ヌーディストビーチ

ヌーディストビーチを見学

「はだか」を表現する日本語は意外に多い。
ヌード、すっぽんぽん、生まれたままの姿、一糸まとわぬ姿、なんてのがそうだ。 子供の頃は、「はだか」というコトバだけで照れるほどだったけれど、 「好きな女の子のハダカが見たい」 というのは子供もオヤジも、男ならば異常でも何でもない。

ヨーロッパには、いたるところに「ヌーディストビーチ」なる場所がある。 ドイツでは”FKK(エフ・カー・カー)” と呼ばれていて、そこでは老いも若きも男も女も、そろって「すっぽんぽん状態」。 もっともFKKはビーチだけではなくて、河川敷にもあるし、山の中にもある。 おそらくはナチュラリストの集団が「健康にはハダカが一番」をスローガンにあちこちこしらえたのだと思う。

 

ぼくが生まれて初めてFKKにいったのは、ハタチのときだった。  場所はデュッセルドルフ郊外にある「ウンターバッハ・ゼー」と呼ばれる湖。 周囲を森林に囲まれ、キャンプ場や広い公園が偏在する。 季節は6月、一年でもっとも日照時間が長い季節だ。 真っ青な空から降りそそぐ太陽が湖面にまぶしく反射し、頬を撫でる風も心地よい。

そこへぼくを連れてきてくれたドイツ人達(若い男女)は、一秒でも長く陽光にさらしたいようすでさっさと服を脱ぎ始める。 最初だけにぼくはさすがに照れちゃうんだけど、眼前に広がる(転がる?)肉体のあれこれに、やがて「服を着ている方がむしろ恥ずかしい」気分にすらなってくる。 人間ってつくづく環境に順応しやすい動物なんだなあ、と思う。
あたりの光景はなんだか「人類のあけぼの」を思わせるし、健康的な「アウシュビッツ収容所」のようにも見えた。

■ 乗馬するのも素っ裸

気分はもう、ギャートルズですね。

「日本人だって公衆浴場では、男も女も一緒にハダカじゃないか?」
と不意に言われ、それは江戸時代の話だろう? と反論する間もなく、ぼくも最後の一枚をずりおろす。 ぷら〜んと太陽の下にさらされる陰部。 でも、直射日光を浴びているそれはもう、陰部とは呼べないような気がする。
近くでソーセージを焼く香ばしい匂いが、タンポポの種と一緒に漂っている。 それがまた、微妙なリアル感があった。 (あちちち・・・)。 ここでさらに鮑なんて焼いていたら、それこそそろって共食いの様相だ (いててて・・・)。

■ 冬山登るも素っ裸

「ホラ見てごらん、朝日が昇っていくよ」
「寒いっちゅーのっ!」

そんなわけで、もともと日射量の少ないドイツや北ヨーロッパの住民は、こんなふうに太陽のもとにハダカをさらす。 それはもう「日光浴」というよりは、「充電」といった感じだ。 中には家族親戚がそろってサンドイッチ持参でやってくる、という姿も見られる。 そこには羞恥心もなければ照れもない。 一家そろって露出狂というわけでも(たぶん)、ない。

■ 自転車乗るのも素っ裸

家族そろってのどかな光景です。 サドルがひんやりと・・・
以上の写真は、こちらからいただきました。↓
写真提供:「FKKオンライン(ドイツ語)」ノーカット版が見たい人はここで。

