スリランカは日本の恩人

ジャヤワルダナ氏のことを知ったのは、それほど昔ではない。90年代中ごろ、たまたまとっていた雑誌の記事に目がとまったから。記事には元スリランカ大統領が亡くなり、遺言通りその角膜が臓器提供されたと書かれていた。それも片方はスリランカ人に、もう片方は長野に住む日本人に提供したと。短い記事だったし、当時のインターネットはそれほど情報が上がっていない。いったいなぜ元大統領が日本人に角膜を提供したのか知るべくもなく「過去、日本人に世話になったことでも?」くらいしか思わなかった。

だけど後日ぼくは自分を恥じることになる。
日本に恩があるどころか、日本にこそ彼に恩があった。ジャヤワルダナ氏は、第二次大戦後あわや分割占領されそうになった日本を、そうならないよう救ってくれた恩人である。

よく、ドイツは分割されたのになぜ日本は分割されなかったのか?などと言われる。戦後ドイツはアメリカ、イギリス、フランス、そしてソビエト連邦に分割、首都ベルリンも不公平にならないよう4カ国に分割された。アメリカ領、イギリス領、フランス領は西側陣営としてひとつにし、ソビエト連邦との境界線がそのまま国境となる。西ドイツと東ドイツ、西ベルリンと東ベルリンに。


▲ 東西ベルリンを分割するベルリンの壁。1985年、このかべにおしっこをひっかけたのはほかでもない、ぼくだった。国境警備兵に双眼鏡で睨まれてびびったけど

そして東西冷戦時代、そこは常に南北朝鮮とともに最前線であった。第三次世界大戦があればまっ先に戦場になると。日本はそうならなかった。アメリカのおかげで、というのが通説である。加えて、ドイツは戦争末期、最高責任者ヒトラーが自殺し、閣僚は拷問を恐れて自殺するか逃げ出した。これに対し日本は天皇をはじめ、政府閣僚がそのまま残り戦後処理にあたれたから、という説をぼくは信じていた。


▲ 戦後4カ国に分割占領されたドイツ

1942年はじめ、絶頂期にあった連合艦隊(日本海軍)は英軍を追ってインド洋に入った。イギリス海軍のアジア拠点はシンガポールスリランカコロンボ。前者は陥落させた。残るはコロンボ空母5隻から飛び立った爆撃機コロンボとトリンコマリーの英軍の軍港を襲い、上がってきた英軍戦闘機をゼロ戦が片っ端から撃墜していった。


セイロン沖海戦で日本の艦載機によって沈められる英国海軍空母ハーミス

ジャヤワルダナ氏はこの空襲をみて「ジャヤ・セーナ(勝利の戦士)がついにやってきた」と思った。スリランカには古くから、ジャヤ・セーナが東のほうから来て仏教を助ける、という言い伝えがあったからである。当時のスリランカはインドと同じくイギリスの植民地で、人々は家畜のようにこき使われていた。憎きご主人大英帝国。だが、とてもかなわない相手である。そんな大英帝国軍を、東から飛来してきた日本の飛行機が、バタバタとやっつけている。煙る空を見上げながら、このときジャヤワルダナ氏はスリランカの独立の好機と考えた。

1945年、矢尽きて日本は敗けた。
スリランカは他のアジア諸国と同じく独立した(1948年セイロンとして)。宗主国であるイギリス軍やオランダ軍を、同じアジア人である小さな日本軍がやっつけるところを直接目にしたことが、やはり大きかった。敗けた日本はまな板の魚も同じ。連合国から不当な裁判を受け、その身をさらしていた。サンフランシスコ講和条約は、戦後の日本をどう料理するか決めるわけだが、さっそくソビエト連邦は日本の主権制限案を提案してきた。ドイツのように分断してしまいたかったのだろう。「日本が二度と歯向かわないよう弱くさせておく」のが参加国の共通するところだった。もちろん「平和」「民主主義」などという言葉でやわらかく覆いながら。


戦勝国によって計画されていた日本分割

ジャヤワルダナ氏はスリランカ独立後、初代蔵相としてサンフランシスコ講和条約に参加。そこで15分もの演説をした。名演説であった。一部を抜粋したので、ぜひ読んでみてください。長いが、ぼくたちには読む義務があると思う。


