エロイカより愛をこめて

先日、新年会をかねて男4人で飲んだ。
全員40代という面子で、仕事づきあいでもない。
こういう集まりは本当にリラックスできる。
話題も多岐にわたり、そのほとんどはどうでもいいことばかりだ。 まあ「あえて」どうでもいいことばかり話すのだけど。

杯もそれぞれ4つを数えるようになると、だんだん話しが下のほうに降りてくる。 焼酎をおかわりをしながら、うちひとりが神妙な顔つきで言う。

「女性のどの部分がエロいと思う?」

おそらくは洞穴で火を囲んで肉を食べていた時代から、ツィッターでつぶやく昨今におけるまで、古今東西誰彼ともなく、同じ問いが繰り返されているのだろう。人類に突きつけられたエロへの飽くなき問い、しかも「どの部分」。それはまた、子孫繁栄をいまに紡ぐ生命への問いかけなのかもしれないのであった。

男たちは上げた杯をテーブルに落とし、ふと考え込む。
軽はずみな答えは命取りだ。オトナが問われる瞬間である。

「やっぱ、胸っすかねえ」
「実はボク、尻フェチなんすよ」

このような答えはしてはいけないだろうことはわかる。
しかもこの話題がふられる直前、ぼくたちは旧日本軍がなぜ敗れたかの戦略なき戦術について議論をしていたのである。敗因はミッドウェイ攻略ではなくハワイ奇襲にあったと。

酔ったおじさんが集まると、なかなか興味深い。
「戦争の敗因」と「エロス」が同舌で語られるのだ。

これに対するぼくの答えはこうだった。

女性がエロいことを考えた瞬間

ほお〜、と声が上がる。
思い当たるふしがあると、だれかが言う。
以前の記事で「網タイツ」などといってみたものの、ぼくはいまひとつしっくりきていなかったのだ。エロさとはそんな表層的なものではない。
「Tバックは履くんじゃなく、するもの*1
という名言もあるが、やっぱり精神的な部分を欠いていてはエロさに質量が感じられないものである。

たまたまパンツが見えようが胸が見えようが、そんなことは本質ではないのだ。エロいことを脳裏に浮かべた女性のエロさといったら、やはりない。

間を置いて、この議題を持ち込んだ男が言う。

「次の瞬間『やだ、わたしったら!』と恥じると、なおいいよね」

一同、うなづく。
誰かがタバコに火をつける。

おじさんたちは完成された世界観を共有したいのではない。むしろ不完全で答えのない世界に関心がある。「やだ、わたしったら」というシーンが男たちの追憶にあるのかどうかぼくは知る由もないが、少なくともエロさをひきたたせるには貞操観が必要だということを、男たちは知っている。

エロいことを考えた瞬間、女性はエロい。
貴女(あなた)にもしオトしたい男性がいるなら
ころを計り、そのようにしてもらいたい。

けれども「舌なめずり」には注意が必要だ。
多くの場合、その姿はまるで不二家のペコちゃんである。


▲ 初めて描いたペコちゃん、意外と難しいぞ

エロイカより愛をこめて

タイトルがもう、なんのこっちゃ?である。

*1:Tバックは履くんじゃなく、するもの:パンツの両端をつかんで引き上げる様を言う。相撲のワザに近いかもしれない。

10 件のコメント

  • どーもー

    いゃぁ私もオヤジですがなおきんさんのエロさには歳の功とゆうか貫禄を感じます。

    しかし第二次大戦とエロが交錯したテーブルとはやはり成熟した大人の男は違いますなぁ。

    つい先日、職場の女の子とエロについて話したのですが「〇〇ちゃんは男のどこにエロさを感じちゃう?」と聞いたところ「お尻から足にかけて引き締まった人は見ちゃう」とのことでした。また「シャープな肩にグッときちゃう」とのことでした。

    女の子も見てますねー。

    参考にしたいと思いましたよ。

    ちなみに僕はエロ話を口にして皆にへ〇タイ呼ばわりされてしまった過去の持ち主です。

    メジャーな趣味だと思うんですが理解をもらうにはまだ時間がかかりそうです。

    それでは今宵もエロに乾杯!

    失礼いたしました。

  • 同じ事を、お尻から足にかけて引き締まった殿方が申しておりました。
    思い出して、ドキっとしました。
    …あら、わたしったら…

    エロイカへ愛をこめて。

  • …やだ、わたしったら…

    実は学生の頃、呼ばれていたあだ名が
    不二家のペコちゃんでした。(遠い目
    失礼しました。

  • 女性同士の集まりも意外とこんなんかも(少なくとも私の周りはそう)
    共産主義と社会主義の違いは何か。の話題の後に「リアルで付き合ってみたい男性芸能人は誰か」と語ります。(恥
    って、エロいことを考えてる女性の顔ってそんなに分かっちゃうもんなんですかね!?バレてるのかー

  • はははは! お久しぶりのカキコです。マイミク認証ありがとうございます。 私もすっかり忘れておりました。 女性として…または男性と意識しないと性的魅力は無いに等しいですもんね(笑)。 頑張ってください!

