しぐさがバラす心のウソ

デビューしたてのロックミュージシャン。
彼らが身につけているアクセサリーやメイクのどぎつさが、年期とともにだんだんと減っていき、やがてベーシックかつシンプルな装いになっていく様は、おなじみのとおりである。

過剰なまでに自分を飾りたい理由は、見栄であったり、威嚇であったり、気負いであったりするのだろう。 つまるところ「自信のなさ」の裏返しでもある。 身につけるアクセサリーは、多ければ多いほど不安や不満を抱えるものなのかもしれない。 女性の指にどう見ても多すぎる指輪を見つめながら、その美しさよりもぼくは「この女性を不安にさせている何か」のほうが気になってしまう。

「このブランドはわたしにこそふさわしい」
そういい聞かせながらも、ある種の虚しさにはとうに気付いているはずだ。 幾多の女性が結婚をきっかけに自分を過剰に飾らなくなるのは、他に自分を守るものが見つかったからという理由もあるのだろう。 だからおなじ理由で、夫婦仲が悪くなると再び自分を飾りはじめたりもする。

まだぼくが高校生だった頃、やたらと女子にモテる友人がいて、「女の子が髪をさわるのは頭を撫でてもらいたいからだ」などと豪語していたことを思い出す。 今なお「なるほどなあ」と思う。 別に確かめたわけじゃないけれど。

「ひとのしぐさ」というのは、なかなか興味深い。
口にせずとも心の中の出来事は、外に向けて語りたがるものだ。
カフェやバーにひとりでいると、つい人間ウォッチングをはじめてしまう。 思うのだけど、年齢にかかわらず男女のカップルは面白い。 本に目を落としていても、つい様子をうかがってしまう。 会話の内容はともかく、気になるのはそのしぐさ、とくに手の動き。
人の心理はたとえ顔でごまかせても、手でバレる。
嘘をつくとき、指はたいてい顔のどこかにあるし、手のひらの向きは、心の開閉にそのままつながっている。

どちらかの、あるいは両人の手の動きや置くポジションをみて、「このカップルはもう長くはないな」と感じることもあるし、当人たちは気付かないだけでとっくに恋に落ちている場面に遭遇することもある。

■ カフェでは相手のコーヒーカップの場所に注目

△ 心のできごとは、たとえ顔でごまかしてもしぐさがそれをばらしちゃうのだ

「もう少し相手を思いやればいいのに」と感じることもあるけれど、それは端からだからこそ気づくのだろう。 おそらくぼくが当人ならば、きっと同じような地雷を踏むだろうから。
そうやって多くの他人のやり取りをぼんやり眺めながら、華やかに着飾るあの女性が実は不安を抱え込んでいたり、寛容を装いながらも相手への焦燥感をつのらせている30代半ばの男性に、つくづく人間の弱さを感じずにはいられない。

ぼくが惹き付けられるのはそんな「弱さ」である。
他人の持つ「弱さ」を責めるのはカンタンだ。 事実、世間は人の弱さを叩く。
でも、人の弱いところを見るとそこに愛しさすら覚えることがぼくにはある。 むしろ人の暖かみは、欠点や、足りない部分にこそ感じてしまう。

弱いところにはスポットライトは当たりにくく、また当てても欲しくないだろう。 だけど人間というものは、そんな弱さを隠そうとして余計に不安になったり、不機嫌になったり、まわりに不寛容になっていないだろうか。

「しぐさ」を通じて人間は、そのようにして心がついてしまったウソを浄化する。

それを眺めるぼくもまた、心が浄化される思いがするのだ。

好きな人から「見つめられた」といって自分に気があると喜んじゃダメ! ポイントは口元、同時にそこが緩んでいたらあるいは見込みがあるかもしんない、ってことでガンバッテ!

人気ブログランキングへ←今日も最後まで読んでくれてありがとう!よろしければ応援クリックもお願いします!

