世界の好感度ランキング、日本は?

悪いことばかりやっと教えられていたせいか、あるいはもともと謙遜を尊ぶ国民性からか、ほめられると落ち着かないのが日本人である。また、それをあたりまえのように受け入れてきた育った日本人にとって、被害者である中国や韓国が同じように自国民に教えていてもあまり文句は言えないと思っていたふしがある。

そんなリベラルな人ですら「これはいくらなんでも怒り過ぎじゃないのか」というのが、数年前からとりざたされている彼の国の反日騒動であり、軍事行動である。

これまで「日本人は世界から好感が持たれている」と言われても、「ご冗談でしょう」とそれほど信じなかったフツウの日本人が「あんがいそうなのかもね」と見なおそうとしている。とはいえ、2012年の5月に英国BBCと22カ国が共同実施した調査結果に、いささか面食ったかもしれない。

■世界の好感度ランキング 資料

▲ 青グラフが「良い影響を与えている」で、黄グラフが「悪い影響を与えている」【2012 BBC World Rating】

日本はどうどうの一位。
かといって「ほら見ろオレたちはスゴイんだ」とならないところがまた日本人の、また日本的なところで、どこかの国とはまるで違う。その「どこかの国」こそは、あの手この手で日本のネガティブキャンペーンを世界中でおこなっているのが、なんだかもの悲しい。それから、中国が5位と意外と健闘している。内訳をみるとナイジェリアやケニア、パキスタンなどから肯定的な票が多く、なにより中国人自身がもっとも多い。アフリカへの援助外交や、自国自賛が反映された結果なのかもしれない。

好感度ランキングの要素には「平和であるかどうか」というのも大事な判断材料だ。Global Peace Index (世界平和指数) によれば、日本の平和度は世界第五位。アジア・アフリカ諸国の中では1位である。

■世界平和指数ランキング 資料

▲ 158カ国を対照にした世界平和指数ランキング上位20位【2012 Global Peace Index】

指数には「戦争・内戦の数」「人権尊重レベル」「暴力犯罪の程度、数」「近隣諸国との関係」「軍人の数」「政治的不安定さ」などを総合的に判断したもので、英国のIEP(Institute for Economics and Peace)という国債研究機関が報告しているものだ。

ワーストはソマリア(158位)、アフガニスタンスーダンイラクとつづく。ちなみに米国は88位、中国は89位、韓国は42位とある。人口1億を超える大国であり経済大国、かつ政情不安定な東アジアに位置しながら、5位という日本は相当がんばっていると思う。


▲ 地域別平和度の傾向、濃い緑がより良く、薄い緑がより悪いをあらわしている。日本が含まれるアジア太平洋地域は治安が悪くなっている【2012 IEP】

こういう指標を見ていると「海外旅行なんて危なくて行けない」なんていう人が出てきそうである。

そういえばここ2〜3年、ひとり旅をした先はロシア(153位)、ミャンマー(139位)、アゼルバイジャン(132位)、グルジア(141位)、アルメニア(115位)と、平和ではない国ばっかりである。個人的にはいずれの国も平和だったし、好きな国なのだけど。もしかしたら「日本人との相性」という要素があるかもしれない。近所どうしならではの摩擦もあることだろう。離れていたほうがお互いさまということもある。

ふるさとは遠くにありて思うもの
あこがれもまた、そうかもしれない。

3 件のコメント

  • なおきんさん、いよいよ新年度ですね、きっといい年ですよ!貧乏暇なし自営業者の私は毎月新年度のような気分ですが、
    今日はちょっぴり明るい兆しがみえた一日でした。
    なおきんさんとちびちゃんが幸せでありますように、ずっと
    応援しています!
    そうそう、本題、嬉しいお話ですね、えへへ。

  • 日本人は何故好かれるのか、と言うような題の本を見た事があります。ナオキンさんに解説して頂いてなるほど!と思いました。日本人の性質?特性?の良いところ、世界で評価されていることを日本中でシェアして、日本の自信にしたいなと思いました。
    今日新しくなった東京駅を始めてみました。電車の中も、街中も駅のトイレにもフレッシュマンの姿が。みんなみんな黒のスーツ。これも日本人の特性ですよね。

  • risaさん、一番ゲットおめでとさまです!
    自営業はホント大変ですね。はたからみれば「独立=自由」と捉えがちだけど、「自由な不自由」も内包しており、とても自分の時間なんて取れやしないのが事実。それでも「自分のお店が世界の一角にある」という何ものにも代えがたい誇りがもてるのは、これまた店主でないとわからない醍醐味ですよね。どうかがんばってください。
    ——————————-
    kei3さん、
    「良い評価を貰っている」という自負が、「下手なことはできないな」という緊張につながり、さらに良くなっていくというスパイラルになりますね。「誇り」は常に評価にひもづくものですから。独りよがりな誇りは、本来のプライドではありませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。