男は40過ぎたら自分の顔に責任を持て、は本当か?

男は40過ぎたら自分の顔に責任をもて
などといわれる。若いうちは「まあそんなもんかな」と思っていたけれど、40を過ぎた今では、とてもじゃないけど顔に責任なんか持てないと思う。むしろ、あんまりじゃないかと。もともとこれを言いだしたのはリンカーンだが、「顔で官僚を選別しないでくれ」という側近に「男は40過ぎたら・・・」と答えただけのこと。ただの屁理屈じゃないかという気がしないでもない。

整形などでも変えられる顔に責任の所在を問うより、顔なんて他人から識別されるためにすぎないと割り切り、それより態度や言動、ひいては表情や雰囲気、空気・・そう、「匂い」に責任を取ってもらうってのはどうだろう?

匂いというのは実に深く、広く、そしてパーソナルなものだ。嗅覚だけじゃなく、視覚や聴覚で感じる匂いだってある。「会ってみなけりゃわからない」と言う人がいるのは、匂いがわからないと勘が働かないからだ。太古より匂いは敵か味方かを判断するのための重要なファクターである。

「その男が大人か子供か、匂いでわかります」

とは、とあるベルギー人の女社長のことばである。20年近く前、「日本人はベイビーフェイス(童顔)だから年齢がよくわからないでしょう?」というぼくの問いに答えたのだ。続けて彼女は言う。

「たくさんの人の中にいても、あるいはたったひとりでも、自分がどうふるまうかを知っている。自分が周りからどんなふうに見えているかちゃんとわかってる。それが大人よ。子供はわからないわね。自分のことばっかり。自分に夢中で、放つ匂いも気にしないから」


ブリュッセルの町並み

ぼくたちはブリュッセルの中心、グラン・パレスそばにある小路に面したカフェにつき、遅い昼食をとっていた。彼女の他に2人の男(担当者とその上司)も同じテーブルにいた。おおかたのベルギー人がそうであるように、彼らもまた静かな人たちだ。なんども会ったはずのわりに彼らの記憶はぼんやりしたものだが、一度会っただけの女社長の印象はいまも残る。「無責任な男は子供ね」彼女は社員をたしなめてもいたのかもしれない。

思うのだけれど、自分の匂いというのは本人よりも他人に気づかれれやすいものだ。不快にさせることもあるだろう。たとえ顔の醜さで相手に不快な思いをさせたとしても、本人を責めるのは筋違いという気がする。だけど匂いで不快にさせたなら話は別である。よっぽど生まれつき臭い人はともかく、たいていの匂いは管理できるのだから。

人間40過ぎればいやでも匂いがきつくなる。ストレスや老廃物はますます溜まりやすく、ますます外へ出にくい。新陳代謝が落ち、運動不足になる。身の回りにかける時間だって減る。現状にあぐらをかき、他人の目を気にしなくなる。そのようにしてほうっておくから、匂いはますますきつくなる。

だけど、良い習慣を身につければある程度防げるし、もっと気を使えば、周囲をハッピーにさせるような匂いだって可能かもしれない。これこそ自己管理能力が問われるところである。とくにおじさんは。そこで格言。

男は40過ぎたら自分の匂いに責任をもて
by なおきん

ということで女性のかたへ、
おじさんは顔じゃない、匂いです。

こんにちは、なおきんです。
きょうもイラ写にアクセスしてくれてありがとさまです。堅い記事の合間には、こんなふうにちょっとソフトな記事を挟みます。読んでて疲れちゃうし、こちらはこちらでタフなメールと格闘しなくちゃならないし。さて、匂いといえば、ぼくは海外にひとり旅行に出かけると、ホテルの部屋にチェックインすると、まずシャワーを浴びます。備え付けの石鹸で身体を洗い、備え付けのタオルで拭います。すると自分の身体の匂いが変わります。その国の、その街の匂いへと。旅のコツは自分を景色になじませること。距離がグッと近づきます。

8 件のコメント

  • わかりますー

    清潔感とか身だしなみで
    印象を変えられるのは男性なのかなあと
    思っています。
    女性はどうしてもまず、体型とか顔の造作
    ありき、という風に思われている気がして。

    エチケットとかマナーは大切にしたいです。

  • いい匂いのおじさんは素敵です。

    そして、勝負は『顔より佇まい』でつくもんだと思ってますぜ。
    どうしたって佇まいには出ちゃいますから。品性やら生き方やらが。

  • 話はわかるけど、自分のニオイはわからないですよねー。自分で分かる体臭なんて、考えただけでエグいですよねー。加齢臭ケアくらいは責任持たなきゃですかね。

  • なるほど。匂いですか。
    よく就職支援や学生指導などで「自分をしっかりとアピールしなさい」という指導がありますが、僕はそれに付け加えて「相手が何を欲しているのか、考えなさい」とも言っていました。ベルギーの女性社長が言われていたことと「イコール」かはわかりませんが、僕の気持ちにしっくりきました。
    25年度から大学生の、特に就職活動を行う4年生の、就職支援を行う仕事を行いますが、今回の内容はいつも以上に参考にさせて頂きます。
    ありがとうございました。

  • 匂いですか、、、私は臭わないと言われます。イギリスにいた時、その人の居た形跡が残り香で強烈にハッキリわかる学校の先生がいました(笑)。 ま、向こうの人の体臭は、日本人より結構きついですけどね。 蚊が寄って来ない人もいます(元カレ…)。

  • わんわんわんわんさん、
    一番ゲットおめでとさまです!言われてみれば、そうかもしれませんね。男のほうが印象操作の伸びシロが大きいというか。だらしないカッコばかりしていたオジサンが、突然ビシッと決めてくると「ギャップ萌え」なんてことになりそうですよね。
    ——————————-
    oreoさん、
    ほんとうですね。「たたずまい」というのは即席じゃどうしようもないですから。ぼくも10年後目指して、たたずまいを正していきます。もはや「いい匂いのするお爺さん」を目指して。
    ——————————-
    Alinamin2011さん、
    初コメントありがとさまです。ちょっと不思議なハンドルネームですね。加齢臭は避けがたい現実ですが、生活習慣を正すとだいぶよくなるようです。ぼく自身、10年前に「自分の枕が臭い」ことにショックを受け、改善し、いまはしなくなりましたから。ただ鼻が慣れただけかもしれませんが。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、
    よく「相手の言葉で話せ」といいますよね。コミュニケーションの欠如は、そのまま想像力の欠如なのかもしれません。就職支援活動、すごく有意義な仕事ですね。健闘を願っています。
    ——————————-
    たまやんさん、
    わかります。残像すら臭う人。どこをどう歩いてきたか犬でなくてもわかるくらい強烈な体臭。それにしても「蚊が寄ってこない人」のそばにいると、代わりに刺されそうでコワイですね。ユーカリのような匂いならありがたいですが。

  • もぐさん、うっかりスルーするところでした。すみません!この実験知ってます。知りあいが被験者になりましたから。こうなるともう、どんな匂いの人も相性のいい人が世界の何処かにいるのだなあという気がするし、相性が悪いとどんなことをしても嫌われてしまうのかも、と思ってしまいます。コワイですね、HLA。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。