13周年に向けて 〜 午前3時のコーヒー 〜

 

最後に記事を書いてからどのくらいになるのだろう?
気づいて愕然、半年ちかくが経っているではないか!

こんにちは、なおきんです。
はやいもので、今年の2月でこのイラ写も13年目となりました。長いね、13年前といえば2005年。あの日、生まれたばかりの子供なら中学生になっているはずだし、スマホもフェイスブックもなかった時代である。いや、正確にいえばあるにはあったが、まったく普及していなかった。スマホはブラックベリーのことだったし、フェイスブックはハーバードなど一部の大学で使われているにすぎなかった。ぼくは香港で起業していて、イラ写は当時「香港イラスト写真日誌」と名付けていた。

 

目がさめると午前3時、そんな日が一年も続いている。

キッチンに立ちコーヒーを落とすあいだ、顔を洗い、服を着替える。冬はもちろん、夏場だって外は真っ暗だ。軽くストレッチをしてから机につき、仕事をはじめる。2時間か3時間、頭は冴え、すごくはかどる。2年前、サラリーマンを卒業し、いまはひとりで仕事をする身となった。中国や東南アジアから独自のルートで商品を買い付け、日本国内の販売店に卸す、そんな仕事もやっている。やりたくて仕方がない、という仕事ではないけれど、やってみるとなかなかおもしろい。取り扱うのは旅行で使えるバッグや雑貨、パソコンやスマホの周辺機器である。自分が客だったら欲しがるだろうな、そういう商品ばかりだ。ITデバイスものはサポートが手に余るからやめておいた。手離れの良い商品がお互いのためだ。組織へのソンタクはない。自分で決めた裁量だけでやっている。

夜明け前にひと仕事を終え、少し眠ることもある。だが、たっぷり飲んだコーヒーのせいで妨げられるのもしばしばだ。シャワーを浴び、犬を散歩に連れ、そのまま外販にでかける。ラッシュアワーを避け、なじみの客にサンプルを届ける。これは必ずハンドキャリーするのが自分ルールだ。しっかり客と雑談を交えてリサーチする。時代はいかに変わろうとも、互いに信頼できるか顔をつきあわせて値踏みしておく。商社マン時代に叩き込んだルールであり、欠かせないプロセスである。それからできるだけ街を歩く。そこで人がなにを手にし、肩にかついでいるかを眺める。なにを食べ、どう動くかも。いかなるバッグも目的に合っていなければただのお荷物。意外と参考になるのは訪日外国人観光客である。彼らが手にしているものは、条件が合えば日本人だって欲しくなるものだ。この国はたいていのものは手に入るが、たいていのものはすでにだれかがもっているものである。

もちろん、旅に出かけないわけにいかない。
留まる水は悪い水になる。イスラムの教えにそうあるけれど、まちがっていない。ひとつの場所に留まらず、絶えず流れるように生きる。ついでにいえば、思うところがあって所有していた不動産をすべて処分することにした。所有というものが自分のスタイルじゃないことに、ようやく気付いたというべきか。旅先では写真ばかり撮っている。食べたり、宿を探すより、写真を撮る。透明人間のように存在を消し、あたりを傍観する。撮った写真はWEBのどこかに飾るが、いずれキンドルなどの電子本で配布できればと思う。毎月1冊、電子出版し、年に一度は紙でも出すというのが理想である。できれば無料にしたいけど、そうもいかないかもしれない。やってみないとわからない。ところどころイラストも挿したい。見た人がそこへ行きたくなるような写真を撮り、影響を与えられる写真こそに価値がある。また、そこに価値があったとしても、ことごとく金に替えるのはフェアじゃない。今後ますます等価交換は金銭だけではなくなる。