8 件のコメント

  • 最近、なおきんさんに辿り着き、楽しく読ませてもらっています。
    誰にも言ったことはないのですが、私はスーパーでレジ待ちする時、周りに並んでいる人のカゴの中身からその人の生活を想像するのが趣味です
    どう見ても専業主婦がお惣菜とペットボトル入りのお茶をどっさり買ってるのを見て、なんで??とかまだ若いのにしっかりした生活している感じだと感心したり。。今日はすきやきかーー?とか。結構毎回やります

  • ごぶさたしてます!
    いつも読み逃げだったけど、今回は自分のコトを言われてるみたいで、思わずコメです;)
    最近、すっぴんです。まさか自分の人生にこんな日が来るとは・・・。って感じですが。
    なんだか、毎日がとても楽しいんです。
    人の弱さを愛しく思える、なおきんさん。
    相変わらず、素敵ですね。

  • Naokinさんが惹きつけられた昔の同僚です。お互いに弱さ
    や欠点が目立ちますが、ホットなハートの持ち主ですよ
    ね。それだけで十分でしょう。私もNaokinさんが、「好
    き」。でも、友達としてね。

  • ベーシックでシンプルな装いになったのは、自分達本来のスタイルを通せる程の実績を残せたから?

    カフェでの人間観察。
    ついつい惹かれてしまう存在が必ずいるんですよね。
    耳も自然とダンボになってたり…

    よく「またfaithiaがこうやって(腕を組んで)冷めた目で…」と言われる私は心を閉ざしてるんだ。

  • こんにちは、なおきんです。
    今回の記事にでてくる「心のウソ」というのはぼくの造語で、「無意識についてしまっている嘘」のことです。「自分についている嘘」というふうに解釈してもらってもいいです。 どちらにしても普通に言われる「嘘」とは違います。
    ——————————-
    じゅん爺さん、一番ゲットおめでとさまです!
    中川さんの死は本当に残念です。はめられなければあんなことにはならなかったのに、と悔やまれます。将来は日本の首相になってもおかしくはなかった逸材だったと、個人的には思います。
    ——————————-
    ぺぺさん、初コメントありがとさまです。「買い物カゴウォッチャー」でいらっしゃいますね。ドキドキでございます。たまの日曜日にスーパー行くときはその夜食べる物しか買わないので、明らかに「何を作るか」がバレてしまうのがぼくです。まあ、たいていはカレーですけど。
    ——————————-
    英月さん、ひさしぶりです! すっぴんの毎日とのこと。きっと素敵なパートナーと暮らされてるんでしょうか。楽しそうな毎日、ほんとよかったですね。毎日を楽んでいる人は独特の眩しさがあるもんです。キラキラ。
    ——————————-
    昔の同僚さん、別に惹きつけられたことはないけど、ひきつけを起こしそうになったことはあります。好きでいただいてありがたいですけど、ハグは無しでお願いしますね。身体がいくつあっても足らないし、いくつあったとしてもイヤです(笑)
    ——————————-
    faithiaさん、ミュージシャンは売れることで十分承認欲求が満たされるから、不必要な装飾は必要なくなるということでしょうか。 さて、周囲の会話に耳ダンボ、ありますよね。 あと「この二人はどういう関係なんだろう?」といろいろ想像してみるのが楽しいです。あと腕組みはほどほどにね。

  • 言霊があるので、あんまり言っちゃいけないと思うんですが・・・。
    “永遠のシングル”でございます。笑
    最近、「生きてるだけで幸せ〜」って思っちゃうんですよねぇ。
    もちろん、絶賛!売り出し中に変わりはありませんが。笑

  • 英月さん、「永遠のシングル」というのを口癖にしちゃうと自分で暗示にかけちゃうこともあるかもしれませんね、気をつけましょう(笑) だいじょうぶ、ちゃんと運命の出会いはあります。「すてきな人をねらい待ち」ではないく「出会った人をステキに変える」という意志です。がんばりましょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。