人種差別の果ての差別のない国、キューバ

ハバナの街並み

キューバは1492年、コロンブスによって発見された。

という歴史の語り方をぼくはいまいましく思う。既にそこに暮らしていた人々からすれば、大厄であったはずだからだ。やがてスペインから遠征軍が送り込まれ、植民地化が始まった。度重なる虐待や強制労働、疫病などでインディオ(アラクワ、タイノ族)はほとんど絶滅した。

先住民を絶滅させ、労働力が足らなくなったからと、代わりにアフリカから送り込まれたのが黒人奴隷である。いまのキューバには祖先をスペインとする白人系、アフリカからの黒人系、両者の混血であるムラート系の人々が暮らす。ほかの中南米もなりたちは似たようなものだが、ここまでインディオ系が残らなかったのもキューバくらいのものではないか。どれだけ過酷だったかが窺い知れる。あんまりである。

キューバ人は基本的におしゃれ。スタイルも扇子もいい。貧しくてもそこは手を抜きません。

キューバ人は基本的におしゃれ。スタイルもセンスもいい。貧しくてもそこは手を抜きません。

ハバナの街を歩いていて救いなのは、白人、黒人、ムラートのあいだで、まったく差別が感じられないことである。子どもたちもへだてなく遊び、大人たちもへだてなく恋愛する。3種混血し合い、はっきり区別できない人々も多く見られた。

皮膚の色で差別がなくなったのはそれほど昔のことではない。キューバ革命後、カストロ政権になってからのことであった。キューバ国際航空はホセ・マルティ空港と呼ばれるが、このホセ・マルティ氏こそがキューバ革命に掲げた理念である。

マルティ通りに立つホセ・マルティの像

マルティ通りに立つホセ・マルティの像

人間を分けたり限定したり、切り離したり、囲いに入れたりすることは、すべて人類に対する罪である。孤立する白人は黒人を孤立させる。孤立する黒人は白人を孤立させるよう仕向ける。【獅子より高く正義をあげよ ホセ・マルティ思想と生涯】

 

スペインに支配され、お前たちは砂糖だけを生産していればいいのだと19世紀なかばには世界一の砂糖生産地となり、葉巻の生産地となった。同じサトウキビからラム酒が造られた。そこで暮らしていた人々のための土地でなく、そこを支配していた者たちのために。

機内から見下ろしたサトウキビ畑。キューバは緑におおわれた島です

機内から見下ろしたサトウキビ畑。キューバは緑におおわれた島です

havana club

 

やがてスペインに替わり、アメリカが支配しても似たようなものだった。貧しい者は貧しいまま抑えこまれ、また放置された。豊かな物資は入ってきたかもしれないが、それは一部のものだった。ホセ・マルティが理念を掲げたのはそのころだった。アメリカを信用してはならない、と警告した。カストロとゲバラによって理念は実行され、今のキューバとなった。

ハバナの町並み

ハバナの街は驚くほど瀟洒な建物に満ちている。5mはありそうな天井とアーチ、コリントス式の円柱、そのどれもが砂糖や葉巻によって得られた財がいかに巨大だったかがうかがえる。同時にそのどれもが朽ち果て、壁はボロボロだ。中には天上が崩れ落ち、壁が剥がれ、通りから崩壊した部屋の様子がまる見えな建物もある。

ハバナの街並み

崩れた壁の破片が道の端に寄せられ、ときおりつまずきそうになる。かつてこの国を支配していたものか、大きな財を成した者たちが暮らしていたが、革命を恐れて逃亡し、あるいは追放された。建物は代わって一般の民衆に開放されたが、貧しい人々は食べるのが精一杯で、建物の維持にお金をかけられる余裕などない。せいぜいクリームソーダ色やピンク色などトロピカルなペンキを塗ったくらいだ。だがペンキも意外と高くつく。途中で塗りやめ、別の色に変えてしまったり、アートペイントも施したり。結果的にそれがどこの国にも見られない、独特の街の風景となった。

ハバナの街並み

 

IMG_6852

 

IMG_6858

 

IMG_1952

そんな通りを、すこし高揚しながら歩く。

日中は35度を超え、湿度も90%。不快指数は高く、加えて排ガス規制など想像もできなかったころの50年以上昔の車の排気ガス。道端に放棄された食べものからあがる腐臭を、カリブから吹いてくる風が洗い、さらに肌を心地よく撫でていく。

IMG_1861

通りに響く物売りの声、子どもたちのはしゃぐ声、クルマのクラクション、タクシー?と声をかけられ、 ニーハオとあいさつされる。キューバは初めてかい? どのくらい居るんだ? てきとうに応じると  オテル? レストランテ?シガー? ヴエナビスタフェステバル?と、訊かれる。でもニッコリ笑い断れば、相手もニッコリ笑い、サヨナラと返す。うだる空気にねっとりとまとうスペイン語、バルコニーに干されたありえない色の下着たち・・

子どもとはいえ、そこは女の子。カメラを向ければちゃんとポーズを取ってきます

子どもとはいえ、そこは女の子。カメラを向ければちゃんとポーズを取ってきます

ふらっと来るには遠すぎるハバナの街が目の前に広がっている。愛おしくて、いくら歩きまわっても疲れを感じない。

夕暮れが街をピンクに染めていった
魔法のように。

 

 

クラッシックカー

 

6 件のコメント

  • 歴史の重みを感じさせる記事と写真にグッときました。
    街の匂いと空気や風まで伝わってきます。というか、映画みたいです。

    • ぱりぱりさん、こんにちは!
      空気に質感があるというか、朽ちた感じの壮麗な建物と陽気で闊達な人々の動きが、そんな空気を生むのかもしれませんね。どの景色もまるで映画でした。劇場のようでした。

  • なおきんさんの表情が何とも言えず素敵です。心の底から自由にキューバにいることを楽しんでいる様子が見て取れます。そして、何ものにも束縛されない自由な生き方を感じます。自分にはなかなかそこまではできないのでうらやましい限りです。何かと物騒なご時世なので、十分気を付けて旅を続けてください。そして、もっといろいろ見せてください。楽しみにしています。

    • lexkenさん、こんにちは!
      とても楽しかったです。なんというか、キューバ人になりたいなあと思うこともありました。貧しくラテンの国なので、イメージとしてはルーズな人々を思うのですが、なんというかシャープでビシっとしています。ちゃんとしつけられているというか、誇りを持っているというか。そういうところがどこか日本人と通じる気もしました。

  • 先月、キューバにひとり旅してきました。念願の初訪問だったのですが、想像通りの素敵さで、想像以上に変化しつつある足音が聞こえていました。
    何故か懐かしく、異邦人の私にもナチュラルに優しいハバナの人たち。。
    今のキューバのままでは居られないんでしょうねえ。。

    • Mariさん、こんにちは!
      ハバナの人たち、ほんとうにナチュラルですね。ひとつひとつを、いまを楽しむために惜しみなく表現する自由さが、すごく感じられました。どちらかというと寡黙で、禁欲的なところが大人らしくて良い、と考える日本人にいろんな教訓を与えてくれます。きっと自殺率も低いんだろうなあ、と思って調べたら世界56位。タイと同じ順位で、もちろん日本よりずっと低いですが、意外と高いんだなあと。近隣のジャマイカやバハマは156位辺りなのに・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。