定期的継続更新のコツ


▲ フロアの移動は階段で(エレベーターを待つのが嫌なので)

1日24時間のうち、ふだん
自分のために使える時間は9時間程度。
そこから睡眠時間と通勤時間をさし引けば、
食事や入浴などでほぼ使いきってしまいます。

そのうえ「イラ写」。
これがなかなかしんどい。
「イラ写」に必要なタスクはこんなかんじ。

1.ネタを考える(資料にあたる)
2.記事を書く
3.イラストを描く
4.コメントを読む
5.コメント返しをする
6.お便りメールを読む
7.お便りメールに返信する
8.ひとくちコラム更新(毎日)

などがあります。
1〜7を通しで行えば2〜4時間かかり、
週に3〜4本記事をアップすれば最長16時間/週。
そんな時間はどこを探したって見つかりません。

どうするか?
ほかの時間に「イラ写」を重ねます。
通勤など移動時間に、
いただいたコメントやメールを読み
お返事をエバーノートにまとめます。
こんなときiPadは大活躍です。
でも満員電車では入力作業ができないので
朝は6時の電車に乗るなど、空いてる時間を利用。

ネタを考えたり、資料にあたる時間は
風呂カバーを机にして入浴中にやってしまったり
食事をしながらやっています(ブックスタンド大活躍)。
お行儀悪いし、本が濡れたりしちゃうけど。


▲ 「ながら作業」は短く刻んで瞬間集中するのがコツ

でもまあこんな生活をやっていると
なかなか人付き合いが悪くなりますね。
部下の愚痴を聞いてやったり
旧友や新しい人との親交を深めたり
趣味や勉強に使う時間もままなりません。

なので、たまに更新がされなかったり
コメントやメールのお返事が滞っていたら
「きっと今頃は親交を深めてるんだな」
など、お目こぼしいただくとうれしいです。

でも本当は、
居眠りしてるだけかもしんないけど。

..

4 件のコメント

  • なおきんさんはじっとしていることはあるんですか?って聞いてみたいと思っていましたが、やはり一日中チャカチャカと動いていらっしゃるんですね。
    想像通りでした(^^)
    いつもありがたく読ませてもらってますよ。
    イラスト見ても文章読んでも笑いの壷にはまってて、思わずプッとふきだしちゃいます。
    時には大笑いしてます、ガハハハと。
    「変態」もいいと思います♪

  • 今日、会社に来てくれる運送会社の若いドライバーさんと話をしていて、彼が、「イラスト描くのが昔から好きなんです」というので、それはパソコンで描くのかと聞けば、紙に描いているとのこと。そこで、なおきんさんのブログをコンピューターのディスプレイに出して、「だったら、こういうの描けるようになるといいね」と言ったら、「すげー、これ、どうやって描いてるんですか?」と興奮状態。
    確か、昔、なおきんさんがご自身のイラストの描いている手順のようなものをイラ写に書いていたなと思ったので検索しましたが見つからなかったので、「フォトショップ・エレメンツとペンタブレットがあれば描けるんじゃないかなぁ…」と無責任なことを言ってしまったら、「わかりました!じゃ、買います!」とのこと。
    まだ23歳の青年から出てくるエネルギーが、なんだか眩しかったです。

  • risaさん、一番ゲットおめでとさまです!
    たしかにあまりじっとしていることがないかもしんないです。でも、緩めるときにはすごく緩めているのでどうかご心配なく。たまに緩んだままひどい記事を書いてはボツにし、たまにこんなふうにアップしたりします。ボツネタって、寝かしておくと小人さんたちが夜中に出てきて書き換えるのかもしんないですね。
    ——————————
    たいさん、
    なんだか恥ずかしいですが、その若いドライバーさんの参考になったのならうれしいです。ぼくは「フォトショップ」を使ってますが、Wacomのタブレットにはエレメンツが同梱されているバージョンもあるので、お得に始められそうですね。ホント23歳のエネルギーがまぶしいです。
    ——————————
    もぐさん、
    ありがとうございます。ソファでうつらうつら居眠りすると気持ちいいですね。ただし15分まで。それ以上居眠りするとかえって疲れてしまいませんか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。