小沢辞任も中川辞任も、はめられただけ?

f:id:naokin_tokyo:20090513014940g:image

 

ここんとこ、日本はアメリカに貢ぎっぱなしである。
何にどう貢いでいるのか?
米国債を毎月1.8兆円も払って買っているのだ。

1.8兆円である。 それも、毎月である。

日本に限らず、全世界でアメリカは国債を売りまくっている。 これが彼らの財源となる。 サブプライムローン破綻の穴埋めも、これにあてられる。

文字どおり、アメリカの金融商品に世界中の資産は吹き飛んだ。 日本もそう、EUもそう、ロシアも、中国も、インドも、南米も、膨大な被害を受けた。 その上、国債である。

ロシアは怒って手持ちの米国債を全部売り払ってしまった。 結果どうなったか? 原油の暴落を仕掛けられ、あっという間に借金国になってしまった。 1バーレル147ドルだったのが、一時は33ドルまで落ちたのだ。 あんまりである。 その割には、それほど石油製品が下がっているわけでもない。 あんまりである。

 

日本だって財政が苦しいのだ。 米国債なんて買わなきゃいいじゃないか。 なにしろ2兆円近くも!である。 毎月!である。 そんなもん買うくらいなら、同じ2兆円を定額給付金として「毎月」国民に払っていたほうがマシである。 いっそそのぶん減税したなら、さらにいい。

あなたはそう思うだろうし、ぼくもそう思う。
庶民ですらそうなのだから、この国の為政者にもそうあって欲しい。 果たしてどうか? 麻生首相はどうなのか?
実のところ、彼は米国債を買い続けることを渋っていた。 おまけに、アメリカには「金融大混乱を起こしたことについて、ちゃんと謝罪しろ。話はそれからだ」とまでいっている。 なぜかマスコミはこれについて沈黙しているけれど、ぼくはもう大喝采をおくったものだ。
あの中川昭一もと財務相もそうであった。 大臣の権限を活かしてできるだけ米国債を買わないよう留意していた。 ついでにいえば中国への円借款にも反対していた。 日本の資金が海外に流出するのを懸命に止めようとしていたのだと思う。

米国債を買わない」とは、つまり「円売りドル買いをしない」ということだ。 当然、為替レートは「ドル安」となる。

中川氏が財務相に就任したのは、2008年9月から2009年2月まで。 その間の円ドルレートの推移をみれば、その影響が一目瞭然だ。
f:id:naokin_tokyo:20090513015017g:image

 

アメリカ国債をなんとしても日本に売りつけたいアメリカにとって、中川財務相は目の上のたんこぶである。 じゃまである。 ロシアを相手に原油価格操作までやってのける国だ。 日本の大臣ひとり更迭させるなど、わけもないだろう。

そして、あなたもよく知っているとおり、中川財務省は「酔っぱらいぶり」を世界のメディアにさらしたことが原因で辞任した。 もとより飲酒が原因で過去に何度か問題を起こしている。 常習犯といえばそれまでだ。 「またか」と思った人も多いだろう。 ぼくもそう思っていた。

けれどもあまりにできすぎてやしないか?
先日の「小沢辞任」もそうだ。 詳しくは書かないけど、あれも見事な出来レースだった。 小沢こそは、アメリカが最も首相にさせたくない男。 そのニュースを耳にした瞬間、中川失脚のことをちゃんと総括しておきたくなった。

中川昭一氏がローマで失態を演じていたころ、ヒラリー国務長官はなぜか日本にいた。
何をしていたのか?
沖縄の在日米軍をグアムに引っ越す費用2兆円を負担する約束を日本政府に飲ませていたのである。 「約束したら、オバマ大統領と会談させてあげるわね」と。 これに反対していたのは例の中川大臣。 それから民主党の小沢代表だ。

結局、無邪気にオバマ大統領に会いにいった我が総理。 結局1時間もらっただけで、晩餐も食事会もなし。 これが2兆円の対価だ。

 

話を戻す。 中川氏を辞任に追い込んだ酔っぱらい記者会見。
実は不思議なコトだらけだ。 マスコミの自作自演説もあるけれど、ぼくの仮説はアメリカに与する者による「睡眠薬の投与」だ。 犯行に及んだのはおそらく玉木林太郎国際局長か、読売新聞記者である越前谷知子。 この女性、今は行方不明だそうである。

△ 深酒、というよりは睡眠薬だろう、これは。
もし「酒」だとすれば、そうとう酒臭かったはずだ。 周りだって会見をとめたであろう。 けれどもそんな報道はどこにもない。 いったい、あの茶番劇はなんだったのか?

