本人確認サバイバル

海外で暮らしていたとき、不自由を強いられた身元の証明。
それを証明するのは唯一パスポートということになるが、
地元の人達はIDカードで事足りた。IDとサインだけ。
やっぱり自国民はいいな、とうらやましかった。ぼくはドイツの永住権を持つ身だが、国籍は日本だからドイツのIDは持たせてもらえない。

ついでにいえば日本のIDもない。

ぼくだけじゃない、あなたにもないはずだ。
日本は国民ID取得が義務化されていないからだ。

あなたが間違いなくあなたであると身元を証明するものとしては、
健康保険証、パスポート、免許証、住基カードなどがあるが、
国民全員がもれなく持っている共通のものはひとつもない。
つまりこの国には、ぼくやあなたが「実在する国民」として、
国民の身分証明証がないということになる。

こんな国は、世界でもちょっとない。
少なくとも他の先進国ではひとつもない。

チャンスはあった。他国に遅れること2000年。
森首相時代の「e-Japan戦略」計画のときだ。
同じ頃、エストニアや多くの国もこれを目指した。
今では行政サービスや医療サービスはすべてIDと電子で行われる。
処方された薬や病歴も記録され、保護されている。投票もできる。
さすがはスカイプ発祥の国だ。だが日本も負けてない(はずだ)。

2001年から5年にかけて、IT国家を目指す戦略マイルストーン
予算もたっぷり10兆円つかったという。だが
当時ぼくは、日本にいなかったからかもしれないけど
それで日本がどうIT化したのか、便利になったのかしらない。
途中で住基ネットが問題になり、これに対し朝日や毎日がものすごいネガティブキャンペーンを仕掛けたあげく、ITのことを「イット」と読んだ愉快な首相がいたことくらいしか記憶にない。

ともかく日本でもあらゆる行政サービスや登録申請作業が、
香港のようにネットで行えるようになるものだと思っていた。
そうなったとも聞いた。さすがIT先進国ニッポン。

だが日本に帰ってみるとそんなものはなく、
かろうじて住基ネットの申込用紙を役所で見かけたくらいだった。
運転免許証を切らしていたこともあって、
銀行口座を開設するも、ツタヤでDVDをレンタルするにも
パスポートを提示しなくちゃならなかった。
これじゃ海外にいた時と変わんないな、と思った。

国民IDがいまだにないことで、日本はずいぶん住みにくい。
先の東日本大震災でも、被災者の本人確認がしにくかったり、
公平に支援が行き届かなかったケースも見られた。
こづかいはたいた義援金がどうなったかなんて、知りようもない。

極めつけは30年前に死亡しているのに
戸籍上では「生きている」ことになっていた人がいる。
記録によるとその間、年金は受け取られていたというから怖い。
幽霊の仕業かと思ったら、その人の親族だったというオチがつく
ある意味こっちのほうがコワイが。

年金も消えた。
基礎年金番号がない人もいれば、二重に持つひともでてきた。
本人照合の甘さをつかれ、死人に払い、生人に払わないケースも。
あわてて照合処理してみたら、作業費だけで1344億円かかった。
苦肉の策が「ねんきん定期便」。思えば奇妙な定期便である。
おかげで、これだけで毎年まいとし数百億円かかる。

「監視社会になる!」だの「戦前に逆戻りする!」などと訴え、
国民IDを付与することに大反対するマスコミの真意こそ測りかねるが、その甲斐あって得をする人達が少なくても3種類は、いる。

ひとつめ、納税をごまかしている人
ふたつめ、不法滞在者、またはスパイ。なりすまし
みっつめ、効率の悪さを逆利用してクビにならない役人

またマスコミは世論を使って
個人情報が漏えいしたらどうする!とお題目のように唱えもする。
家に鍵すらかけない田舎の老婆が「個人情報が心配」などという。
たしかに漏れれば大変だとは思うが、対策ならいくつもある。
だのに「万が一漏れたら誰が責任を取るんだ」の前に、沈黙する。

