西ウクライナ、リヴィウ

西ウクライナの都市、リヴィウはとても美しい都市である。キエフあたりから直接飛べば、これが同じウクライナだろうか?と思わずにいられない。まるでオーストリアポーランドに着いたかのような気分になる。

空港からのタクシーは、予約した宿までぼくを連れてってはくれなかった。ロシア語もウクライナ語もわからないぼくは、理由がわからないまま下ろされた場所から、石畳に足を取られるスーツケースを引きつつ歩く。理由はすぐにわかった。車両禁止区域にその宿はあったのだ。

冗談だろう?と思うような古くて床の軋む宿。いささか冒険が過ぎた気がした。ホテルではなくホステル。要するにバックパッカー用の安宿である。一泊、30ユーロ。シャワー、トイレは共同。部屋は鍵が閉まらず、病院にあるようなせまいベッドが4つ。玄関マットのようなタオルが一枚。だが部屋は広い。壁の色はまさかの赤。西陽にあたれば燃えているような色になる。でもどこかなつかしい。20代の頃はこんな宿ばかり泊まりながら旅をしていたものだ。


▲ ホテルの建物、200年前に建てられたアパートを改装してある


▲ 西陽があたればいっそう燃えるような赤い壁


▲ この階段を登って左に入り口があります

荷をほどき、着替えをしていると、突然ドアが開く。女の子が入ってきて「あらいたのね、ごめんなさい」と少しも驚かずにいう。ためらわず部屋に入ってきて「ちょっと洗濯物干させてね」と、シーツやタオルを干しはじめるのだった。この部屋は陽当りがいいらしいのだ。あわててジーンズを着け、Tシャツをかぶるぼくは、客としても、男としても、あるいは人間としても見てもらえなかったのかもしれない。洗濯石鹸の匂いが部屋に漂ってきた。なんとも平和な匂いだった。


▲ これがその洗濯物です

美しい街とプライバシーのない宿、リヴィウ
この都市の呼ばれ方は色いろある。ウクライナ語はリヴィウ、ロシア語でリヴォフ、ポーランド語ではルヴフ、ドイツ語はレンベルグ。なるほど複雑な歴史を持つ都市の運命をよく物語っている。

街を歩けばキリストの十字架やマリア像を見かける。これはキエフにはなかったものだ。そう、ここはウクライナカソリックの総本山でもあるのだ。だから東キリスト教ロシア正教ウクライナ正教など)の金色のネギ坊主の屋根はこの街にはない。プラハやウイーンでよくみられる、先が尖って直線と曲線が絶妙なバロック調の教会の屋根である。


キリスト教像。おばあさんが近寄り、柱にキスをしていました


▲ 聖マリア像。女性は鳩に乗っているように見えますが、ただの鳩型のハイヒールです。というのは冗談です

カメラを持って歩けば、これがなかなか大変である。ひとブロック毎に写真を撮りたくなる光景に出くわすからだ。あとで消せばいいやとバシャバシャ撮る。この調子では半日とバッテリーが持たないだろう。案の定、予備バッテリーに救われた。たちまち100枚を超えた。こんなに撮るのは自分でも珍しい。


▲ ひとつ角を曲がる旅に、撮りたくなるような景色が


▲ 街のどこでも花が飾られています


▲ ローアングルの一枚。地面にへばりついて撮影していたら、この自転車にひかれそうになりました


▲ むしろ真上から見たくなるような多角形のアパート(普通のアパートでした)


キリル文字でKAFE(カフェ)と読みます。洒落てますよね看板も


▲ 右から二番目の人は、自分の脇の下の匂いを嗅いでると思う


▲ 木と枝と路面と壁で真四角のトンネルができてました


▲ ドミニコ聖堂。13世紀、リヴィウルーシ公国の首都だった頃の建物


▲ 中へ入ってみると(ドミニコ聖堂)


バロック調のツイン塔教会こそ典型的なオーストリア・ハンガリー帝国時代の建物です


▲ 緑の屋根が鮮やかな火薬塔


▲ 花売りの少女です。町に溶け込んでいます


▲ ミニチュア風に撮ってみました。ドミニコ聖堂


▲ ミニチュア第二弾


▲ ミニチュア第三弾。どうやって屋根に乗せたんだろう?ぜひクリックして拡大して見てみて(パソコンのみ)


▲ こういうネコを縁った看板のセンスがにくい


▲ ベンチの肘掛け部分はリビウのシンボル、羽の生えたライオンです


▲ ゴミ箱もちゃんとデザインされてます。東京はもっとゴミ箱を増やして欲しいです


▲ アパートの中庭にはこんな素敵なアンティークなカフェが


リヴィウの街は商業看板が制限されているから、どれだけビルがおり重なっても景観を損ないません

この街のうれしい発見は、コーヒーがとても美味しいこと。カフェはもちろん、屋台のコーヒーも、朝のキオスクで出すコーヒーも、どれも間違いなく美味しかった。ブラックコーヒーのことをウクライナでは「アメリカーノ」と呼ぶが、ブラックでこれほど美味しい体験をしたのはちょっとない。ウイーン、ジェノバヘルシンキ。ぼくが勝手に認定した「コーヒーの美味しいベスト3都市」であるが、リヴィウをこれに加えたい。それぞれの店舗が自ら焙煎し、豆をひいている。通りにまで良い香りが漂う。これはハプスブルグ家のおかげだなと思った。


