タンスメ! by モランボン楽団

タンスめ!

タンスになにか恨みでもあんのかな?と思っていたら、なんとこれ、歌の題名であった。それも北朝鮮の。「タンスメ」という曲目。訳せば「一気に」という意味だ。世界中からひんしゅくを買っている人工衛星(ミサイル)打ち上げに成功したことを祝った曲である。なにが「一気に」なんだろう? と、つい物騒な想像をしてしまいそうになる。でもまあ他国にとっては物騒でも、北朝鮮にとっては大偉業。まさに我らが金正恩第一書記マンセー!といった感じなのだ。

演奏は牡丹峰モランボン)楽団というガールズユニットによるもの。黒のボディコン+ミニスカートという、ちょっと意外なルックス。喜び組のイメージも、アラサー指導者によって変わったのかもしれない。

肝心の曲はもう、高揚感たっぷり。宇宙戦艦ヤマトサンダーバードばりである。ドラムス&ベースのビートに電子バイオリン3連にチェロが効いている。バックのスクリーンに映し出されるロケット発射シーンや金正恩の姿。よっぽどうれしかったのだろう。それにしても、あの髪型と二重アゴは何度見てもインパクト絶大である。

「タンスメ」は本来歌詞付きなのだけど、彼女たちの演奏するバージョンは「タンスメ!」をひたすら繰り返し叫ぶのみ。これが聞く者の耳に食らいつく。熱を出して寝ている時などに夢に出てきそうな声である。

注目すべきは集まった聴衆たち。
ダークスーツを着た男性や、ちょっとバブルな衣装の女性たちは、はじめこそおとなしく座って手拍子などしているが、やがて興奮し手を上げ左右に振りはじめ、ついには立ち上がって声を上げる。しまいにはもう、興奮冷めやらず、その場で全員で踊りだしてしまう。北朝鮮といえば、マスゲームに見られるように大勢の人民が一糸乱れぬロボットのような動きをイメージしてしまうものだけど、この動画に見られる聴衆たちは、どの人もめいめい楽しそうである。そんなようすがとても人間臭く、「北朝鮮人とて、やはり人間なのだなあ」という気になってくる。

一度見たら、もう一度再生したくなること必至である。
でも三度目は我慢しよう。
なんとなく洗脳されそうになるから。


▲ これがその「タンスメ」。聴衆に注目

6 件のコメント

  • 恐る恐る再生ボタンをポチ…。
    冒頭から「タンスメ!」の力強いかけ声にウケました(爆)
    しかも、敵国日本のメーカーのサイ◯ントヴァイオリン&チェロを
    使いまくっているあたりも新しい指導者の性格を表しているようで…(苦笑)
    後ろの物騒な画像さえ無ければ、それなりに微笑ましい構図なんですけどね。

  • こういう音楽が聴けるというのはきっと嬉しいことなんでしょうね。
    でも、あくまでも国家礼賛の気持ちを高める為の音楽ですから。
    無意識に働きかけるだけにコワいものがあります。
    途中のロケット発射映像はほんとにもう・・・
    ドカーン!アカーン!って思いましたよ。
    でも、バイオリンのおねえさんは上手だな〜・・・

  • 大先回りなのは私かも? 映像観て自分とこはマシと思えるのは未だ知らないことがてんこ盛りなのかも…?と思った次第デス。 とりあえず、何が遇っても良いようには準備しておきましょう!(笑)

  • こういうのを真面目に演奏してる女性達が気の毒に思えました。
    国家自体が新興宗教の洗脳そのものだから。

    中国とともに恐い国だなー。

  • riesenmausさん、一番ゲットおめでとさまです。
    押してしまいましたね、再生ボタン(笑) 観衆は演奏者に拍手を送っているんじゃなく、実はスクリーンに映し出された指導者だったりミサイルだったりしてます。いずれにしても自力でミサイルを発射し、衛星を回し始めたというのは北朝鮮の国家発揚に大きく役立ったことでしょう。韓国などは同じことをまだ自力でできませんからね。
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    ほんと「ドカーン!、アカーン!」ですよね。おじさんなどは「どの子が一番可愛いかな」なんて思っているはずなのに、ミサイル発射シーンで全員立ち上がるもんだから「こら、女の子が見えなくなったじゃないか」なんて思っているに違いないのに、ね。
    ——————————-
    たまやんさん、
    「北朝鮮の孤立」からくる戦争の危険性が云わり、朝鮮半島に緊張が走ってますね。これも北朝鮮の米国へのラブコールじゃないかと、個人的には思います。先回り予言者、身近にもいっぱいいらっしゃいます。
    ——————————-
    うらっち、
    「猪木ボンバイエー」< まさしく!耳について離れないのはこのせいか、と思ったよ。猪木は力道山が師匠で、その娘が北朝鮮にいたから紹介してもらい会いに行ったといわれるね。でも20回以上行く必要があったのかとも思うけど。
    ——————————-
    はてなさん、
    洗脳と言われれば洗脳ですね。また、生きる糧をそこに見つける他ないのかもしれません。こうしてYouTubeに動画をアップし、無料ゲームをダウンロードさせながら、北朝鮮も対外プロモーションを積極的にやってます。これは逆も然りで、外の情報が北朝鮮にも流れ込んでいるのもまた事実。洗脳というウイルスには、情報の平準化というワクチンが効きます。じわじわと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。