景気の沙汰も恋愛レート

おなじみバブル時代。
日経平均株価が3万8千円を超えた1989年。4万円に迫る勢いであった。同じころ、少しだけ東京に住んでいたぼくは、六本木で踊り、深夜タクシーの長い待ち行列に加わるひとりでもあった。夜は寝ないで遊ぶもの。またあのころは、株価相応に「恋愛レート」も高騰していたものである。

記憶によれば、当時の雑誌に紹介されていた1回あたりの平均デート代は2〜3万円。いまは8千円くらいだろうから、3倍以上したのだ。もちろんワリカンは許されない。「いい時代だった」かどうか実はビミョーだ。当時の20代男の給料なんて実は今とそれほど変わらない。ただ、使えるお金をめいっぱい使って遊んでいただけのことである。ろくに貯金もせず「金なんかなくても何とかなる」といきがり、「いつかは貯蓄ができて豊かになれる」と思い上がっていただけの似非バブラーである。いまと違うのは、それを許す空気感。笑顔で借金、悲壮感がなかった。

そういえばあのころは「イケメン」という言葉がなかった。ちやほやされるのは、男性より女性。時代は女性に売り手市場だったのだ。「3高(高収入、高身長、高学歴)」という条件は男性に対してであり、本命になれない男は、アッシー、メッシーなどと呼ばれたりしていた(実際にそんな男がいたかどうかはともかく)。デート代やプレゼント代は高騰するばかりで、恋愛至上主義な男たちは、経済的に疲弊していたのが実態だ。

女性たちをそんな風にお姫様にしていたのは40代以上の男たち。とくにカタカナ職業や金融関係、不動産関係者の、脂したたるオジサンたちである。5万円のディナーをごちそうし、一泊10万円以上のスイートルームに誘う。100万円するブランドものバッグを買い与えもした。高級車を持ち、超高級スーツに余念なし。このようにして目ぼしい女の子たちの相場がどんどん上がり、稼ぎの低い若い男たちはゲームに参加しづらい状態であった。見た目やタンジブルな要素で値踏みされることが多かったのだ。

景気が良くなれば、きっと「恋愛レート」も上がる。たとえば「エッチするまでにかかる金額」なんてのも上がるに違いない。今後、景気ウオッチャーが新たに定点観測すべきは「エッチまでの投資指標」といえよう。つまり、女性にしてみれば「簡単にヤラせない」ことがデフレ脱却の要諦である。

ということで安倍さん、4本目の矢はぜひこれで。

5 件のコメント

  • 「エッチまでの手間(時間やお金)」は、気持ちと反比例するものかと思います。気持ちが無いと高騰し、気持ちがあればタダ同然、そんなものは百年単位で分析した金の価格の様なもの、つまり平らにしてしまうと上下(凸凹)は無いも同然となり、いつの時代も「それなり」にはかかるもの、だと信じます。あんなベンツのSクラスフルオプション1台分かかるかも知れない散財、よくする気になるな、と考えることもありますし、ありました。でも、いざ目の前に出現すると、「本能のまま」にしか行動できない自分は、やはり「動物の一員」だと思う次第です(笑)。

  • バブル世代の人は、そのまま虚構の気分を引きずり続けている人と、現実を受け止めて新たな一歩を踏み出している人に大きく別れるように思います。失われた10年世代の私は、どうしても前者とは世界観が噛み合ず苦労してます…

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    なるほどですね。いつの時代もそれなりにかかる。それから「恋愛偏差値」もやはりあって、差があれば低いほうが高い方へかける費用もそれなりに(笑)つくづく同僚さんの「本能のまま」の行動には圧倒され敬服しています。あれは真似できないなあと。
    ——————————-
    riesenmausさん、
    そうかもしれません。虚構の気分を引きずり続けているひとは、ぼくも思い当たるところ(人)があります。ひとはそれぞれに「思い出は美しい」のかもしれません。囚われ手前に進めないんじゃ、まずいとおもいますけど。

  • 景気は恋愛で費やす金額に最も反映されますね、確かに!

    バブルがはじけた以降の時代を過ごした若者は、お金を使うことに対してとても慎重な方が多いですね。

    振り子と同じで、中心点から動いた同じ分だけ反対側までぶれるのだと思います。
    次は、前回より少し少ない反対側へ。
    そうやっていろいろなことを、ベストな道はどこなのか、振り子がピタリと止まる中心点を人類全体で模索しているような気がしています。

  • はてなさん、
    振り子の例はぼくも好きで「迷ったらやる」の後押しにしていました。慎重になる心理の裏には「いまの満足度が高い」ということもあるかもしれません。だとしたら悪いことでもないのかも?と考えるのが思考の陷穽ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。