「ムラムラッと欲情することはないんだろうか?」
と、ナスティなあなたは思うかもしれない。 もちろんぼくも現場に立ち会うまではそう思っていた。 なんとなく60年代のフラワームーブメントのようなものを想像したりもした。 フリードラッグ、フリーセックスのそれだ。
幸か不幸かそれは、ない。 もちろんトドやアザラシのような裸体よりは、キレイな若い女性のハダカのほうが目の保養にはなるけれど、かといって「カラダが反応」することはなかった。
結局、そういうメカニズムなのだろう。
どんなにセクシーダイナマイトな女性でも、どどーんとぼくの目の前に「生まれたままの姿」で登場されるよりは、少し恥じらいながら脱いだりしてくれたほうが「その気」になるし、多少の抵抗(あくまでも多少です!笑)があったほうが、なんとなくうれしい。 パンツだってオッパイだって、見せられるよりは偶然見えちゃった時の方が、なんというか「お得感」がある。 「達成感」すらある。 「ハダカであることが前提」のヌーディストビーチでは、太陽の光のせいもあってか、男はオオカミにも悪魔にもなれないのだ。

以来、ぼくは何度かFKKに行ったし、ローマ風呂(男女混浴)やスキー場やジムに併設されているサウナ(これも男女混浴が多い)にもことあるごとに利用した。

人前でハダカになることに抵抗がないのは、もしかすると「ハダカを着る」という感覚なのかもしれない。 「脱ぐのに着る」のは矛盾した言い方だけど、場所が場所ならハダカもりっぱなユニフォームということなのだろう。

 

とにかくあらゆる公衆すっぽんぽん体験を通じ、ぼくは民族を代表して自信すら持つことになった。 日本人のアレやソレはドイツ人やその他の白人に比べて、それほど見劣りはしないんです。

 

でも、明らかに見劣りするのは「ヒップ」ですね。
てなわけで日本の皆さん、これからは「尻」を鍛えましょう!

 

19 件のコメント

  • そういえば、香港旅行にくるヨーロッパ人(多分)、香港がどれだけあったかいとこか、どんだけ日射時間の多いとこと思ってるのか、みんないつでも思いっきりタンクトップとかランニングじゃない?
    あれも、日照量や日照時間の少ない国から来た人たちなんだろうな・・・っていつも思う。

    アタシはお尻のちっちゃい女性が好き!
    たまに四角い人いるんだよ・・・
    男性もちっちゃい人が好き。
    ピッチャーなのに、スタイルに拘っていつまでもお尻がちっちゃかった定岡がステキだった・・・
    (浅野ゆう子と付き合ってたの知ってる?←関係ない)

  • ハダカはいいにしても、自転車や馬のサドルが共用だとやだな。
    みんな自分用のを持参するのだろうか?

  • FKKなるものは以前にどこかで拝見したことはありましたが、
    今まで、どこか海外メディアのエイプリルフール用の企画か
    特別な趣向の方々かと勝手に思っていました。
    私には無理だわ、、、と思ったら、
    スポーツクラブのサウナはまさにFKKでした。
    ここはスッポンポンでも平気。
    むしろ隠してる方が違和感があります。
    私、意外とイケるかもしれません、FKK。

  • ルノアール描く裸婦のようですね、写真の女性。やや太め。私、意外とイケるかもしれません、FKK。だって、太め!う?ヒップ?あっ。、それ忘れてた。こそこそ・・・

  • ふあーーーーー(゜□゜)☆☆コレがヌーディストビーチ!!
    ホンマやっ☆ゼーンゼンHぢゃない(謎爆☆)ムラッとせぇへん☆
    ふっしぎやわあーー!!ニホンじゃあり得ない光景なだけに☆
    世界は広いのねーーフシギねーー!!!ニホンって小さな一国なのねえー…
    (あまりの大胆フォトに、オタケビだけのコメントになってモタわー♪)

  • イラストのプリッのヒップが妙にかわいくて
    大うけ、大笑い。
    今日のストレスが発散されました。
    ネ-ディストビ-チ、たれ○○でもいいみたいでおばさん安心!昔はボインだったのにねと見栄をはってみるのでした。

  • FKKというのが一般的な場所は、日照時間の短い緯度の高い国なんでしょうね。
    だって白人が日本の温泉に入れないという話は結構聞きますもんね。
    私は太っているからこんな恥ずかしいことできへんな〜

