夜行列車でアルメニア

トビリシからの夜行列車でアルメニアの首都、エレバンに到着したのは朝の7時半。夜行で越境したのは久しぶり。乗車券込みで4000円と、意外に安かったので一等寝台車にした。少しでも眠っておきたかったし。

▲ 二人部屋のはずだったが、誰もこず、結局一人で占有させてもらった。カーテンは高級感のシンボルなのかもしれないが、いささか年季がはいりすぎていた。

ようやくうとうとしはじめたタイミングで叩き起こされ、着替える間もなく、ステテコのまま列車から降ろされる。アルメニアの国境だった。水銀灯で不気味に照らされるホーム。兵士が犬を連れ、密入国者がいないかどうか車両をチェックしていた。ぼくたち外国人はまとめて入国管理局の事務所に連れていかれた。思っていたより物々しい。弱ったな、と思う。「ビザは事前に取得しておくように」と日本の代理店の人に忠告されていたが、まあ以前通り 国境で取れるだろうと、たかをくくっていたのだ。こうして、いたずらをして廊下に立たされているような外国人の一群に加わった。

ステテコ姿で立たされること30分。

たっぷり待たされながらも、ビザはあっさり取れた。待ちぼうけを食らった列車はぼくら不良外人(?)を積むと、再び岩だらけの荒野へと走り出すのだった。

▲ 車窓からアララト山が見えた。標高5137メートル。旧約聖書の中でノアの方舟がたどり着いた場所とされ、アルメニア人の精神的支柱である。日本人でいう富士山みたいなものなのに、いまはトルコ領である。アルメニア人虐殺事件の関係もあり、トルコとは仲がわるい。

エレバン近くには原子力発電所もある。アルメニアは日本と同じ地震国。1988年の大地震の時には放射能漏れが心配された。だが原発をやめようにもやめられない事情がこの国にはある。

エレバンに到着。ホームでは互いに再開を喜び合う人たち。もちろんぼくに声をかけてくれるのはタクシーの運転手だけである

エレバン駅、ソビエト連邦時代そのままである。いまもアルメニアはロシアとは友好的に付き合っている

▲ チェックインしたホテルの部屋。ホテル名は”HOUSE”というだけに、かつて住んでいたドイツのアパートの部屋そっくりである。

▲ 「まあ、せっかくだから食べて行きなさい」と言われ、お言葉に甘える。バクーもそうだったけど、一泊で朝食が2食いただく厚かましい客です。

▲ ここのカフェにはすっかりお世話になりました。パリのカフェっぽいおしゃれな店で、Wi-Fiも使えるのに、ビールが一杯120円です。

▲ ただのホームレスなのに、なんかこう仙人のような佇まいがあります。

▲ 仕事中なんだけど、割に深刻な話をしていました。もしかしたら恋仲なのかもしれません。

▲ 水だけ注文して彼氏を待つ女の子。一時間後来てみたら、彼氏と一緒に仲良く朝食を食べてました。よかったですね。

▲ 通りに水をまいていたところ、この女性にかけてしまい抗議された男。慌ててホースを反対方向に離したら、今度は別の人にひっかけてました。残念です。

エレバンからタクシーをチャーターし、郊外のゲガルト修道院へ。4世紀に初期キリスト教を開校していたのだとか。すごいですね。いまもありがたい教えが受けられるようです。

▲ 四角い板は棺桶です。うっかり踏みそうになり、大きな声で注意されました。

アルメニアに唯一残るヘレニズム文化の建物、ガルニ神殿。

そこでなんと・・・

▲ 結婚式が挙げられてました。花嫁さん、とっても美人です。手を降ると、こんな風にポーズをしてくれました。ノリがいいですね。

▲ ていうか、ノリすぎなのでは・・

▲ あたりは風光明媚で、なぜかラブラブでした。

▲ 自由広場のオペラバレエ劇場、これをぼおっとみながらアイスを食べてました。暑くて暑くて。

▲ だのにこれを登ってしまい、途中で後悔。暑すぎます。内部にはエスカレーターもあったんだけど。

▲ 汗だくのぼくを、冷ややかに見つめるオヤジたち。負けずに「ふふふ、」と不敵に笑ってやりました。

いよいよ明日は帰路。
旅日記、最終回です。




11 件のコメント

  • 4世紀の教会とは…!建物の頑丈さだけで無く、周りの人達の「この建物を存続させよう」という意志が続いている事の表れでしょうね。それが千数百年続くとは。アルメニアの人達の誇りにもなっているのかな?凄い。

  • コメを残すのは初めてですが、いつも愛読させて頂いてます。
    ヨーロッパ在住で、なおきんさんに共感することが多々あります。
    こういう国々では思いがけない危険がはらんでいるので、なおきんさんの度胸に感心してしまいます!
    修道院の写真を見ながら、ダン・ブラウン著の「天使と悪魔」が思い浮かびました。
    お気をつけて帰路につかれて下さい〜。

  • ステテコ姿で立たされたかいあって、無事にビザがとれて何よりです。
    今日は何回吹き出してしまった事か。もちろん、美しい写真も楽しませていただきました。幸せも少し分けてもらえた気分です。

