たった一度だけ占い師に教えてもらったすごいこと

 

久しぶりの更新。

2ヶ月近く記事をアップしていなかったことで、ずいぶんと心配された。まして前の記事が「自殺したくなる曲」についてであったことで、余計な心配までさせたようで「生きてますか?」的なメッセージをたくさんいただくことになった。おさわがせして申し訳ないです。このとおりピンピンしています。むしろ、しすぎて困るくらいに。

もしブログに「拒食症」というものがあるなら、ぼくが陥っていたのはそれである。なんどもキーボードの前に向かい、いくつか記事も完成していた。だのにどうしてもその記事をアップすることができない。12年もやっていて、こんなことは初めてである。過去にブログを停止したことはあった。あれは意思を持ってやめていた。今回のは違う。辞めたいとも止めようとも思わない。6つくらい記事を書いた。イラストも描いた。写真も挿入した。でもアップできない。不思議である。

ただ同時にこの1〜2ヶ月、新しい出会いが楽しくなかった。仕事のせいもあったかもしれない。いずれにしても発見だったのは、そういうときブログの記事もまた、更新したくなくなってしまうのだ。

話は変わるが、ぼくは占いの類をほとんど信じない。
占いというものに関心がないし、大きなお世話なので距離を置いている。そんなぼくにだって過去にたった一度だけ、占い師にみてもらったことがある。まだぼくが19のとき、ドイツに渡る前の年だった。場所は名古屋の栄だったと記憶する。

「君の人生はある人物と出会うことで開かれます」

それっぽい初老の占い師は、ぼくの広げた手のひらを見ながらそういった。他にも何か言ったかもしれないが、覚えているのはそれだけだ。ぼくは神妙に占い師の言葉を受け止め、「ある人物」が現れるのを待つことにした。占い師はぼくにだけそう告げたのかもしれないし、どの客にも同じことを言ってるだけなのかもしれない。とにかくぼくは真に受け、以来、新しくだれかと出会うたびに、このひとこそ「ある人物」かもしれないと思うようになった。自分の人生を開いてくれるのだ、と。

「ある人物」であったなら、ないがしろにはできない。おかげでぼくはドイツに渡ってからも、タクシーの運転手や肉屋のマダム、コインランドリーで小銭をせびる浮浪者ですら、意識して大切にしようとした。大切にしようとすればするほど、目の前の人が好ましく思えてくるのも発見だった。それまでのぼくはどちらかといえば人間嫌いで、他人との接触を苦手としていた。クラスでも目立たない男子のひとりだったのだ。少なからず、このことをきっかけにぼくは変わった。

つまりこれが「一期一会」といえるかもしれない。
この出会いが1回きりだったとしても、だとすればなおのこと大事なのではないか。心持ちひとつで相手の印象は変わるものである。相手への印象が良くなればそれはすべからく自分にも返ってくる。ちゃんと影響するのだ。

あの占い師の言ったことは本当だった。

もう何十年も忘れていたこのことをふと思い出したのは、意味があったのだろう。ようやくこうして記事をアップすることができたことをも含めて。

 

ご心配おかけしてすみませんでした。
今後とも「イラ写」をよろしくお願いします。

 

 

12 件のコメント

  • おかえりなさい。
    すっかり夏になってしまいましたね。自宅で妻と子供たちがトイプードルを飼い出しまして、単身赴任中の自分は先日その犬に初めて会い、散歩までしているところで、「さいきん、なおきんさんのイラ写、更新されないな」と考えていたところでした。一期一会、そうだよなぁと拝読しました。なんだかまるで残りの人生が短くなってしまったみたいですが、この頃ますます人との出会いのこと考えるようになっています。年齢を重ねるほどにどんどん内側に向かってしまい、人と交わることをまるで避けるみたいに生きてきた何年かがあったので、そこかしこで落としてきたコミュニケーションへの渇望感みたいなものが、人生の最後に湧いてきてるのかな、なんて考えています。
    毎日暑いですね。今乗った地下鉄も空調が壊れてるので窓を開けてくださいって放送がありました。でも窓あけるとこみつかんないんですよね、地下鉄って。ご自愛ください。