    香港のジムのサウナでも、すっぽんぽんで平気な香港人たちが少なからずいました。青やら緑、そして白いいフェイスパックして後はすっぽんぽん ちょっと怖い光景です。

    ところで自転車のサドルはきちんと殺菌されてるのかな?
    馬の背中も…
    めちゃくちゃ気になりました。

  •  ぎゃははー、この写真なおきんさんの秘蔵写真かと思っちゃった(爆笑)サイトからなのね、てっきり「おもひでの写真」なのかと。

  • なおきんさん、お疲れ様です。
    偶然、わたしは数週間前から、ヒップアップを目指し、
    毎日尻上げ運動を始めました。効果は・・・自己満です。
    わたしもスポーツクラブのお風呂や、スーパー銭湯では、
    全然平気ですが、婦女子のハダカチェックはすっごくします。
    自分の事棚上げでチェックしまくりです。

  • お昼です!が、ちょ、ちょっと会社では開きづらいでございます。純情中年リーマンですから。
    >それほど見劣りはしないんです。
    よっしゃ!これで我が戦艦大和の波動砲は、世界で戦える!(ナンの戦いじゃ?)
    >これからは「尻」を鍛えましょう!
    シリには自信有り、です。何度かホられた、じゃなくて褒められたことありますよ!
    でも反重力装置がこわれるまえに、フルヌード撮っておきたいなー。

  • アタマくんも意外にヌーディストに興味津々。
    ふふ、いつもお堅い顔しちゃって、好きなんじゃん!!

  • 私物写真かと思ったらそーじゃないんですね(笑)
    こう、みんな揃ってスッポンポンだと、もうイヤラシイ感じ全然ないですねー。
    「毛のない哺乳類」ってかんじですね(笑)
    毛がないだけに、ちょっと寒そうだけど…。
    こういうとこって、女性率高かったりしますか?
    いや、混浴の温泉で、女性が入っていくとお風呂からあがっちゃう男性、けっこう多い気がしたんで…
    単に日本人にシャイガイさんが多いだけか、それとも温泉はまた別なのか…ううむ