「アメリカに逆らうとこうなる」のオンパレード。

これ以上の見せしめは勘弁してもらいたいです。

 

10 件のコメント

  •  ふーん。そういうからくりがあったんですか。ビックリです。確かに中川さんのドロドロっぷりは不自然でした。
    知らないということは恥ずかしいこと。でも、ここでいつも勉強させていただいてます。しかし、なおきんさんって何処からそんな情報を得るの?

  • 日本人だけどアメリカに住んでいるため、アメリカのやっていることが自分の悪いことのように、なんか恥ずかしく感じます。この話のように、日本の政治にアメリカが圧力をかけているとしたら、由々しき問題です。本当に、すーさんのおっしゃられているように、知らないというのは恥ずかしいことだなと感じました。

  • ●2009年5月7日 ズムワルト駐日米国臨時代理大使
    『国内生産は今後も日本の食料安全保障において常に重要な役割を果たしていくが、総合的な戦略には信頼のおける供給者からの輸入も含めるべきである。米国には、プロ意識が高く、仕事熱心な農業界と、科学に基づいた高度な食品衛生規制制度がある。』

    −−<要点> 日本は国内の食料受給率を高めるだけを考えず、もっとアメリカの農産物を買いなさい。
    −−<データ>世界貿易機関の協議裁定によるミニマム・アクセス米輸入の現状 ※殆どがカリフォルニア米、日本は世界一のジャポニカ米の輸入国
    ●2005年、MA一般輸入米とSBS米の入札結果
    2005年度輸入全体量 678,587M/T(玄米トン)
    USA 47.4%、タイ 24.4%、中国 11.2%、オーストラリア 2.5%、その他14.5%
    ●2000年輸入総量 76.7万・玄米トン ●推計 USAからの輸入量 約36.3万t ☆オバマ大統領を支えているのは、アメリカ民主党ではなく日本!

  • ママ〜、来ちゃった(笑)

    酒呑みが眠れないからといって、アルコール+睡眠剤なんてねぇ。
    昔アタシも誘眠剤・精神安定剤・睡眠薬をバンバン飲んでた時期があったけれど、怖くてお酒と一緒には飲めなかったもの。
    中川さんのケースは「盛られた」以外だったら、余程の怖いもの知らずか、側近達のケア足らずとしか思えないわん。
    昔、インフルエンザを劇的に治す薬っていうのが闇の世界にあったんだけれど、主成分は強烈な睡眠薬。アレを盛られれば24時間はラリパッパになってまともに動くことすらできなくなるけれど、前夜会食時にしかお酒を呑んでいないとしたら、あんな薬を服用したとしか思えないわよね。

    疑問はどんどん進んでいっちゃうね。

  • んんん〜〜〜。。。 そうなのかぁ。
    学校じゃ教えてくれないコトってのはよくあるけど、ニュースじゃわからないコト ってことですかね。じゃあ 日頃私たちがマスメディアから得ている、あるいは与えられてる 情報って いったい何なんでしょう。
    何を、誰を信じたらいいんでしょう。本当のことって誰が教えてくれるんでしょう。それが本当のことだよってどうやって証明してくれるんでしょう。
    猜疑心のかたまりになりました。 カッチカチやでぇ!

  • WJに逆らうものは粛清、ですか。こわっ。
    お酒じゃないですねこれ。お酒だったら最初からデレデレだったと思います。
    こんなに急激にまぶたが下がって言葉がアレレになるのはトリアゾラム系の超短期作用方の眠剤でしょう。
    怪しまれないで飲ませる方法ならいくらでもあります。ここでは書けませんけど(^^ゞマネされちゃ困るんで(笑)
    ちなみにYulicoは0.5mgのトリアゾラム服用後2時間はまともにしてられます<( ̄^ ̄)>
     ↑ 威張れることじゃないって精神科のドクターにしかられました(´∇`)アハー

  • 1.8兆円というのは驚きですね。でも小沢さんでも体質改善は無理だったのではないでしょうか。昭和の脳みそを持つ老人に期待はできないでしょう。辞任してよかったと思います。しかし、その後の代表選も岡田と鳩山だなんて失望です。両者どちらも過去に代表経験があり、政権交代に失敗しているんですよ。失敗したなら潔く身を引くべきだと思います。アメリカやヨーロッパでは、野党が政権交代に失敗したら代表は辞任します。それが当然だと思いますよ。そうしないと党支持者に示しがつかないですから。日本の政治家は保身のことしか考えない老人ばかりで腐りきっています。私もアンチ自民ですが、野党がこの様子では政権交代など夢物語でしょう。今日本の政治に必要なのは若くてパワーと求心力のある生え抜きの政治家です。