そうやって逡巡している間にも
悪がはびこり、善人の血税は無駄な予算につかわれる。
いちいち役所に足を運ばされ、たっぷりたらい回しの刑を受ける。

マスコミには日本人になりすましている人達がいるんじゃないか
とつくづく思うが、ほんとうかもしれない。

どの新聞もTPP参加には賛成するが、国民ID付与には反対する。

気がつけば「e-Japan戦略」は、「i-Japan戦略」となった。
日本でiPhoneが発売された翌年の、2009年のことだ。
なにがすごいって「イー」 を「アイ」にすり替えただけである。
iPhoneiPadにあやかりたかったのだろうか。

こんどこそは!と、とても期待しているのだけど。

5 件のコメント

  • いちっばぁ〜ん!!
    なおきんさんの気持ちめっちゃわかります!!海外に生活したことある人なら誰でも納得しちゃいます。ホントに不思議です。諸外国の人たちはID不携帯で罰則があるくらいなのに。。。高いお金を払って免許証を取得しました(笑)せめてこれに英語表記があればパスポート持ち歩かなくてもいぃのになぁ〜。

  • 個人情報が云々と言い出してから、ろくなことないです。
    『差別』と『区別』の区別も分からず、やみくもに『no!差別』という人達がいるのと同じくらいイライラ。
    マスコミにも、今の政府にも、多くのなりすましがいる事を確信して久しいですね。一体誰の為に声張ってるんだか(苦笑)。

  • 個人情報に直結する仕事をしています。
    全く笑っちゃうしかないような非効率が増えました。
    だぁれも得していません。
    お客様には却ってご不便をおかけし、不愉快な思いをさせてしまうこともままあります。
     
    誰のための保護なのか。
     
    にもかかわらず、組織的な情報漏えいが後を絶たないというお粗末なオマケまでついてます。
     
    ちゃっちぃ国です。お役所大国ニッポン。

  • あ"""""
    帰国直後の苦労を思い出しましたΣ(-∀-;)
    免許の住所変更の為に住民票が必要なのに
    住民票を取るには免許証を出せと言う(笑)
    なんじゃぃそりゃ?!
    だぁかぁらぁぁぁぁ〜!!って
    やり取りを何度もした覚えがあります・・・。
    なんせパスポートには
    住所まで書かれていませんので
    一度住民票を抜くと結構面倒な事になるんですねw
    海外ではドライバーズライセンスで大概はどうにかなったんですが、
    ストリップ劇場とカジノだけはパスポート提示を
    するように言われた記憶が・・・(笑)
    水曜は女性のみ入場無料って聞いたら
    そりゃーストリップ見たくもなりますゎぃwww

  • siusiumaoさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    ドイツに住んでいた頃、IDを持っていなかった男がパトカーで連行されていくのを見たことがあります。そのときぼくもパスポート不携帯だったのでドキドキしたのを思い出しました。日本はスパイ天国っていわれるけど、たしかに天国だろうなあと。コワイですね。
    ——————————-
    oreoさん、
    いつの間にこんな世の中になっちゃったんでしょうね。「ネット」がきっかけでしょうが、1事故あたりの被害額が甚大さへの危惧かと。ガラスを売りつけるため、同じ人がガラスに石を投げてるだけかもしれませんが。日本の大学って思いのほか韓国人や中国人が多いですね。新聞をにぎわす犯罪者に「日本名」を名乗る外国人が多いのにもびっくりです。
    ——————————-
    市位みさとさん、
    Pマーク取得もたいへんならば、それを維持するための運用業務もひどく疲れますね。ホント、個人情報取り扱いについては誰もトクしません。名簿の横流し業者くらいでしょうか。漏洩事故はあっても、実際の被害額はとても判定しづらく、なんだか原発事故のそれに似てますね。
    ——————————-
    トロさん、
    いろいろとご苦労されたようですね。ぼくは10年もののパスポートでしたが、国をまたがる引越しも多く、都度斜線を引いて書きなおしていたので、文字がびっしりで判明できないほどでした。ところで水曜日のストリップ劇場は女性客はタダなんですね。こんど女装して試してみたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。