反日デモ、こんどばかりは

全国から集った寄付金を使い、東京都が地主から買い取るはずの尖閣諸島を、政府が横ヤリを入れ国で買い取ることに。なんだ、ようやく国防に目覚めたのかと思ったら、理由は中国への配慮。石原都知事に買われでもしたら、そこに地上施設や船着場を建てかねない。それを阻止するための手段であった。尖閣への施設建設は中国がもっとも嫌がることである。日本政府はただちに「島には(中国を刺激するから)なにも建てない」と明言した。

これこそ東京都に14億円以上も寄付をした国民の意をないがしろにする暴挙である。だが「国有化反対デモ」をしたのは寄付金をだした人々ではなく、なんら関係のない中国人たちであった。

まず声を上げたのは中国メディア。申し合わせたような一斉報道であった。日本が勝手に我が国の領土を国有化したと盛んにあおる。皮肉なものだ。外務省のチャイナスクール官僚たちがせっかく中国に配慮したのに、これがアダになってしまった。やれやれ、国益を犠牲にしてまで相手とそもそも何を握っていたのか。

デモの犯人は中国共産党、いわゆる官製デモである。先月の反日デモとは違い、一斉メディア報道でもわかるように今回のものは明らかに中国政府が引導している。


▲ 火が放たれる平和堂百貨店

本来なら中国海軍を繰り出して尖閣の占拠に出たいところだが、怖いのは軍事衝突。日本の海上保安庁ならまだしも、海上自衛隊とこれを援護する米海軍までは相手にしたくない。「ならば」と手段を変え、日本の世論を使って国有化を阻止しようと考えたのではないか。ほとんど暴力団の手口だが、いわば中国式の経済封鎖である。

  1. 自国全土で反日デモを起こさせる (ことを許す)
  2. 日本製品を壊し、日本企業を襲わせる(ことを許す)
  3. 日本企業に中国でビジネスをさせにくくする
  4. 日本の文化人に中国で活動しにくくさせる
  5. 中国進出企業から日本政府へ「このままじゃ中国で商売できない」と、泣きを入れさせる
  6. あんな無人島のために犠牲が大きすぎるのでは?と日本国民に思い知らせる
  7. 日本国内世論に押される形で、尖閣諸島を中国へ返還させる


▲ 襲撃するデモ隊を笑いながら見守る保安隊

かつて、香港の上場企業の傘下で子会社を持つことになったとき、グループ会社の会長はぼくに「南京大虐殺を知っているか?」と問うた。踏み絵である。ぼくは”I know.” とだけ声に出し、「(それが真実かどうかは疑問だが)」と心で思った。

似たようなことが今後、中国にいる日本人に起こるだろう。外務省が把握している中国の在留邦人は約13万人。実際には20万人は住んでいると思う。そのひとりひとりに「尖閣諸島はどちらのものだと思うか?」と聞かれる。会社のスタッフから。タクシーの運転手から。いつもの店員から。あるいは子供を通わせている地元の幼稚園から。そのとき、あなたならどうこたえるか?これが踏み絵である。答えようによっては袋叩きに遭うだろう。在留邦人は半ば人質のようなものである。


▲ 襲撃されないよう「魚釣島尖閣)は中国の領土であることを支持する」と貼るユニクロの店舗(ファーストリテイリングのWEBサイトでは、現地の判断で40分だけ張り紙したとあります。

今回の反日デモはこれまでになく深刻だと思うのは、以上の理由からだ。強く出れば怪我をさせられ、弱く出ればつけあがる。チャイナリスクは戦前にもあった。このときは治安を維持するはずの警察や軍隊までが在留邦人を襲い、何百人も虐殺された。しかも日本人には想像もつかない残酷な方法で。日中戦争に本格的に突入したきっかけは、盧溝橋事件ではなく、そんな在留邦人を守るために日本から軍隊を送り込んだからだ。それまで政府は中国を刺激しないよう、戦闘を避けていた。国内世論から「弱腰!」と言われ続けながらも。


▲ 中国在留邦人が襲撃されたことを報道する当時の新聞(1937年7月)日本軍が杭州湾に上陸し、上海事変、続いて南京攻略したのはこの年の12月のことである。(見出しの「半島同胞」とは朝鮮人を表す)

尖閣の次は沖縄。オスプレイ配備を反対する声のなかには、中国の工作員もいる。日米関係を悪くさせ、沖縄から米軍を追い出せば、より攻略しやすくなると考えているからだ。


▲ DiorやRolexも襲撃され商品が略奪された。このデモに大義はない。

ここからはぼくの妄想である。
尖閣諸島在日米軍に譲り渡せないだろうか。そしてオスプレイの訓練基地にでもしてもらえばいい。すれば反米デモが中国で起きるだろう。米国資本の会社が襲われ、アップルストアもこれを免れない。iPhoneなどが強奪され「iPadは中国人が発明した」などと言い出すかもしれない。路上でズタズタに破壊されたiMacMacbookの哀れな姿にやがて全世界、数億人のアップルファンが立ち上がる。中国許すまじ!と。中国政府はあわて、官製デモは収束に向かう。

アップルが日本を救う。
これがそのシナリオ。

それにしてもやっかいな隣人たちである。

■ 続報

尖閣諸島へ向け、出港した1000隻(1万人以上の乗組員)もの漁船。彼らの尖閣上陸を防ぐ手立てはあるのか?対応次第では、中国本土でこんどは反日テロに発展する可能性も。神風は吹くか?




