主婦のヘソクリ384万円

いつも買う経済誌をパラパラとめくっていたら「ヘソクリ経済学」なる特集に目が留まった。ヘソクリ。どこか昭和の匂いがする語感である。と思ったのはぼくだけかもしれない。ヘソクリは平成になってからますます盛んで、金額も大きくなっているようなのである。

損保ジャパンDIY生命保険調査のデータによれば、サラリーマン旦那の主婦のヘソクリの平均額は384万円。30代、40代と増えていき、50代では533万円。ほんとうか、と思う。ヘソクリというのは妻が夫に、夫が妻に知られないよう内緒で貯めているお金のこと。それが50代主婦にして500万円以上もある。この国の妻たちは、家計費とは別に、それなりにまとまったお金をもっている。ヘソクリなんてせいぜい数万円から十数万円くらいの、使いみちとしては豪華な主婦ランチや洋服あたりだろうとばかり思っていたぼくは、実態を知らなすぎであった。

ヘソクリへの軍資金にはこんなのがあるそうだ。

  • 税金などの還付金
  • 生命保険などの「祝い金」
  • 自分が働いた賃金の一部
  • 給料日までにあまった家計費
  • リサイクルショップに売ったお金

毎月のやりくりの中からヘソクリぶんをより分け、さらに「払ったお金の戻り」をうまく貯めているようすがうかがえる。「家庭の貯金」にすれば、旦那や子供がこれをあてにして使ってしまうのかもしれない。誰にも知られずヘソクリにすれば妻のペースでこつこと蓄えることもできるのだろう。年代が高いほどヘソクリ額も大きいのだから、きっと何十年も貯め続けているはずだ。その間見つからないようにしないといけないわけだから隠し場所も工夫が必要だ。

主なヘソクリの隠し場所

  1. タンスの中
  2. 本にはさむ
  3. 台所周辺
  4. 冷凍庫の中
  5. 実家
  6. バッグの中
  7. ネットバンキング

【出所:月刊プレジデント5月13日号】

凍らせるんかい!(冷凍庫)とツッコみつつも、「タンス預金」として定番のタンスの中というのもまだメジャーであるのが意外だった。それだけ夫はタンスの中身に興味がないということか。ネットバンキングというのも旬だ。通帳だと銀行から「記帳しに来てください」的なはがきが届いて夫にバレやすいから、入出金確認はすべてWEBで閉じてしまうほうが都合いいのだろう。

気になるのが「使いみち」である。主に子供のためや生活費の補填のためとある。さすがは良妻賢母の国だとつくづく思う。単に貯めるのが好きだからという人も4人にひとり、おられるようである。いっぽう気になるのが「離婚資金」としてのヘソクリ。定年離婚という言葉を耳にするようになったけれど、きたる日のために準備を怠らないのが妻の深謀遠慮というわけだ。夫とは別れたいが、別れたとたん路頭に迷うのもイヤということかもしれない。

そう考えると、これから景気が良くなることがあれば一緒に「離婚率」も上がるのかもしれない。雑誌には「3000万貯めたら離婚する予定です」という30代の妻が紹介されていた。あながち極端な例ではないような気がしてくる。

ヘソクリひとつにも悲喜こもごもある。

5 件のコメント

  • 隠し場所が冷凍庫とは、なんと賢いんだと感心してしまいました。冷凍食品をぎゅうぎゅうにつめこんでその奥に入れてしまえば冷たくてなかなかの探しづらさですね。現金の隠し場所として参考にさせていただきます!(^^)!
    3000万貯めたら離婚・・・リアルな数字です。
    きっと何十年計画で年金や財産分与、裁判費用、生活資金その他を計算して最低限生活保障できる金額なんでしょうね。

  • 「3000万貯めたら離婚」 なんて女性は、「アンフェアの極み」 の様な人間ですね。どんな旦那であろうと、旦那が一方的にかわいそうです。

  • この手のデータを見る度に
    己の貯金の才能のなさに愕然とするのですw
    他の事はひと通りこなせる方だと自負してるのですが(笑)
    ま、今さら人生の流儀を変えるつもりもないんで、以降も多分この方向で。
    なんだかんだ言って、そこそこ平和に楽しくやってる我が家です(口座の残高は、必ずしも楽しさと比例していませんが。笑)。

  • 金額の大きさに驚きました。

    3千万円貯めるまで我慢しながら人生を送るのって、もったいないと思います。
    そのときには既に若さを失っています。

    身の危険を感じるような状況ならば、いますぐ離れるべきですし、本気で人生をやり直したいなら、最近流行りの言葉ではありませんが、「いま」すぐ実行に移したほうがよいと思います。
    自分が決めた相手との日々の生活に喜びを見いだせないような自分なら、相手を変えたり独りになっても、やはり同じ心境の人生が続くでしょう。

    自分からは逃げられないからです。

  • どらみっちょさん、一番ゲットおめでとさまです!
    そうですか、やっぱり冷凍庫は盲点でしたね。霜とりの時に間違えて捨ててしまわないかと冷や冷やします。株やFXで、いまならへそくりが3000万円に増えた奥様もいらっしゃるかも?「アベノミクスで離婚率増加」てなことに!
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    女性はしたたかですね。離婚騒動で慰謝料を取られるのはたいていダンナ。いや、さいきんはもうそうでもないのかもしんないですが。
    ——————————-
    oreoさん、
    いろんな意識調査を見るにつけ、世帯年収が高いほど幸福度が高いわけでもなさそうですね。600万円がひとつの分水嶺になるそうです。なにもへそくりのように隠れてやんなくたって、と個人的には思うのですが。
    ——————————-
    はてなさん、
    ほんと、自分からは逃げられませんね。「金を持ち逃げしたら自分がついてきた」といったかんじで、良心の呵責に耐えねばなりません。質素で豊かな暮らしを実現するには「誠実」がなによりですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。