チェルノブイリ(その1)

f:id:naokin_tokyo:20130710224749j:image

 

1986年4月26日、ぼくはベラルーシからポーランド南部にいた。
アウシュビッツ収容所を見たあとで、カトヴィツェという街で安宿にありついたところだった。その日の未明にチェルノブイリ原発第四号基で大爆発があったのを知ったのは5月のはじめにドイツに戻ったあとで、事故現場はすぐ近くのウクライナ(当時はソビエト連邦の一共和国)だったと聞かされた。知る由もない。それまで汚染されていたかもしれない食事をし、たっぷり雨にうたれていた。

 

f:id:naokin_tokyo:20130710225746p:image
チェルノブイリから発生した放射線の影響

放射能に汚染されているからと人々はしばらくミルクを飲まず、ほうれん草などは市場から消えた。ドイツ人は放射能に対し過敏なほど神経質だった。「おまえは広島で生まれただけでなく、今度はポーランド被曝するなんて」と同情する友人もいた。大きなお世話だった。風評被害もひどく、「奇形児が生まれるから」と、世界中で10万人もの赤ちゃんが堕胎された。

2011年に福島第一原発事故が起こってから、遡ること25年前のチェルノブイリの事故がどうだったか世界中の人々が想いを巡らした。 両者を比べてみる。

大気圏への放出放射能

深刻な放射能汚染地域

避難者数

事故後の作業による死亡者

チェルノブイリ被曝によって今後発生する死亡者は、ガン死を含めて4000人といわれる。当時、3万人が死ぬとも40万人が死ぬとも言われたが、27年たった今でも特定が難しい。いっぽう、原発再稼働の是非をめぐって百家争鳴の日本。だがチェルノブイリでは半年後、ためらいなく1号基から3号基までを再稼働、2000年に任期を終え停止させるまでウクライナ全土に電気を送り続けていた。半年止めたのは事故基を石棺で覆っていたからだ。

f:id:naokin_tokyo:20130710224936j:image
▲ 事故直後で火災炎上中のチェルノブイリ原発第四号基

チェルノブイリに行こう。
そう心に決め、旅先をウクライナにした。27年経た今でも30km圏内に住民を近づけさせないでおきながら、いっぽうで原発を稼働し続けたウクライナの事情や世論はどうなのか。遺棄された町や村はどうなってしまったのか、放射線量はどの程度なのか、自分の目で確かめ、考えてみたいと思った。あるいは、被爆者であることを両親のどちらかが知れば、産んでもらえなかった自分の出生への執着かもしれない。原発事故は健康被害よりも風評被害のほうが甚大ということをそんな事情から知り、福島第一原発事故以来の日本でいやというほど学ばされたから。

 

f:id:naokin_tokyo:20130707191753j:image
チェルノブイリ原発訪問ツアーでガイドが身に着けていたガイガーカウンター

 

つづく

おまけ


反核反原発はロッカーたちの格好のテーマになりました。RCサクセションMute Beat、そしてザ・ブルーハーツはずばり『チェルノブイリ』を発表。ぼくたちのバンドもカバーしたものです。




5 件のコメント

  • なおきんさん、お元気で旅続けてますか?
    考えることが、山積みです。
    最近、時間に余裕がありません。読み逃げばかりでごめんなさい。取り急ぎ、一言書かせていただきました。
    気を付けて、良い旅を!

  • まさか、チェルノブイリに行こうとは。なおきんちゃん、勇気ありすぎです。私なんて、日々自分と、自分の回りの人のことしか考えてないのに。ミクロなことしか考えてないなあと反省。旅の時間は限られているけど、いっぱい見聞してきて、記事にしてください。いまだに(開設当時から)、ちゃんとほぼ毎回読んでますから。

  • カトヴィツェの名が出てきて驚きました。Exの出身地で、日本人など見ることも無い街でしたので。
    チェルノブイリの事故の時は小学生でしたが鮮明に覚えています。ドイツの語学学校で一緒だった子は事故現場の側の出身で、妹さんには奇形児が生まれたため、自分が妊娠した時にとても心配していました(無事に五体満足な赤ちゃんが生まれましたが)。放射能の問題は、女性にとってはとくに脅威です。
    なおきんさんのチェルノブイリ報告は、とても興味深く読ませて頂きました。

  • さえぴーさん、一番ゲットおめでとさまです!
    考えることが山積みとのこと、たいへんそうですが、どうか心のケアもお忘れなく。読み逃げ、もちろんOKです。書き留めたいことがあればぜひ。
    ——————————-
    さっちーちゃん
    チェルノブイリへは東日本大震災が起こった直後から、いつか見てこようと心に決めてました。だって福島の未来、ひいては人類と原発の関わりを示唆してくれる場所だからね。それから旅日記としても楽しめるよう、写真もいっぱい載せました。
    ——————————-
    riesenmausさん、
    まさかカトヴィツェに反応いただけるとは、さすが!何の変哲もない場所で泊まったユースホステルで、ほかの泊まり客とウォッカ飲んで大騒ぎしたことくらいしか覚えてません。奇形と放射線との関係性はなかなか証明が難しいものです。ヒロシマ、ナガサキでは偽物がたくさん出まわって、風評被害が被爆者差別につながっていきましたからね。

  • 使いやすさの良い人生は、あなたの一日のインスピレーションを記録します。
    そうでない場合はコンピュータを残す。
    夏の暑さ、沖縄旅行レーンがオープンしました。
    我々は店舗の双方向共同開発や観光会社を見るウブロ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。