人は一日あたり3万回選択し 10万回思考する ざわつく心を静める「呼吸を思う」大切さ

煩悩と雑念

こころのスノードーム

ふだんなにげない判断も、多くの選択からなりたっている。実にぼくたちは 一日平均3万回も選択をし、10万回もの思考をしている。選択はまばたきの数より多く、得られる情報の総量は年々増えている。これじゃあストレスも溜まるはずである。ほとんど常態化していると言っていい。

あれもこれも、と選択をしながら、あれもしなきゃこれもしなきゃと自分に命令をする。時間は常に一定に経つはずなのに、置かれた状況によって速く感じられたり、ひどく遅く感じられたりする。あらゆる考えが頭をよぎり、目の前のことに集中できなくなる。結果どちらも中途半端に終わることもあるだろう。心がざわざわして、周りがよく見えないこともある。スノードームの雪が舞っている、あれに近い。しばらく静かにしていればやがて雪は舞い落ちて、ドーム内はクリアになっていく。心もそうなのだろう。待てばいいのだ。待てば心のドームも澄んでくる。

いっぽうで「ぼおっとしているヒマはない」という声がする。たいていは自分の声だ。自分が自分で心をざわめかせ、ドームの雪をかき回す。ついには集中できない自分に甘えだす。なにか他のせいにしたり、体調不良のせいにしたり、自分を惑わすだれかのせいにする。さらに悪いことに、いまはスマホがある。ひとを落ち着かせない豊富な機能には定評がある。身体に悪い影響をおよぼすのは電磁波ばかりではない。

スノードーム

 

モンキーマインド

仏教の教えに
Taming the Monkey mind (モンキーマインドを飼いならせ) というのがある。手にしたバナナを食べているのに、別のバナナを見つけ、そちらにも手を出そうとするさまをモンキーマインドという。常になにか動きがせわしく、落ち着かない。あたまには雑念だらけかもしれない。ヨガ好きのドイツ人から「日本人がイエローモンキーと言われてんのは、なにも皮膚の色だけじゃないぜ」と言われ、ケンカになりそうになった。でもよくよく考えればあながち的外れでもない気もする。3万もの選択に支配され、注意力が散漫になるのは必然である。在独日系会社で働く日本人駐在員は、なにかと “I’m busy” といってはせわしく動きまわり、同僚のドイツ人にバカにされていた。集中して働き、定時になればさっさとオフィスを退出するドイツ人。けっして怠け者ではないことは、労働時間あたりのGDPが証明している。

monkey mind

 

考えていること、を考える

もともと人は考えすぎる傾向にある。
1日10万回も考えている。みうらじゅん氏は「人生の3分の2はいらやらしいことを考えてきた」というから、1日6万回以上もいやらしいことを考えていることになる。氏のセンスはただものではないが、やはりただものではないのである。

さて10万もの思考のうち、95%は飽きもせず同じことを考えている。思考に人が造られるのはそのためだ。スノードームのようにこころがざわめき、モンキーマインドのようにあれこれ思考が飛ぶ。そんな状態で出来上がる人間というのは、どうなのか? 情報が飛び交い、あらゆる判断を短いタームでおこなわなければならない。そんな事情は誰もが共通にもかかわらず、モンキーマインドに支配される人間と、そうでない人間がいる。前者と後者を分けるものはなんなのか?

潜在意識である。
ぼくたちはあまりにも多くの意識されない意識、考えに従って動いている。「なんであんなことしちゃったんだろう?」と悲観したり、「なんでしなかったんだろう?」と後悔するのも、やはり潜在意識の仕業である。ひとつひとつの選択が点と線を結び、結果が生まれる。ただでさえ10万回も考えているのだ。明らかに過剰である。そこで「自分がいま考えていること」について考えることをしてみる。そのためには立ち止まることが必要だ。

ただでさえ、あわただしい思考数である。放っておけばつい考えてしまうのが人間である。大部分は仏教でいう煩悩や雑念である。みうらじゅん風にいえば「人生の3分の2は煩悩と雑念でしかなかった」わけだ。そこで元に戻す必要がある。そんなとき、いま自分が考えていることを書き出す作業が役立つ。

こころがざわつき、目の前のことに集中できなくなる。そんなときぼくは、考えていることをあえて言葉に出す。iPhoneを取り出し、メモ帳を立ち上げ、音声認識を使って考えていることを文字に変換する。自分が考えていることを目にしてみる。つまり「考えていること」について考えるわけである。なぜイラついていいるのか、なぜ違和感を持つのか、なぜ信じているのか、信じていないのか、悲しいのか、どうしてその考えに至ったのか・・、というのがわかってくる。わかれば違いもわかる。訂正するべき箇所も見えるし、考えに間違いがなかったことも見える。次々に考えようとする気もちを留まらせ、リセットすることができる。

海岸

 

リセットに必要な「呼吸を思う」こと

コツは呼吸を意識することだ。瞑想がそうであるように、気もちのリセットには「呼吸を思う」のがいい。吐くときは「いま自分は息を吐いている」と思い、吸うときは「息を吸っているのだ自分は」と思う。長く、深く、呼吸を思いながらおこなう。目を閉じ、おだやかな海岸で砂浜をやさしくなでる波の動きをイメージする。波が引くように息を吐き、波が押し寄せるように息を吸う。

大事なときに限って集中できない。
あなたも思い当たることがあるだろう。モンキーマインドに支配され、あれもこれもとなるからだ。誰かがあなたの扉をノックし、横でイスをけとばそうとも、目の前のやるべきことに集中する。スノードームに舞う雪がすべて落ち、視界がクリアになる。波に合わせてゆっくり呼吸をする。意識することは大事である。

意識された考えは強くなる。
思うようにことが進むかもしれない。
思うようにことが進まないことを考えなくなるからだ。

 

 

1 個のコメント

  • 心というものは、枝から枝へと飛びうつる猿のようにしばらくもじっとしていません。
    目の前の現象はこれからも変わらないだろう、という妄想や、変わってほしくない、という執着を捨て、すべての存在は、お互いに関係しつつ変化し、変化しつつ関係し合い、宇宙全体が無限に変化・流動しながら大きな調和を保っている、との実相を、これも実感を伴うまで深く想い念じることです。~仏説観普賢菩薩行法経の要点一部~。母が時々くれる宗教団体の冊子、いつもポイ捨てするけど、これだけは共感したので手元に残ってる。”実相”がカギ。
    そう、それから呼吸法。腹式呼吸に助けられた過去、幾度となく。動悸も治まります。
    でもやっぱり、睡眠が一番大事。こんな時間にあまり起きていてはいけません。おやすみなさいまし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。