▲ 早朝はまだカフェは開いていないので、キオスクでコーヒーとサンドイッチを買い、併設されているテーブルについて食べてました


▲ コーヒー豆を袋詰めしている店員

旅先では、たいてい早く起きる。ひとり旅だと夜ヒマなので、すぐに寝ちゃうということもあるけれど。夏なら5時、シャワーを浴びて朝食も取らずに表に出る。通りはすでに明るい。人もまばらにいる。目的は朝の光だ。イノセントで清潔な朝の光。昨晩どんな不浄をしても許してくれそうな朝の光は、写真撮影にとてもいいのだ。石畳の輝きが神々しく、木々の葉がみずみずしい。まさに黄金の時間、夕陽では味わえないものがある。


ウクライナは噂通り美人が多い?それはともかく、白人女性にしてはスレンダーな体型が多く、世界で最もミニのワンピースを着ている割合が高いと思います


▲ かめらをもっているほうも、つられてポーズしてます


▲ 黒山のオジサンだかりはチェスのギャラリー。「どれどれ」「ほう、ここでそうきましたか」


▲ バレエ・オペラ劇場


▲ ブログのアップはもっぱらベンチで


▲ 朝市ではナチスドイツのヘルメットまで売られてました

いい写真がとれたなと思うとき、それはたいてい朝であることが多い。


▲ 以下は、早朝に撮った写真です

ベネチアドゥブロヴニクのように、旧市街は車が入れないからリヴィウの街はすごく歩きやすいし、広告が排除されているので昔ながらのヨーロッパの町が堪能できる。ここまで徹底しているのもめずらしいので、「せっかく綺麗な景色なのに看板が・・」と嘆かれている方、ぜひ訪れてみては?

ほんとうにいつまでもブラブラと散歩したくなる街でした。歩きすぎて、知らないうちに足の指が8本捻挫していたほどです。

それではまた、次の街で!

5 件のコメント

  • なおきんさんこんにちは

    すごい、なぁ..撮りたくなる風景、瞬間と出会う幸せ
    お裾分け、いただきました。ありがとうございます
    残りの時間も素敵な旅でありますように

  • あぁぁぁぁ!
    聖母マリア像の顔が写ってな〜い!!!
    なおきんさんはきれいなオネエサンの足に見とれて
    マリア像のことなど忘れていましたね。
    プードルにまりあと名づけるほど聖母マリアが好きな
    私としては残念です、あ〜あ。。。
    他の写真はあまりに美しくて何度も
    じーっと見つめてしまいます。
    でもオジサンのお尻は見つめたくないですね、アハハ。
    キエフのソフィア大聖堂のジオラマ模型は
    本物だと信じて読んでいました。
    単純バカな私はすっかりだまされていました。

  • なおきんさんの旅行話、毎年楽しみです。
    先日のチェルノブイリも、とても興味深かった。近しい人が福島で除染作業をしているので、余計にいろいろ考えるものがありました。
    この先も無事に旅が続けられるよう、足の怪我が早く治ります様に!

  • ステキな写真ですね!
    これは一眼レフカメラで撮っているのでしょうか?
    普通のデジカメかな??

    私の毎年恒例一人旅は9月の日程になり
    今からワクワクしています。いつも同じところなので
    呆れられていますが、気にしない。私の時間を
    贅沢に使えるので幸せです。

  • こんにちは、なおきんです。コメント返しがすっかりおそくなってしまい、もうしわけありませんでした。
    ——————————-
    min.oさん、一番ゲットおめでとさまです!
    撮った写真は記事で紹介した8倍はあります。そのことをある写真ブロガーさんに言うと、「甘い!うちは50倍はある!」と言われてしまいました。すごいですね。「絵葉書のような写真より、ストーリーのある写真を」を念頭に撮りました。伝わるかどうかは別ですけど。
    ——————————-
    risaさん、
    すみません。おねえさんの足に見とれてました。というかすばやい鳩の動きを見張り続けてました。同じ場所で撮った写真は10枚近くあってマリア像全体のもあります。リヴィウの街はどこを切り取っても美しく、いささか摂り過ぎた感があります。ほんとうっとりしてしまいました。
    ——————————-
    8−8さん、
    足の怪我までご心配いただき、恐縮です。痛めたのはおそらく慣れない石畳だったのかなといまにして思います。ものすごくゴツゴツしてましたから。その上をハイヒールで闊歩する女性たちもいて、すごいなあと思いました。壊れたりしないのかな、と。
    ——————————-
    わんわんわんわんさん、
    カメラは一眼レフ、コンパクトデジカメ、iPhone、それぞれで撮りました。一見、一眼レフで撮っているように見えても実はiPhone、なんてのもあります。9月のひとり旅、楽しみですね。同じ場所だと定点観測的に捉えても楽しいですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。