モロッコの旅 千年都市 フェズについて

image

古都フェズは実に789年、イスラム王朝の首都となった都市。世界最古の大学、モスクはもちろん、いまも使用されている民家が健在する。日本では奈良時代が終わり、まさに平安時代(794)を迎えようとするころであった。

フェズと京都は同じ頃に遷都し、今も栄える千年都市という意味で、古い幼なじみといえるかもしれない。

image

そんなフェズを、だがなんのときめきもなく訪れた。
ローカルバスで5時間以上も揺られ、フェズに着いたとたん雨が降り始めた。メディナの入り口まではタクシーを使ったが、言い値の2倍の料金をふっかけられ、おまけに予約していたリャド(民宿)はオーナーが電気代を払わなかったせいで、利用できなくなっていた。

image

「別のリャドがあるから案内するよ」
若い男に声をかけられたが、行為なのか商売けなのか判別つかない。雨は次第に強くなり、他にあてもなく、仕方なく男の後をついて行くことにした。カスバに入ればそこは迷宮のように曲りくねり、人一人がやっと通れるような狭い路地をボタボタと背負うリュックに鳴らす雨の音を聞きながら無言で歩いた。なんて細い路地なんだ!と思う。そこに荷を背に積んだロバがこちらに向かって歩いてくる。ロバをやり過ごせば今度は馬がやってくる。猫が足元をすり抜け、子供に小銭をねだられる。ジェラバを着た男やスカーフを顔まで巻いた女たち。着ている服を除けば、いまが16世紀と言われても違和感がない気がする。ズボンの裾が濡れて歩きづらかった。コーランが鳴り響いている。

そのリャドは、ひどく奥まったところに入り口があった。
おそらく、地図があってもたどり着けないだろう。GPSは今いる場所を示せずにいた。建物内に窓はなく、明かりはしけた電灯の他には吹き抜けから射す光だけ。すすめられた椅子に座り、あたりをみまわす。本当に同じオーナーの宿なのかを確認するため、予約カードに自分の名があるか確認したあとで、差し出された宿泊カードに署名した。部屋に荷物を置いて、さあどうしたものかと考える。ロビーには自称ガイドのおじさんがぼくを待っていた。

おきまりの、なめし皮工場を見学し、サハラでつけるスカーフを買い、レストランでタジンを食べた。他に書くべきことはない。都市には相性というものがあり、フェズとのそれはあまり良好ではない。自称ガイドとはしばらく言い争ったあと、根負けし、200ディルハム渡して帰ってもらう。大阪に自分の娘がいるという話も、信じ難かった。

image

 

1時間でも早く寝て、朝を迎えたかった。
そういう1日が、旅にはある。

 

今回の移動ルート

4 件のコメント

  • >そういう1日が、旅にはある。
    この一行に、首がもげそうなほど頷く私です。

    30年前のモロッコへの旅路の話、まるで上質な小説のようにその光景が目に浮かびましたが、行き先がモロッコかぁ…と思ってしまいました。ごめんなさい。
    私は20年程前に行っておりまして、景色はいいけど人はイマイチ…という印象をずっと抱いておりました。この日記を読む限り、全然変わってない!と思ってしまいましたが、実際はどうなのでしょう。

    まだモロッコにいらっしゃるのでしょうか。お気をつけて旅を続けてくださいませ。
    続き楽しみにしています。

    • 8-8さん、こんにちは!
      まったくモロッコってやつは!ですね。人は実にいろんな人がいます。あざとい人もいますし、中にはひかえめな好意を示してくれる人もいます。たまたま天気が悪く、機嫌が悪い日も。それに場所。身体のコンティション。いろんな掛け算があって、旅をしているあいだはそれがとてもビビットにでるものです。この日、最悪でした。でもこういう日が旅に深みを与えるのだとも思えてきます。

  • あちゃー、トラブルが続きましたね。イラストのなおきんさんもblueな気持ちに
    染まってしまったのでしょうか。シャウエンでのHappyなblueの名残りであれば
    良いのですが、そうではなさそうですね?
    甘いモロッコのミントティーを頭からバケツ一杯分かぶって
    腰に手をあてて、特大ジョッキ一杯分のそれを一気に景気良く飲み干しても
    苦味の残りそうな模様。まだ苦味が残っているようでしたら、その苦味2分の1だけ
    こちらで勝手にお引き受けしたいところですが、とても苦そうなので、
    やっぱり3分の1にします。ごめんなさい。
    うろ覚えですが、その土地と自分との相性というモノが存在すると思うと、ある作家さんが
    エッセイでそんなことを記していたのを、ちょうど昨年の今頃に読んだ気がします。
    サハラとの相性は、どんな塩梅になるのかとハラハラしております。
    それでは、そろそろお暇します。良く眠れましたか?ぐっすりスヤスヤ眠れますように。

    • 深水の乃理さん、こんにちは!
      モロッコのミントティーの苦味3分の1ぶんだけでも、共有いただいて嬉しく思います。旅のあいだはとてもすやすやと眠れました。食べものもとても美味しかったです。相性というのは、そんなところにあらわれるんでしょうね。非日常の中の日常、旅の日常が刻むリズムはだれにとってもも心地いいものだと思います。そんな旅が健やかに在りますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。