  • うっわー、これまでに増してドキドキ連続の旅ですね。
    なおきんさんがお元気な証拠と勝手に確認させていただきました、コメント欄だけですがお久しぶりです(笑)。それにしても人と自分との間に壁らしきものが全くないのですよね、なおきんさんには。天性の旅人っていうイメージが張り付いてしまってます。最終日、お楽しみ下さいね〜(^^)

  • ずーっと楽しませていただいています。なかなか自分で行く事がないであろう街を旅の疑似体験ができるのは本当にうれしいです。つい最近ですが、一人でも旅を楽しめるようになってきました。なおきんさんみたいに外国語が堪能なわけでは全くないですが、なんとかなるもんですね。ではあと一日楽しんでくださいね!

  • 石の教会が重厚な歴史が感じられていいですね。最近アンコールワットに行ったのですが、むかしの建物って、太陽の光を受けると更に美しく浮かび上がる繊細な彫刻の造形が素晴らしくて、今まで残っていてありがとう!と思います。
    ところで、ここ数日は毎日なおきんさんの写真がUpされて見ていたせいか、ゆうべはわたしの夢になおきんさんが出てきて、お話をしました。写真のまんまのお顔でした。ま、そりゃそうだw

  • こんにちは、なおきんさん。
    今回の旅行記のイラストですが、今までにあまり見たことのない色使いとタッチにまず驚きました。
    なおきんさんの決意を感じました。紛争地帯があちこちにある、危険な国。
    でも写真から伝わる町は綺麗で近代的で、古い教会なども、大切にされていて、人々は笑顔でおしゃれで・・とても素敵な所なのですね。
    この場所で、いつ戦争が始まってもおかしくないなんて・・
    いったい誰が何のために戦争をしているのか、何の為に地球に人間がいるのかすらわからなくなりますね。
    もう帰国されたかな?

  • 写真見たさに記事を行ったり来たりしてます(笑)

    ホースの水かけちゃったおじさんや、ノリノリな花嫁さん、何度も見てもジワジワ可笑しくてニヤニヤしてます^^;
    ステキな景色を見せて頂きありがとうございました。
    なおきんさんの旅日記を見ていると、「旅」について考えさせられます。
    あ。そうそう、なおきんさん現地の方たちの中で馴染みすぎてて気づきませんでしたd(^_^o)

  • もぐさん、一番ゲットおめでとさまです!
    不敵に素敵な旅から戻ってまいりました。東京はなんだか東南アジアのように暑いのにびっくり。
    ——————————-
    ちづきちちゃん、
    神々しい場所にはとても反応してしまいそうだもんね。ぜひいってみて。心の汚れが洗い流された気がするよ。
    ——————————-
    楽庵さん、
    アルメニアの歴史はとても苦難に満ちていて、異教徒に教会を破壊されたり立てなおしたりの繰り返し。ゆえにこの教会も地下でこっそり運営されていて、12世紀ごろに地上の建物がたったそうです。すごいですね。
    ——————————-
    ちゃーこさん、初コメントありがとさまです!

    ヨーロッパにお住まいなのですね。ぼくも13年間住んでいました。共感を得てもらい嬉しく思います。おかげさまで無事戻りました。引き続きお付き合い下さいね。
    ——————————-
    ラム子さん、
    ほんとです。ステテコ履いたまま何処かへ連行されたらどうしようかと。「実はこれ、下着なんです」なんてことをいうと、敬虔なキリスト正教徒の国になんだ!と叱られ、牢屋にぶち込まれたらどうしようかと。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、
    どちらかといえば引っ込み思案で人見知りなぼくですが、旅先ではそうも言ってられないのでどんどん知らない人でもアプローチしています。居場所があればそこにこもっていればいいですが、なければ外にでていくしかないですからね。
    ——————————-
    Rachealさん、
    疑似体験いただきうれしいです。ひとり旅が楽しめるようになってよかったですね。お仕事柄、いろいろと買出しなんてのもあるでしょうし。言葉なんて手段の一つ。ダメなら他の方法を使うまでのこと、ですよね。度胸と愛嬌です。
    ——————————-
    べてぃさん、
    アンコールワットもいい遺跡ですよね。繊細な彫刻も、物語を残すあの壁画もすばらしい。ぼくが夢に出てしまったとのこと。すみません、またこれからちょくちょく夜おじゃまするかもしれません。変なことしたらごめんなさい。
    ——————————-
    ニモさん、
    iPadで指を使ってイラストを描くのが本当に難しくて、ちょっと横着をしてしまいました(あれはあれでちょっとテクニックが必要なんですが)。ともかく平和はつくづくありがたいです。いつまでも続いて欲しいですね。
    ——————————-
    tomokoさん、
    もう朝6時から夜中の12時までずっと外を出歩いてましたからね、いっぱい面白いものに出会えました。写真はそのなかのごく一部です。ぜんぶお見せできないのが残念ですけど、動画もあるので、どこか別の場所にこっそりアップするかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。