旅の白カメラ

愛用のカメラが壊れた。
とつぜん、何の前触れもなく、ただ起動しない。
バッテリーを取り替えても結果は同じ。
スイッチを入れると「ジー・ジー」としばらく唸り
やがてあきらめたように、オフになる。

そのうち「ジー・・」とも唸らなくなり、息絶えた。
まるでセミのように短命なぼくのデジカメ。
カシオのエクシリムGPSと10倍ズーム付き。

一眼レフの大きなデジカメもあるにはあるが、旅に連れ出すのはもっぱらコンパクトデジカメである。ポケットに入れて持ち歩き、さっと取り出しパシャリと撮る。この即効性・気軽さがぼくには合うようだ。撮るべき瞬間は、不意に訪れるものだ。一眼レフをぶあついバッグに詰めて旅をし、撮影チャンスをことごとく失なった苦い経験がある。

iPhoneカメラの性能があまりにもいいので、もうコンパクトデジカメも要らないかなとも思うのだけど、やはり暗所での撮影とマクロ撮影には向かない。面白い被写体はあんがい屋内や夜間にある。お店や劇場、夕暮れにまたたく星。かといってフラッシュを使った写真はひどく味気ない。

そんなわけで、旅用の一台をもとめて量販店へ。

条件は4つ。

軽いこと、F値は2.0相当であること、3cm以下のマクロ撮影が可能なこと、予算は3万円以下であること。「F値が2.0以下」というのは、かなり暗い場所でもフラッシュなしで明るく撮影できるのだ。ダメもとである。そんな高性能レンズを搭載したカメラはふつう3万円以下では買えない。

だが一台だけ、該当した。
ニコン Coolpix P310 。売り場では3.3万円とあったので、ベテランっぽい店員と交渉してみたところ2.9万円まで下げてくれた。条件成立である。色は、まさかの白。ふつうのオジサンならまず選ばないだろうという色である。いいじゃないか、と思う。iPhoneだって白いのだ。


iPhoneの影響か、色種は黒モデルと白モデル。迷わず白を選ぶ。


▲ 白いボディに赤いケースがよく映える(クレイスミス製イタリアンレザー専用ケースと)

このカメラ、F値はなんと1.8 、手ぶれ補正も強力だ。
これはもう夜景撮影に三脚がいらないレベルである。マクロ撮影はなんとレンズ先2cmまで。こんなシロモノ(実際、白いのだが)が3万円しないなんて、デジカメの進化おそるべし!である。


▲ 夜景モードで撮影(メーカーサンプル)

先代のカシオは、沖縄から始まってミャンマー、タイ、香港、ニューヨークと共に駆け巡った。こんどの白カメラはいったい世界のどこで何を切り取るのか、今からとっても楽しみなのです。


▲ 世代交代、旅カメラ(左:Casio Exilim H20G, 右 : Nikon P310)デザインはよりシンプルに。

大事なのはカメラそのものより、やはり旅。
もうどこでもいい。旅に出かけたい・・・

ひなたぼっこから帰ってきたちびきち

ただいまー、ごはんまだー?

6 件のコメント

  • コンパクトなデジカメ。いいですよね。って、僕は持っていないのですが・・・。やはり携帯のカメラでそこそこ撮れちゃうので、未だに僕が持っているコンパクトカメラはフィルムカメラです。
    ただちょっと出掛けた時や何かのときにはやはり気軽に持ち歩けて、撮ったものを確認できるコンパクトなデジカメは魅力で、最近家電量販店などにも観に行くようになりました。
    今回なおきんさんが購入されたカメラ。いいものですね〜。僕も早速明日、長崎で同じものがいくらくらいなのか確認しに行ってこようと思います。
    なおきんさんが嫉妬する代物があればいなぁ(笑)

  • あら、ずいぶん高性能でお安いカメラですね。ケースも素敵です(^-^)
    F2.0以下とマクロ2cmって魅力的です。
    あたしも次を考えることがあったら、参考にさせて頂きます♪

  • 私も買い替えを考えているので探してみたら、COOLPIXはあるけど、FINEPIXは見当たらないんだけど、同じものかな?

  • こんにちは、なおきんです。本文にとんでもない間違いを教えてもらいました。ごめんなさい。FinePix ではなく CoolPix です。前者はフジフィルム製のシリーズ名でした。修正させていただきました。さっちゃん、教えてくれてどうもありがとう!

  • FinePixとCoolPix、似てますよね(^−^)FUJIFILMの色が好きなので私はFinePixです。ベルビアモード(派手な発色)で露出をどーんと上げてイイ感じのパステルカラーに、というマニアックな使い方をしたりしています。
    それにしてもF1.8!それはうらやましいです。マクロ2cmも。背景もきれいにボケるんでしょうね〜。CoolPixな旅の世界を楽しみにしております(@^^)/~~~良い旅を〜

  • mu_ne_2さん、一番ゲットおめでとさまです!
    ぼくが嫉妬しそうなナイスなデジカメは見つかりましたか?以前は店員が勧められたものをそのまま買っていたぼくも、だいぶ条件をはっきり認識するようになりました。自分はこれをどう使うか、その利用シーンが想定できないものは買わないよう気をつけてます。そのわりに、一定の割合で同しようもないものを買ったりするんですけどね。mu_neさんはそのへんしっかりしてそうですね。
    ——————————-
    市井みさとさん、
    F1.8はすごいですね。薄暗い部屋が真昼のように明るく取れます。この値段とこのサイズですごいなあと、買ったあともしみじみ思ってます。おかげでもう一台欲しくなるくらい愛着が出てきました(買わないけど)。
    ——————————-
    さっちゃん、
    いやあ、ありがとう!すぐに修正しました。他にもなにかあれば遠慮なく指摘してね!
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    そうそう、間違いやすいんです。FUJIのデジカメはいいですよね。ぼくも10年前愛用していました。このごろの色調整はたいていレタッチソフトを使っています。色調や露出はあとでなんとでもなるんだけど、暗所でのノイズと接近ものは修正がきかないのでカメラ側の性能に任すことにしました。安くて軽くて良いカメラです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。