ナイトフライト

買うと決めたマレーシアの物件をキャンセルした。
色々と条件が合わなかったのだけど、いささか悔やまれる。すでに払い込んであったデボジット(前払金)は、戻ってこないと言われた。やむを得ない。承認のサインをしたのはぼくなのだ。

解約の手続きをするため、急遽マレーシアへ飛ぶ。仕事を終え、かんたんに荷物をまとめて羽田へ向かう。搭乗してすぐ離陸した。ナイトフライト。クアラルンプール国際空港についたのは朝の6時だった。

弁護士に会うまでまだ時間がある。
ホテルに荷物を預け、朝の街を散歩することにした。まだ街が目を覚める前の、この時間が大好きである。いくらか浄化したはずの空気を胸いっぱい吸い込み、少し重めのカメラを担ぎ、無精髭のままで通りに飛び出した。

来るたびに新しい建物を発見する。子供の服がすぐ小さくなるように、成長する都市は、次々に身につけるものを変えていく。

あちこちでビルが建造され

アニメ像の肩越しに、ペトロナスツインタワー

通りにほとんど人も車の往来はなく

ネオンの消えた劇場付近には

朝食をとるインド系マレーシア人の人々が。

それでもバナナがぶら下がる市場にも

緑がしげる通りにも

観光客の姿を見ることがある。

やがてぼくのための部屋が用意されたので、さっそくシャワーを浴びる。洗面台はなぜかアイランド式で部屋の真ん中にあった。おかげで窓いっぱいに広がる街を見下ろしながら髭をそることができました。自分の顔を見ながら剃るより、精神衛生上好ましいと思った。剃刀負けしたけれど。

弁護士事務所で解約の書類にサインをした。売り手の中国系マレーシア人のオーナーは同じく弁護士。代理人のポールさんを通して「デポジットはぜんぶ払い戻しますよ。だって日本人でしょ。いいじゃない。また縁があったらよろしくね。」とのことであった。

戻らないはずのデポジットは、こうして戻ることになった。仲介してくれたジュリエットさんもこっそり便宜を図ってくれていたようだ。今回の取引で、1銭も儲からなかったにもかかわらず。関わったすべてにおいて、ほんとうに気持ちがいい人たちであった。そのあとみんなで飲茶をした。これもポールさんがごちそうしてくれた。

ちなみに、昨年末に払い込んでいたデポジットは、いつのまにか増えていた。リンギット(マレーシアの通貨)が円に対して強くなったからである。経済は少しも立ち止まらないで、こうして個人の気まぐれをも補填してくれるのだった。

さて、はじめからやりなおしだ。




4 件のコメント

  • 金曜日の晩に飛行機に乗ってマレーシアで一泊して日曜帰宅。お金も戻って、無事解約も済ませ、ついでに小観光とは、休日をフル活用してますね。
    しかし、解約してお金が戻ってくるとは、業者さんも余裕ありますね。それだけ買い手に困っていないという事でしょうか。マレーシアは景気が良さそうで羨ましい限り。
     しかし、その気になれば土日で海外へ行けるというのは、つくづく凄い時代だなあ。

  • あせらず、どっしりかまえ、流れに逆らわず、ひとつのことを強く念じつづければチャンスはきっとやってくると思います、日ごろから努力されてるのですから。
    えらそうなこと言ってごめんなさい!
    遠いところからずっと応援していますよ〜!!

  • なおきんさんおはようございます。
    一緒に旅をさせて頂いているような気分に浸りました。
    人の思いが温かい 素敵な旅…。

    いわきの海沿いに 防潮林や公園や避難路が作られる計画図を見ました。
    少しずつ少しずつ 変わってゆきます。

  • 楽庵さん、一番ゲットおめでとさまです!
    マレーシア物件はいまや、わずか半年で1.5倍の値がついたりしているので、今回のケースも「おそらくもっと高い値で買い手が見つかったんじゃないか」とエージェントの人が言っていました。それでも売買契約書には「デポジットの払い戻しなない」と書かれているのを撤回したわけで、やっぱり売り手側の「人の良さ」があったのだと信じています。そんなわけで、ウイークエンドエクスプレスはまだ続きそうです。
    ——————————-
    risaさん、
    ありがとうございます。物件はなくならず、それどころか供給過多に陥りやすい。衝動買いもなかなかスリルがあって楽しいけど、少し慎重にもなってみようと思いました。アドバイスをありがとさまです。
    ——————————-
    mayuさん、
    そうですか。いわきの海沿いに防潮林や避難路が作られるのですね。あのときの尊い犠牲を、これからも生きて行く人たちのために、教訓として活かし、豊かな暮らしを守るという計画。いいお話ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。