    • たいさん、こんにちは。更新もそうですがこのコメントも放置状態でした。でもいつも有難く読まさせていただいています。ありがとうございました。

  • ご無沙汰しています。
    ズボラな読者な私は、そう頻繁に開く訳ではありませんでしたが、ここのところ、”イラ写”を開く頻度が増えていて、でも、記事が更新されないことで、「ひょっとしたら新天地に行って、新しい、びっくりするような仕事を始めて多忙なのかな〜」と思っていたところでした。
    遠くに行っていなかったとしても、なおきんさんの内面で、いろいろな変化が起こっていたのかもしれませんね。

    おかしな話、年齢が高くなって気持ちが弱ってくると、占いのような、人智を越えた、他力本願なものに傾倒しがちなこのごろで情けないのですが、そういう類いのものは、潜在意識の奥の方にあるモヤモヤしたものを顕在化するトリガーにはなるのでは、とは思います。
    私自身は、占いの当たる当たらないはどうでもいいのですが。
    ただ、結局、言語化されて意識に刷り込まれる事で、無意識に自分がその言葉の方に向かうのかな、とは思います。
    その占い師の方は、なおきんさんの中に眠る「人生を開く鍵」を上手に顕在化してくれたのではないでしょうか。
    「ある人物」はその占い師さん自身だったのかもしれませんね。

    益々暑くなりますが、お身体に気をつけて、マイペースでイラ写も続けてください。

    • まさよさん、こんにちは。コメント嬉しかったです。ありがたく読まさせていただきました。マイペースというのがこんなに遅いんじゃいけませんね。これからは更新頻度を上げて生きます。よろしくお願いします。

  • すごーく、ホッとしました。お久しぶりです!私も、ブログを読んで影ながら心配してました。
    前回の記事の内容と、更新されない期間が長くて。。。私も、チョットした時間が作れずコメント
    ご無沙汰していました。とにかく、お元気そうで良かったです。
    私も、「ある人物」は占い師さんだったのかと思いました。

    • さえぴーさん、こんにちは。ぼくにとってはちょっとした時間そのものよりやる気、これが欠損していました。少し心を入れ替えようと思います。どうぞよしなに。

  • 占い、私も全く信じません。よく新聞に今日の運勢てのが載ってます。あれが嫌で運勢の載っている新聞はとりません。雑誌、その他で占いの類を見かけると意識して通り過ぎます。良い事も悪い事も一旦読んでしまうとどこか心に残るのが嫌なのです。でも、若い頃、20代の頃ってかなり頻繁に星座占いとか読んでたような気がします。母はもっともらしく姓名判断をするのですが、若い子ほど熱心に話を聞くみたいです。だいたい何億もの人間がたった12の運勢に当てはまるわけないじゃ~~ん、て思っちゃう。でも、それを信じたくなる人の気持ちは、少しわかるつもりです。
    兎に角、どこか遠くに旅してると思ってたなおきんさんが、やっと帰ってきてくれて、ありがたや、です。

  • 久しぶりに更新されて嬉しくて今回初めてコメントします。
    なおきんさんの旅行記事がとても印象的で、これがきっかけで夏休みにヘルシンキとバルト三国に参ります!
    また旅の記録を共有してくださいね。

    • はちさん、こんにちは!初コメントありがとさまです!ヘルシンキとバルト三国、どうぞ楽しんできてくださいね。

  • なおきんさん、こんにちは。
    コメントするのはとても久しぶりになってしまいました。
    記事が長らく更新されなくてもきっとお元気だろうなーと思っていました。
    でもこうして記事が更新されるとやはり安心とうれしさが湧いてきます。
    このような更新リズムもなおきんさんの心のブログそのもで、それもいいですね~。

    • よっしーさん、おひさしぶりです!
      そういっていただけるととてもやる気が出てきます。これからも、ペース配分を考えながら更新を続けていきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。