▲ サンフランシスコで演説するジャヤワルダナ氏

「アジア諸国民が日本は自由でなければならないということに感心を持っているのはなぜでありましょうか。それは日本とのわれわれの長年の関係のためであり、そしてまた、アジアの諸国民の中で日本だけが強力で自由であり日本を保護者にして盟友として見上げていた時に、アジア隷従人民が日本に対して抱いていた高い尊敬のためであります。私は、アジアに対する共栄のスローガンが隷従人民に魅力のあったこと、そしてビルマ、インド及びインドネシアの指導者のあるものがかくすることにより彼らの愛する国々が解放されるかもしれないという希望によって日本人と同調したという前大戦中に起こった出来事を思い出すことができるのであります」

「空襲や東南アジア軍の指揮下にある膨大な軍隊の駐屯及びわれわれが連合国に対して天然ゴムの唯一の生産者であった時、われわれの主要商品の一つであるゴムを枯渇せしめたことによってもたらされた損害はわれわれに対してその賠償を請求するつもりはありません。何故ならばわれわれは、そのメッセージがアジアの無数の人々の生命を高貴ならしめたあの偉大な教師の言葉すなわち『憎悪は憎悪によって消え去るものではなく、ただ愛によってのみ消え去るものである』という言葉を信ずるからであります。それは偉大なる教師であり仏教の創始者である仏陀のメッセージであります」

「故にこの条約の目的とする所は、日本を自由にし、日本の回復に何ら制限をも課さず、日本が外部からの侵略及び内部よりの破壊に対して自らの軍事的防衛力を組織するようにすること、そうするまでには日本防衛のために友好国家の援助を要請すること並びに日本経済に害を及ぼすようないかなる賠償も日本から取り立てないことを保証することであります」

この演説を各国の新聞はそれぞれ、こう紹介した。

  • この会議最高の歴史的発言(ソルトレイク・トリビューン紙)
  • ジャヤワルダナ氏こそ、最も才能あふれるアジアのスポークスマン(タイム誌)
  • 世に忘れ去られようとしていた国家間の礼節と寛容を声高く説き、鋭い理論でソ連の策略を打ち破った(サンフランシスコ・エグザミナー紙)

サンフランシスコ講和条約のあと、まっさきに日本と国交を結んだのはスリランカだった。ジャヤワルダナ氏はこのあと、大統領に就任する。生涯日本を愛したジャヤワルダナ氏は、明治時代に日本を訪問し、明治維新をモデルにして自国の独立を図ろうとしたダルマパーラ僧の意志をも引き継いでいたと言われる。

スリランカは子どもたちにジャヤワルダナと日本が自国の独立に寄与したことを教えている。が、もちろん、日本の子どもたちはそんなことは知らない。大人たちもあまり知らない。メディアも教科書も親日国のことはあえて出さず、日本が嫌いでしかたのない国の言葉ばかりを紹介する。日本を責めてばかりの国は「我々アジア諸国は・・」と主語を間違う。ぼくたちも勘違いしてしまいそうになるが、「我々」とは中国と韓国、北朝鮮だけである。新聞もそのあたり、記事の校閲はしっかりとしてもらいたい。


▲ 晩年のジャヤワルダナ氏

ジャヤワルダナ氏が自らの角膜を臓器提供したかったのは、自分の代わりに祖国スリランカと日本の未来を見届けたいという思いからではないか。だとすれば、今の日本は氏にとってどんなふうに映っているのだろう?

10 件のコメント

  • ジャヤワルダナ元大統領の記事、ありがとうございます。僕は欧州生まれ育ちなので、当然と教育上、日本史又はアジア史など教わる事は無かった。時間があれば、自習レベルで探らなければ、ほぼ外見のみの日本人にしか成らなかっただろう。歴史は得意ではないが、歳と共に知っておくべき歴史は増えると思う。又、忘れる部分も多く、想い出す為だけでも、なおきんさんのはてなdiaryはありがたい。仕事ボケの脳みそに良い刺激を与えられるので感謝しております。

  • なおきんさん、ジャヤワルナダ氏の話を教えていただきありがとうございます。まったく知りませんでした。目からうろこの話でした。感謝します。

  • 以前の職場で『世界史』を教えるため、ほぼ独学で世界史を勉強し、資料を作っていたのですが、その際も近代史になればなるほど資料が少なく感じ、ネット情報等を駆使し作成したのを覚えています。
    そのときにジャヤワルダナ氏のことを知りました。当然、受験のための世界史にはあまり重視されない人物だったのですが、ネール氏やチトー氏同様、いやそれ以上に関心を抱いた人物でした。講義の合間に『雑談』として紹介したりしましたが、やはり日本にとって重要な人物はしっかりと紹介していきたいものですね。

