49になり、思うこと

49というのは、どこか不吉な歳である。
4と9。どちらの数字も縁起が悪い。
日本だけでなく、中国人でもそういう。
香港の高層ビルは部屋番号に4や9を
避けたりするのは当たり前で
階数まで避けたビルがあるくらいだ。
3階の次は5階で、8階の次は10階というふうに。

あの織田信長は49で本能寺で自害した。
かの西郷隆盛も49のとき西南戦争で亡くなった。
また聖徳太子も49の時に斑鳩宮で倒れ、没した*1
秦の始皇帝も、夏目漱石もたしか49が享年だ。

最近の著名人では山下清寺山修司松本竜介
それぞれが享年は49歳である。

そんなこともあって、子供のころからもし自分が大人になれたとしても、おそらく49で死ぬだろう。と漠然と考えていた。そのときは49なんて永遠と変わらなかったからなんの実感もなかったが、いま思えばゾッとする。

ゾッとはするけど、死はいつも隣り合わせだ。
例えばきょうが人生最後の日だったらどんな後悔を口にするだろうか、と思う。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年間たずさわった、あるオーストラリア人看護師の手記がある。彼女によれば、人間は誰しも死の間際にしっかりと人生を振り返ってみるのだそうだ。そして多くの患者が語る、もっとも多い後悔のトップファイブがこれである。

死ぬ間際に口にした後悔TOP5

1. もっと自分の気持を表す勇気を持てばよかった

2. あんなに一生懸命に働かなくてもよかった

3. 友人関係を続けていればよかった

4. 自分自身に忠実に生きればよかった

5. 自分をもっと幸せにしてあげればよかった

「自分の信じるままに生きる」のはことのほかしんどい。「他人に望まれるように」生きるほうがむしろラクなときがある。長いものにまかれて生きる、それもひとつの人生のありようかもしれないが、ふと気がつけば自分のことはいつも「後回し」である。

自己犠牲というのは美しいし共感も得やすいけれど、そのために自分や自分の大事な人をおざなりにしていることに気づかされる。そのことに気づいたとき、まさに自分の死に際だったらどんなにせつないことだろう。

誰かを幸せにすれば自分に返ってくる。それも事実だ。でも、誰かにしてもらう幸せは、薄氷にようにどこかあやうい。自分の意志でこの身を動かせるのはやはりこの自分自身である。ときどき自分の手のひらを見ながら、この手を自由に動かせるのは他でもない、自分なのだ。と思う。

オーストラリア看護師によると、この中でもっとも多い後悔が 4. の自分自身に忠実に生きればよかったなんだそうだ。自分にはまだこんなに夢が残っていたのか・・と思いながら息を引き取るのはなんともやるせない。

夢は生きているうちに見たい。
おそらく「いつか・・」 はこの先
ずっと「いつか・・」のままであると。

そんなことを49になった日に考えました。
明日からわがままになったら、ごめんね。

*1:48という説もある

15 件のコメント

  • 遅ればせながら・・・
    お誕生日おめでたぃでした。
    4=しあわせの 「し」
    9=くつろぎの 「く」
    とてもステキな1年になると思いますよ?
    +゜d(≧ω≦*)。+゜

  • なおきんさん
    お誕生日おめでとうございます。双子座なんですね。私も、もっとなおきんさんにコメント送っておけば良かった、と後悔しないように、自分を素直に表現する手間を惜しまないようにしようと思いました。40代最後の1年、健康に気を付けて素敵な日々を重ねて下さいませ。

  • 遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
    今回のお題をいただいて、今死んだら後悔することを考えてみたのですが、自分でも意外な答えが出てきました。今気付いてよかったと思うことでした。ありがとうございます!
    なおきんさんの「考え方のコツ」を読んで心がすっきりすることがよくあります。これからもますますお元気で!色んなお話楽しみにしています。

  • おお、4つ年下、ってことはあなたは小学生だった?私はなんと高校一年生だったわけです。そんな二人が出会った場所、一緒に働いた会社があったのですね。当時に路上で会ったとして、私の「予知能力全開」で、小学6年生の僕を呼び止めて、「25年待ってろ、きっと迎えに行くから」とかその子供の両腕をつかんで言い聞かせるように真剣なまなざしを見せたとしたら、「うん、待ってる、きっとだよ」って応えてくれたかも … 「死なないで、なおきん、きっと帰ってきて欲しい」 そして、例の所で再びディナー(どうせ、夜昼同メニューだし、夜ならゆっくりお酒飲めるし)しましょ。次回はお土産話と引き換えに7割がた私が払います。ちょっと、全面的に奢るにはあそこは高価すぎますね(苦笑)。でも、「男子三日会わざるば刮目して見よ」と言いますから、もしかすると羽振り良くて10割がた引き受けるかもです。どうかご無事で。

  • お誕生日おめでとうございます(´∇`人)
     
    50前後の年齢って、人生の一つの端境期のような気がします。
    うちの母親は51で亡くなっているので、今のあたしの目標は52歳になることです(笑)
    52歳の誕生日は盛大に自分で自分をお祝いする予定です(*^-^*)
     
    夢、生きているうちにたくさんみましょう(^-^)
    自分の気持ちに忠実に生きたいし行きたいし逝きたいです。

  • "Have the courage to follow your heart and intuition."
    ということなんですねぇ。

    Belated Happy Birthday!