午前3時という、中途半端な時間は小腹が減る。
コーヒーのほかに、無性にジャンクフートが食べたくなることもある。そんなときはペヤングが登場する。この ひとをくったような名前の由来は「ペア」と「ヤング」を合わせたものだ。若いカップルがひとつのやきそばを分け合って食べる。そんなイメージ。まさに元祖「一杯のかけそば」なのである。ほかよりちょっと多めなのはそんな理由だ。発売は1975年、広島カープが初優勝した年で、小学生だったぼくは友だちと試合を見ながらペヤングを分けあった。注いだお湯を、3分後に捨てる。シンクがそのたびにベコッと鳴る。そんな調理法で、これっぽちも焼いてない即席めんを40年以上「焼きそば」と呼ばせているペヤングは、あまりに衝撃的すぎて、いまも夜明け前の胃袋を刺激してやまないのだった。

 

以上、イラ写再開ついでに近況報告でした。
13年目に突入しました。こんごともよしなに。

 

9 件のコメント

  • なおきんさんお久しぶりです。お待ちしてました(笑)13周年、おめでとうございます。2005年は僕はアジアから日本に戻りわりかし荒れた時期を過ごしていたなと、そんなことを思い出させていただいました。
    本当に久しぶりのなおきんさんの文章を、湧き水を手ですくって飲むみたいにゆっくりと拝読しました。
    「互いに信頼できるか顔をつきあわせて値踏み」という行動原則が、最近同じ年代の同僚とすら共有することが難しく(いや同僚だからこそなのかも)疑心暗鬼にさいなまれることもしばしばなのですが、まあそれはそれと割り切って生きています。
    また記事がアップされることを楽しみにしています!

  • 13周年、おめでとうございます。 そうか、なおきんさんは、『イラスト日誌』のイラスト、文章、写真でoutput、旅はintake、それでバランスを取っていらっしゃるのですね。 バイヤーは自分のセンスを問われる面白い仕事と思いますが、「時代はいかに変わろうとも、互いに信頼できるか顔をつきあわせて値踏みしておく。商社マン時代に叩き込んだルールであり、欠かせないプロセスである。」….このプロセスにこそ わたしは魅力を感じます。『ほぼ日』の糸井重里さんは、商品を生産者と企画し制作、制作過程やインタビュー、対談は読み物として配信、これがなかなか面白く、「高いなぁ」と思いつつ ぇぇい『等価交換』だ! と買ってしまう。上乗せ分は、製作者と糸井さんへの『信頼』な訳です。『ほぼ日ブランド』には なって欲しくないな〜と思いつつ。
    身軽になった なおきんさん、いよいよスナフキンですね。行く先に幸多かれと祈ります。

  • ご無沙汰です!13周年、おめでとうございます。
    なかなか更新されていないサイトを覗くたび、どうしてるのかな?と不安になったりもしましたが、きっと、いろいろな活動を精力的にしているはず、と信じていました。もしや、本当に、どこかにひっそりお店を出していたりして、などと考えてもみたり。更新も、思い立った時にされているはず、と思っていたので、今日、再び更新されているのを拝見し、嬉しい限りです。
    ビジネスも、旅にかかわることも手がけていて、さすがです!
    本も出版されたら、買います!!楽しみにしてますよ〜!

    *ペヤングのネーミング、初めて知りました!考えたこともなかったです!

  • お帰りなさい。長かったですね。毎日通りすがりに「本日定休日」のフダを見てた気がします(笑)
    2月で13周年だったんですね。おめでとうございます。
    お仕事順調そうですね。好奇心旺盛ななおきんさんが飛び回っている感じがしています。
    またの更新を楽しみにしています。

  • なおきんさんお久しぶりです
    お元気そうで何よりです。
    また、素敵な写真楽しみにしています。

  • お待ちしてましたよ!
    お元気そうで何よりです、同年代としては色々な刺激をいただいでおります
    これからもよろしくお願い致します

  • なおきんさん、お久しぶりです。よかった! (いろいろ勝手に心配していました。)
    イラ写13周年おめでとうございます。
    毎回ためになるお話をありがとうございます。
    どうぞお身体に気をつけてくださいね~。
    (そもそもなおきんさんは私のことを覚えていらっしゃるのかしら…。)

  • 久しぶりの更新、楽しく拝見いたしました。お元気にされている事が分かってよかったです!
    今回の記事は社畜になりかけの身につまされるものがありました。自分にとっての幸せって何だろうな〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。