11 件のコメント

  • やはりtwitterの普及も多大に影響しているのでしょうね。

    同じ肌の色で、しかも隣国でその安全を脅かされている方々のご無事を祈るばかりです。

    なおきんさんの妄想、いいですね、それ。

  • 理由は何であれ自国への不満の鬱憤晴らしの感じがする。あとやっぱ武器の持ち腐れじゃないけど、結局は儲け戦したいのかも?とか思う。

  • twitterなのでそのまま信用できない情報ですが、アパートに住んでいた邦人一家3人が、家から引きずり出され、暴行を受けて意識不明の重態だとか。中国市場と、中国工場にどんどん依存していく日本企業にとっては、今回のような暴動の打撃は年々大きくなっていくでしょう。レアアースの時のように、経済を人質にとってくる政府が相手だと、日本政府も何か対策をうたねばならないとは思いますが、どうすればいいのやら。

    尖閣の米国軍事基地化は、できれば理想なんですがね…。2度の大戦での英国のように、米国を巻き込んで当事者にしてしまうような外交が出来ればいいのですが…。何より、自国の努力が必要になってくるでしょう。野田さんも、相当頭を悩ましているだろうなあ。

  • 中国におられる日本人の方々、心配です。
    よく日本で大騒ぎしているほど現地は深刻じゃなかった、という事がありますが、今度ばかりは、大丈夫か?という気がしてなりません。
    とり越し苦労ならよいですが。

  • こんばんは。

    日本国内メディアとネットニュース、ツイッター等、ソースのギャップとその内容に驚いています。

    在中邦人の安否が心配で眠れません。

    ネットの書き込みなので信頼度は不明ですが既に連絡が取れない状況の在中邦人もいるとの事・・

    こんな状況であるにも関わらず緊急事態である事を報道しない国内メディア・・

    なんて事でしょう。

    とても楽観視できません。

    在中邦人の方々、どうかご無事でいてください。

    失礼しました。

  • 昨日いつもの散歩コースを歩いていると、ものすごい数の群衆が何やら破壊してるので
    慌てて引き返してきました。出歩くのが危険なので今日は外食を控え、自炊しようと思います。
    1989年学生たちは自由のために国家権力に向かって反旗を翻しました。23年たった今、若者たちはすっかり思想教育されてしまい、怒りの矛先を国家にではなく、日本に向けています。それも本当の日本ではなく、共産党に作り上げられた日本というイメージに。今ここで暴れているのは1989に立ち上がった彼らとは異質の集団です。田舎から出てきた、ろくに字も読めない、北京語を正しく発音できない、下手すると尖閣諸島がどこにあるかも知らないフーリガン達です。日本製品を中後から追い出せ!と叫びながら日本製品を略奪してます。その矛盾にさえ気づいていません。
    本当のインテリ層はブログなどでもっと正しい見方をしているし、こちらの友人もちゃんと日本の立場を説明すればちゃんとわかってもらえました。

  • はじめまして、なおきんさん。
    こちら沖縄では、平和教育で『米兵だけでなく、日本兵も残忍だった。』と教えられて育ってきました。おまけに自衛隊に対しても悪い印象を持つような教育を受けてきました。なんだか中国そっくりですね。
    現在でも祖先が中国人の【久米三十六姓】だと自慢げな人がいます。(例えば現知事)
    県民の多くが在沖米軍賛成派ですが、声に出して言える状況ではありません。そういう事を言う生徒に大激怒する教師も普通にいます。
    学力ワースト1なのも、そのほうが都合がいい人達がいるからかも・・・? 考えすぎでしょうか。

  • 本日9月19日から始まった、全自衛隊(後方支援部隊含む陸海空)による演習。毎年恒例の演習ですが、政府から延期要請は入らなかったのだろうか…。
    現場の声を聞きたいものですね。

  • ラム子さん、一番ゲットおめでとさまです!この記事を書いた時点では、ここまでひどくなかったし、ちょっと書きすぎたかな?と思ったほど。でも結果はさらに悪化してましたね。残念です。
    ——————————-
    たまやんさん、
    たぶん華夷秩序の押しつけのような気がしてます。対欧米と対アジアではまるで違う対応ですからね。中共て。
    ——————————-
    楽庵さん、
    「車から引き摺り出されて半殺しにあった中国人」というのは報道されてましたね。でも、報道されない被害があることも直接聞いてます。どうしてあれをテロや犯罪と言わないんだろう?
    ——————————-
    もぐさん、
    毛沢東の肖像が目立ってましたね。きっと別の政治的糸があったのでしょう。「みんな貧しく平等」という幻想をみたのかも?
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    無事でなかった人もなかにはいたようですね。ぼくの知り合いも被害に遭いました。いったいなんのために?保安隊は火事場見物のようだったそうです。
    ———————-
    じさん、
    収まってみると、あの騒ぎのお陰で日中の経済は冷え込みました。しばらくは日本側が、そのあとは中国側がその痛手を被るはずです。ただでさえ外資が中国を離れ始めている頃ですからね。
    ———————-
    Aryoさん、
    おひさしぶりです!なんと広州なのですね。暴れているのはまさにフーリガン。「あれは反日テロリストたちだ!」とインタビューに答えていた青島イオンの社長、会社クビになっちゃいましたね。酷い話です。
    ———————-
    たいさん、
    感動的ですね。中国には良識的な人もちゃんといて、しかもこちらのほうが多い。そう信じたいものです。
    ———————-
    さんごさん、初コメントありがとさまです!
    沖縄からなのですね。日教組がもっとも幅を利かせている地域だけに、生徒たちがかわいそうですね。でも洗脳効果が薄れてきているようにも思います。どうか間に合いますように。
    ———————-
    halさん、
    演習の延期は必要ないと思います。粛々と行うほうがむしろ効果的。こちらが怯むと間に割り込む、というのが周辺国のやり方ですから。そうして領土だけでなく精神的領域も侵食されてきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。