    Ty the 44 this summer.
    (4がふたつならぶっていうのも・・・)

  • お誕生日おめでとうございます^^
    私も小さいころは、ノストラダムスの予言は当たると信じていたので、2000年には死んでると思ってました。
    でも当時は「26歳ならまぁ、死んでもいいや〜」とも思ってましたw
    先のことは遠く感じますが、意外とあっと言う間ですね。気が付いたら米寿とか迎えてそう(笑)
    後悔の少ない人生にしないとですね!^^

  • お久しぶりです。
    私も49で、来年は知命だそうです。天命ってなんだろうと、悶々としてしまいます。

    スティーブ・ジョブズ氏の言葉に次のようなことがあります。
    「今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいか?」
    社会に貢献できる年数も少なくなってきたので、悔いのないように過ごしたいと思っているのですが、これがなかなか・・・^_^;

  • 遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
    僕は小さなころから誕生日は家族に祝ってもらっており、とても幸せを感じることができる日でした。誕生日プレゼントなんてものは貰ったことがないのですが、みんなで一緒にご飯を食べ、誕生ケーキを囲んで歌を歌ってもらい、一緒に食べる。今でも誕生日が来ると嬉しく思ってしまいます。
    子供にもプレゼントなんて大層なものができなくても一緒に祝うことで幸せに感じてくれればいいなぁと思っています。
    誕生日がくることの幸せの反面、来年僕は誕生日を迎えることができるのだろうか・・・と真剣に悩んでいたのも小学生の時だったと思います。『死』というのを極度に恐れていたのでしょうね。今でも『死』を恐れる気持ちはありますが、恐れる気持ちと受け入れる気持ちの比率には変化が起こっている気がします。
    色んな経験を積みながら、『死』に対する恐怖は薄らいでいくのでしょうね。まだまだ恐れの割合が多い僕にとって、前向きに考えれば、まだ出来ることがあるのでしょうし、やり残したこともあるということでしょうから、いろいろとチャレンジしてみたいと思います。
    とりあえず、定職となる仕事を探そうかな(笑)

  • 遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
    なおきんさんのブログに出会って、色々なことを学ばせてもらいました。
    様々な角度から物事を見るということ、広い視野を持つということ、公平な慈愛に満ちたまなざしで世界を見ること・・・。
    わたしの心の先生、なおきんさん。
    これからもたくさんの夢を見てください。
    わがままになってもいいですよ。
    わたしも、わたしの母も、自分が三十まで生きるとは思っていなかった女です。
    でもこの頃は、歳をとっていくのもいいかな、と思えるようになりました。
    死に際に後悔することがひとつもない人生なんて、
    きっと誰も送ることはできないんじゃないかと思います。
    健康にお気をつけて、ずっとなおきんさんでいてください。

  • なおきんさん、お誕生おめでとうございます。

    遅くなってごめんなさい。

    「死ぬときに後悔すること25」という本を読んだことあります。
    なるほど、確かに後悔しそうな内容でした。ひとつでも実行しておきたくなりました。

  • こんばんは。

    遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます(*´∇`)ノ

    「死」は誰にでも待っているもの・・自分も後悔しないように親孝行とまではいきませんが気持ちくらいは伝わるように心掛けています。

    自分自身に対しては世の中とは少し距離をおいて投資に没頭してますので「自分」とゆう存在を見失う感覚は久しく感じてません。

    まぁ投資といってもPAYできてる額は細々と生活できてるかな?くらいですが(*^_^*)

    でも家族とか持ってしまうと世の中の理不尽から逃れられなくなって自分を殺して生きてゆくしかない人て沢山いらっしゃって大変だなと・・公園でビールを飲みながら思っていました。

