんなのかもしれない、と思いならがらも大いにホッとする。しばらく待てど、マッサージ師はあらわれない。あとどのくらいかかりそうなのか聞こうとしたその時、カーテンを開けて入ってきたのは、あのおかまちゃんであった。待った?
つーか、おまえがするんかい!

例によってミッキーマウスのロングTシャツはそのままだ。言うまでもないけどタイ式は、身体全体を使って行う。肘をつかい膝をつかう。おおっぴらに股だってひらく。悪いけど超ミニワンピースのようなロングTシャツに向かない仕事である。ていうかお願いだからスパッツでも履いてください。image

そんな心境を知ってか知らずか、だいたんに施術が始まった。まずは左脚から、続いて右。脚の付け根をそこまでさするか?うつ伏せになった尻をそこまでして揉むか?だがぼくはなすがまま、されるがままだった。まな板の魚か、川面に浮かぶ木の葉のように。イタ気持ちいいのか悪いのか、よくわからないなかそこはかとなく敗北感が漂う。女性がよく言う、キライな男に抱かれる気持ちというやつだろうか? 太ももの感触が腕や手のひらに生で伝わり、胸の膨らみを背中に感じる。自然のものではないはずだが。ところでアレはついているのだろうか、とっちゃったんだろうか?気にはなったが確かめたくはなかった。

そこはやめて!

ぼくは映画館でもマッサージの途中でも寝落ちする常習犯であるが、今回ばかりは眠らなかった。だけど目は閉じていた。途中怖いもの見たさでうす目を開けると、にっこり微笑むオカマちゃんの顔が近くにあった。微笑みの国、タイ。負けじとぼくも微笑み返すのだった。仰向けにされ、ヘッドマッサージ。頭はおかまの膝枕。微笑みを返してしまったのはそんなシチュエーションである。誤解されなければいいがと思った瞬間、するするっと胸を揉まれ、乳首をくるりと指でさすられた。お客さま、困ります!違う逆だ!

image

チェンマイ滞在中、店の前をなんども通りかかったが、店内に客の姿を一度たりとも見なかった。わからなくもないが、ニッチなニーズには応えられるような気がする。

誰か行ってあげて下さい。

 

 

なおきん
店の名前は「ナイス マッサージ」。名誉のために言っておくと、紹介したおかまちゃんの腕前はなかなかのものでした。姿は女性でも(異論あり)、手の感触は男そのものでした。どなたさまも良いお年を!
image
▲ NICE MASSAGE , Prapokklca Rd., チェンマイ

 

なおきん
追伸:2016年9月現在、このお店はいま、別のお店になってしまいました。ミッキーマウス・ロンTの姿はついに見かけなくなったとの現地情報です。ほら言わんこっちゃない。だれも行ってあげなかったからです。けどオカマちゃんはたくましい、きっといまもどこかで元気でがんばっていることと思います!

 

4 件のコメント

  • 仕事中に読んだことを 後悔するほど爆笑しました。
    なおきんさん 無事で何より! 
    頭の中で 微笑み合う お二人が ・・・ 苦しぃ~ アははは~

    • omaruさん、オカマのマッサージ師は遭遇しましたが、レズビアンのマッサージ師はいるんだろうか?と。どちらにしても肌を密着させますからねタイ古式は。でもおかげでとってもデトックスな年末をすごしました。omaruさんもよろしければ。

  • うひゃほへほぉ~~~~、はへはへ~、わっはっはっは!
    プロ意識ですね、おのおの方。
    寝落ちできなかったなおきんさん、身体はほぐれても心の緊張感ほぐれなかったですね~。
    なんともなんとも、今年最高のネタでございます。

    • ダリアさん、こんにちは!
      そんなにウケるような内容でもない気がしますが、喜んでいただければ虎穴にはいったいみもあろうものです。施術中はへんな力が入っちゃって、逆にこっちゃいましたね。ただ店があまりにもヒマそうで、ほんとだれか利用してあげてほしいものです。ぼくですか?いちどやれば十分です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。