  • tomomiちゃん、前回に引き続き一番ゲットおめでとさま! ありがたいことです。
    さて、日光に対するヨーロッパ人(南欧を除く)の執念はすさまじいものがあるね。 もう、宗教じみてすらいる。 おかげで晩年シミに悩む男女は後を絶たないし、かつ皮膚癌のおそれもあるんだけどね。 「お尻の小さな女の子」といえば「キューティーハニーの主題歌」。 子供ながらに「ちいさくねえよっ」とツッコんでたもんです。 「四角い尻」は座りすぎに原因があるそうな。 デスクワークの多い方は気をつけましょうね。角質もたまるそうな・・。
    ———
    かとーちゃん、わははははっ!
    > 自転車や馬のサドルが共用だとやだな < まさしくっ! 性病とかも感染しそうだし。 「トイレ行ってちゃんと拭かないヤツ」が使ったサドルもいや〜ん! 
    ———
    IRMAさん、FKK。「特別な趣向の方々」といってしまえば、まあその通りなんだけどね。 なにもすべてのドイツ人が利用しているワケじゃなさそうだし。 でもお互い日本人同士だと、ちょっと照れますね。 一度だけ日本人とおぼしき女性と遭遇し、とたんにものすごい勢いでタオルで大事な部分を隠されてました。
    ———
    Dorothyさん、中性からルネッサンス期にかけては、「太った女性」は大人気だったようで。 思えば日本の平安時代もそうですよね。 こんなふうに、美人の定義は時代と地域によって、差があるんですね。 以前の記事にも書いたけど、「日本女性はタレケツ」という定説を覆したいところです。 Dorothyさん、ぜひステキなヒップめざしてビルドアップを!
    ———-
    はづきさん、でしょ? 大胆フォトのわりに、ぜんぜんムラッとしないですよね? かつて日本ではストーリーキングなんてのが流行ったことがあったけど、FKKのそれとは趣向がちがいますからね。 日本人だって、そこに行けばすっぽんぽんになれちゃうから、要は国民性ではなく環境なんでしょうね。
    ———-
    みちよさん、「ぷりケツ」はなぜかピンクのレオタードがよく似合います。 タレ乳&ケツ、さらに下腹部ボインについてはぜんぜんお構いなしでさらけ出してました。 「あっちが平気ならこっちも平気」的に、安堵の輪が広がっていきます。 でも、「ボイン復活」願います。
    ———–
    旺角さん、なるほど! 「ニーハオトイレ」(笑)
    着替えるときにはこそこそするのに、便器にまたがる姿は見られても平気、っていう感覚に驚きますね中国人。 けっきょく、「みんながそうならこわくない」ってことなんでしょうね。
    ———-
    Junpeiさん、>「青やら緑、そして白いいフェイスパックして後はすっぽんぽん ちょっと怖い光景です」< ホントまじコワイ! 日本人は温泉に、ヨーロッパ人は日光浴にと、「ハダカ天国 = 健康」という点で一致しますね。 あと、「温泉スリッパで水虫をもらう可能性」と、「FKK自転車サドルでケジラミをもらう可能性」、リスクの点でも似てますね。(笑)
    ———–
    ぶちゃん、だれが「秘蔵写真」やねん!(笑)
    こんな写真、「おもひでフォルダー」とかに保存してたらちょっとコワイね。 ちなみにヌーディストビーチは写真撮影は禁止されてるからご注意ね。 FKK域内でカメラを取り出したぼくの友人が、猛攻撃にあってたから・・・。
    ————
    ユッキーさん、「ヒップアップ運動」ご苦労様です。 「自己満」というのもなんなので、「運動前」と「運動後」、それぞれの写真をメールに添付して送ってください。 「イラ写スタッフ(ぼくだけだけど・・)」が総力をあげて厳密に審査しますので(笑) 婦女子のハダカチェック、ぼくもしてみたい・・・(エロオヤジ)
    ————-
    JOさん、会社だからといってためらってはダメです。 ハダカ鑑賞を「イヤらしい」と思う者がイヤらしいのです(笑)。 
    >「何度かホられた、じゃなくて褒められたことありますよ!」< こんど、「波動砲」の試し打ちさせてもらってよろしくて? おほほほ・・。
    ———
    tomomiちゃん、Welcome to back!
    よくぞ、よくぞ着眼してくれたねアタマくん! あの恍惚とした口の形を表現するのに何度消しゴムをつかったことか・・・。 さすがはアタマくんファンのtomomiちゃんだ。 ちづきちちゃんはどう思うだろう?
    ——–
    ゴハチさん、>「私物写真かと思ったらそーじゃないんですね」 < はい、「私物写真」のほうはこんなものじゃないです(冗)。 ぼくも混浴フロで女性が入ってくると、こそこそ逃げるタイプです。 なんかこう、目のやり場に困っちゃうので・・。 FKKは圧倒的に40代以上のおばさんが多いですね。 ビーチでねてるとき、すぐ頭の上をすっぽんぽんで歩かれるのは、正直辛かったですね。 さすがにあの角度はちょっと・・・。

  • アタマくんご機嫌さんだよね。
    アタシは人前ですっぽんぽんにはなれない!絶対嫌なんだよ(T-T)お風呂の時もタオルで隠すし、すっぽんぽんになれるのは、彼ぴの前だけだねー(^_^;)それ以外では無理。

  • 僕は毎朝全裸で外で一服してます。
    とても解放感に酔いしれながら楽しんでいます!裸で暮らしたいんですよ〜

  • ちづきちちゃん、コメント返し、2年以上待たせてました!ごめんね。彼の前だけのスッポンポンだけでなく、ラゾクの開放感を味わいましょう(笑)
    ——————————-
    つるちゃんさん、初コメント、ありがとさま。
    そうですか、全裸で一服ですかー。さわやかですね。心もカラダも包み隠さず、ってとこですね。 でも公然わいせつ罪にならない程度に楽しみましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。