    なおきんさんも皆さんも仕事や資本主義に飲まれないよう自分らしく生きてほしいと祈り、願ってます。

    失礼しました。

  • **さん、一番ゲットおめでとさまです!
    メッセージありがとさまです。なるほど「しあわせ」&「くつろぎ」だったのですね。でもくつろぎ過ぎてアホアホになったらどうしよう(笑) でも「くるしむ」よりはずっといいですね。ありがとう。
    ——————————-
    kei3さん、おひさしぶりです!
    メッセージありがとさまです。はいふたご座です。Kei3さんもですか? 風の星座だからでしょうか、風に吹かれているとなぜか安心します。風が止まれば、自分から動いて風の中にいようとします。これからもよければコメントくださいね。でないとあっというまに50になってしまいます。
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    メッセージありがとさまです。葉隠にもあるように「死を思うことは生をみつけること」ですね。自分は何をすればよかったのか死が教えてくれます。毎日は発見の連続だし忘却の連続です。人は変わるし、変わりません。色んなことがあると思いますが、元気で行きましょう。
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    はい、4つ下です。でもぼくより子供に見えてしまう同僚さんが不思議でした。だのに体重は大人2人分というのも目が離せないことのひとつです。ぜひ日本に来ることがあれば大盤振る舞いしてください。でも今は円がとっても高いので気持ちだけで十分です。悪いのはみんな日銀なのです。二人で日本橋に行って「もっと円を擦れ!」とシュプレヒコールしてきましょう。
    ——————————-
    市井みさとさん、
    メッセージありがとさまです。お母様は51で他界されてしまったのですね。ではまず52を、次に62を、そして102を目指して人生を謳歌しましょうね。自分が生きていることはきっと意味がある。自分はもっと世の中に役に立つ。このことを信じる自分に忠実になりたいと思います。「そのはずだったんだけど・・」と死を待つのみでは辛すぎますね。
    ——————————-
    たいさん、
    メッセージありがとさまです。たいさんは44なのですね。ぼくがその年の頃、「マグナムだ」とひとりではしゃいでました。たいへんだった厄年も通り過ぎ、事態が好転し始めた頃でしたから。「心と直感に忠実に」ということですね。おたがいそうありたいですね。
    ——————————-
    Nicoleさん、
    メッセージありがとさまです。そうそう、ノストラダムスの大予言という映画を見た帰り「自分が36まで生きれるんだったらまあいいや」と思ってました。Nicoleさんもそうだったのですね。それが今世紀に入ってはや12年目、うかうかしてると本当に終わってしまいそうですね。その前にいっぱいやらなくちゃなんないことがありそうです。
    ——————————-
    おととさん、おひさしぶりです!
    同い年だったのですね。「知命」、論語ですね。50にして天命を知る。うーん、どうしよう。ぼくもよくわかりません、自分の天命がなんなのか。ジョブズ氏のことばも、ぐっとささりますね。彼は40代から身体に異変があったそうですから、きっと意識が高かったのでしょうね。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、
    メッセージありがとさまです。幼少時代、誕生日を家族で祝ってもらった子供は、将来幸せな家庭を作る確率が高いと聞いたことがあります。「死」を恐れることは、一生けんめい生きたいという意識を生むと思います。きっと子供の頃からそうだったのでしょうね。これからもチャレンジを志してくださいね。チャレンジしない人って自分を見下しているようなもんですから。
    ——————————-
    ユーリさん、
    メッセージありがとさまです。自分ごとにこだわりすぎるには、世界はあまりに多様性に満ち満ちています。自分を縛っているのはそんな世界ではなく、勝手に自分でこしらえた「自分ルール」のような気がしてます。もちろん自分を律するためにルールは必要ですが、どんどん変え続けることもまた必要ですね。でも経験上、失敗はそれなりに役に立つけど後悔はムダであることが多かったです。とらわれず、のびのびやっていきましょうね。
    ——————————-
    はてなさん、
    メッセージありがとさまです。ああ、その本聞いたことがあります。いろんな発見をくれるかもしれませんね。多くの人がそのことで犠牲になったのだと思います。その意を晴らす意味でも、後悔なきよう毎日を丁寧に過ごしたいですね。「明日があるんだし、きょうはめんどくさいからいいや」ではなく。明日、ないかもしれないし。
    ——————————-
    じさん、
    メッセージありがとさまです。ひとはひと、じぶんはじぶん。時に他人がすごく見えたり、あるいはばかみたいに見えることもあるけど、捉え方は自分次第。まわりが妬ましく思うときは、自分がキライなとき。まわりを応援したくなるときは、自分で自分を認めているとき。だったりするかもしれませんね。ぼくも気持ちがくさくさするときがありますが、そんなときは風に吹かれて気持ちをやり過ごします。自分で自分を大切にしないで、じゃあだれがやってくれるのかと。そう思いながら。

  • 遅ればせながら、おめでとうございます。身体だけは大切にしてくださいね。
    「松本竜介」って誰だっけ…と思ったことは内緒です。(人はソレを若作りというとか言わないとか)ラブレターfromコーカサスも楽しみにしてます。

  • 8-8さん、
    メッセージありがとさまです。ていうかおひさしぶりでございます。竜介はかわいそうでしたね。紳助はとうとうテレビでなくなったし。コーカサスから畑中葉子しますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。