  • 風邪でダウンしています。しんどい
    その状態で昨日この記事を読んだらもっとしんどくなった。
    お酒だけであんな風になるのはおかしいって思っていたけど、仕組まれたことだったら本当にやるせない。
    しかし、中川さんにしても小沢さんにしても、アメリカに対するやり方を変えない限り、いつかは葬られてしまうってことですよね。
    アメリカって怖い。
    これから日本はどうなるの?っていつもこればっかり。

  • あー、やっと仕事完了、とりあえずは(笑)。
    私も小沢さん辞めてよかったと思いますよ。よく分からないですけど、反対してもバランスがとれないでしょう、これまでアメリカ主導できてるんですもん。せめて少しくらい若い政治家を押す器量はないんでしょうか、古い政治家には。。
    はめられたかどうかには、あんまり興味ないです。中川さん、小沢さんが沈没しても、アメリカにもそのほかの国にも影響ないですよ。
    ちびきちも、なおきんさんも、新しいお家にはもう慣れましたか?

  • すーさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    「知らないことは恥ずかしいこと」では必ずしもないですけど、疑問を放置するのは恥ずかしいことだと思います。 日本の5大新聞と5大キーネットTV局の情報は、アメリカにとって都合のいいように報道されていると見ていいでしょう。それ以外の情報ソースにあたられることをおすすめします。
    ——————————-
    ぷうさん、いつもアメリカからありがとさまです。でも、だからといって恥ずかしがることはないかと。アメリカの圧力は今に始まったことじゃないですけど、小泉さんの時代に積極的にアメリカに貢ぐようなシステムになってしまいましたね。残念です。
    ——————————-
    ターボペンギンさん、ついに貿易赤字に転落した日本にとって、それでもなお円安を欲しているのか、大いなる疑問ですよね。 本来なら、少しずつ米債券を売りながら日本の資金を国に戻してやらねばならないでしょう。オバマを支える日本、言い得てます。実際利益を得ているのは、オバマのバックにいるシンジケートですけど。
    ——————————-
    ティーママ、おひさしぶり!お元気〜?
    ここもすっかりメンツが変わって、ティーママのことを知っている人がどのくらいいるんでしょうね。 中川さんはどうやら「盛られた」感じですね。だって、読売の女記者の様子が変ですもん。読売新聞といえばナベツネ、米財界に通じてますよね。「ジャマものは消す」、容赦ないですね。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、マスメディアに対しては「information」と「disinformation」とをきっちり区別する必要がありそうです。 そのためのメディアリテラシーは、自己啓発するしかないですね。この世はすべからく「だまされるほうが悪い」ことになってます。個人的にはもちろん逆であって欲しいんですけど。
    ——————————-
    Yulicoさん、トリアゾラム・・・。ずいぶん詳しいですね。いずれにしても中川氏は「ワインに口を付けたもののごっくんはしていない」と釈明してました。 ごっくんせずともその「トリなんとか」が少量舌を伝えばああなっちゃいそうですね。コワいですね。
    ——————————-
    kenさん、初コメントありがとさまです!民主党の党首選びが俄然白熱してきましたね。 まあどっちもどっちという顔ぶれなので、小沢さんの穴を埋めるに至らないでしょう。ともあれ、アメリカにとって都合のいい政権が続いたことが原因で、日本にある個人資産1500兆円のうち、すでに700兆円がアメリカに渡っているといいます。で、ジャマになる人間はどんどん消すわけです。米国発の金融テロこそが世界混迷の原因となりそうですね。
    ——————————-
    Junpeiさん、風邪だいじょうぶですか? この時期こじらせるとなかなか治らないと思います。様態をもっと悪くさせてごめんなさい。いまこそ本当にアメリカにNOといえる本物の政治家が登場して欲しいです。どうかご自愛を!
    ——————————-
    ぱりぱりさん、遅くまでお仕事おつかれさまでしたね。日本の政界には、オバマのような若い政治家が育ちにくい環境のようですね。たとえ首相になったとしても長老たちに小突き回されて終わりそう。中川さんや小沢さんの辞任は、日本から貢がせ続けたいとするアメリカには好都合。それが何を意味するかは、また筆を改めます。興味のほどは個人差ありそうですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。