  • あははは。久しぶりに笑えるネタとコメントで楽し〜い。
    「やだ、わたしったら」なんて言うひと、いたっけ、と、とりあえず一人ひとりの顔を思い浮かべてみました。。Tバックなんてものも着けてもいないんじゃないかな。みんな、いいオトコにはパンツ脱いで待ってまーす(笑)。

    ところで、タイトルからして今日は「イカ」の話かと思っちゃいました。
    やだ、わたしったら。。。

  • はじめまして。
    初めてコメントさせていただくのに、エロい話題のときって
    いいのかな、なんて思いますが、なおきんさんの答え、すごいです。
    女性がエロいことを考えた瞬間……
    この「瞬間」を見逃さないって、相当な熟練というか、
    場数を踏んでいらっしゃるのですね。
    確かにそうだと思います。
    同席のみなさんが「ほぉ〜」と言われたのもなるほどです。
    わたし、なおきんさんのお父様がおっしゃった、「うなじ」に挙手したいです。
    うなじは、見えていたのが隠れたときも、普段見えていないのに現れたときも、ドッキリしますね。
    いつもアップにしている人が髪をおろしたとき、そして襟足をかきあげるとき。
    この瞬間はエロいと思います。
    女性のヌードを撮っているとき、うなじを意識してしまいます。
    うなじが美しくない人は、私にとってはエロくない人と言っても過言ではありません。

    いやぁ、初めてなのに長々と失礼しました。
    いつもこっそり拝見して、大変勉強になっています。
    これからも楽しみにお邪魔致します。

  • じさん、一番ゲットおめでとうございます!
    ふふふ、エロさにも年の功ってのがあるんですね、ふふふ。それにしても女性ってけっこう男性のいろんな場所をチェックしてるんですね。ぼくなんて平気でエロ話とかしてますが(酒場でですが)、ヘンタイ呼ばわりされるとむしろ誇らしかったりするのは、ヤバい兆候ですね。すみません。
    ——————————-
    もぐさん、やっぱり「引き締まったお尻から足」のいうのはポイントのようですね。男性読者の皆さん、がんばってスクワットとランジは欠かさないようにしましょうね。でも何を想像してドキッとしちゃうんでしょうねー。そこがエロさに必要な要素でございます。ふふ。
    ——————————-
    benicoさん、ああ、不二家のぺこちゃん・・。きっとふくよかなほっぺたとつぶらな瞳で鳴らしていたんでしょうね学生時代。そういえばぼくも学生時代は不二家のポコちゃんにそっくり、といわれたことがあります。というのは冗談です。失礼しました。
    ——————————-
    8-8さん、ああなるほど女性もそんなカンジで話題が左右に振りまくるんですね。ていうか、8-8さんはリアルで付き合ってみたい男性芸能人って誰だったんですか?「エロいことを考えている女性の顔」については、ようやく少しは分かるようになった気がします。ふふふ。コワイですね。
    ——————————-
    たまやんさん、おひさしぶりです。マイミク・・?そういえばミクシィ、今年になって一度もアクセスしたことがない気がします。フェイスブックを使い始めてみたんですが、なんというか露出狂の気分が味わえますね。世界に散らばる友人とコンタクトをするにはいいですが。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、「エロイカ」っていうイカがいたら、ちょっとコワイですね。絡みとか、ものすごいことになりそうです。イカ墨まみれとか、ね。ところでいいオトコの前で、パンツは脱ぐものではなく、脱がされるものです。ふふふ、やだ、ぼくったら。
    ——————————-
    ユーリさん、初コメント、ありがとさまです!
    ビデオ撮影をお仕事にされているごようす。ちょっと羨ましいような気になりました。普段から多くの女性を審美されている方に「場数を踏んでいる」なんていわれると、恥ずかしくて穴があったら入ってしまいたいくらいです。それにしても「うなじ」というのは不思議なものですね。あそこからはなにか、見えない何かが出ているように思います。今日も良い作品を生み出してくださいね。

  • 「欲しい時がエロい(エロく見える)時」が正解ではないでしょうか?女性は「生殺し」を一番嫌います。男女の関係は古今東西のどの時代でも「やるかやられるか」、それをしくじると「ヤル(殺)かヤラレ(殺)るか」になることもあります。お互いに「生かす」ために「やる」ってな建設的で「生きている」それも「イキイキ」するような関係がよろしいようで ...

  • 昔の同僚さん、あ、ほんとだコメ返しスキップしてました。よしよし、さみしかったねー。>「欲しい時がエロい(エロく見える)時」が正解ではないでしょうか?」<ということは昔の同僚さんに限っては「いつも」「どんな状況でも」ということですね。まったくアンリミッテッドな方です。ふふふ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。