  • 寿司屋のセガレさん、一番ゲットおめでとさまです!
    >「仕事ボケの脳みそ」って!? ともかくなんらかの刺激が与えられて光栄です。ヨーロッパ諸国では歴史の授業に日本が登場することはまずないでしょうね。あえて言えば第二次世界大戦くらい。真珠湾攻撃と原爆投下。中国と韓国の歴史教科書は、ものすごく紙面を割いて日本を紹介。それも残酷無比、恥と暴力にまみれた国として。ひどいですね。あまりにひどいので次の記事でビシッとやります。
    ——————————-
    lexkenさん、
    スリランカ、ときいてその場所もよくわからない日本人も多いかもしれませんね。でも人々は仏教徒で同じ仏教国である日本にとても親しみを持っています。結局はその国の教科書で子供達になにをおしえているか。対日感情はこれにつきますね。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、
    ジャヤワルダナの演説は戦後、再び独立国として再スタートできた大きな要素ですが、文科省の学習指導要領からはたぶん省かれているでしょうね。mu_neさんのように独自に勉強して生徒に教えるという気概のある先生がいなければ、子供たちも知る由がありません。いっぽう「アジアに迷惑をかけた」の一点張りの日教組教育が、どれほど中韓の反日教育を冗長させたことか。残念でなりません。

  • naokinさんのブログを読ませていただき、感銘をうけました。
    ありがとうございます。
    知らないことを教えていただいたり、思いの深さにも感動しました。

    実は、先日1月13日にTV番組「ジパング」でスリランカ特集が放映されました。スリランカが知られざる親日国として紹介され、サンフランシスコ講和条約会議でのジャヤワルダナ氏の演説が、日本とスリランカの縁として取り上げられていました。スリランカは仏教国として日本とよく似た国民性を持ち、丁寧なモノづくりで発展しているそうです。日本は南西アジアの国とも協力して、共栄していきたいと思いました。

    naokinさんのブログは、ジャヤワルダナ氏を検索して知りました。
    数々の素敵なブログを拝見し、感動しながら読ませていただきました。ありがとうございます。

    naokinさんのブログをFacebookで紹介させていただいてもよろしいでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    広島県尾道市在住 モリサコ

  • モリサコさん、初コメントありがとさまです!
    ここ最近、この記事へのアクセスが多いのでどうかしたのかな?と思ったらTV番組でスリランカが特集されていたのですね。ベトナムやミャンマーもそうですが、仏教国の人たちは穏やかでおとなしく、それでいて我慢強くて先が器用という共通点がありますね。また、どこかの国のように身のほころびを日本のせいにして責めたりせず、謙虚にフェアに接しようともしてくれてます。ぼくたち日本人も知らない日本の良さをそっと教えてくれもします。Facebookでの紹介、もちろんOKです。ありがとうございます。

  • 私もテレビ東京の未来世紀ジパングで見ました。ここに来て演説の内容を知ることができてよかったです。スリランカはインド進出の拠点として今すごく注目されているとか。テレビ東京は和風総本家とかガイアの夜明けとか、日本人に勇気を与えてくれる番組が多いですね。

  • すずきさん、コメントありがとさまです!
    未来世紀ジパングで放送されていたのですね。このごろこの記事のアクセスが増えたのでどうかしたのかな?と思ってました。テレ東はなかなかいい番組を作りますよね。オンデマンドの契約をしておきながらほとんど見てなかったのですが。
    ——————————-
    ともえさん、初コメントありがとさまです! 文章長くてすみません。にもかかわらず、読んでくれてどうもありがとう!

  • 2013年にこのブログを読んでスリランカに行きたいとずっと思っていて、今月やっと行きます。いい旅して、いい写真を撮って、ジャヤワルダナさんのことも一緒にfacebookにUPして、スリランカに興味のない誰かが「へーっ!」って思ってくれれば今回の旅は成功かな。大学生のときにスリランカからの留学生の友人が1人いたのですが、当時私はもちろんそんな歴史も知らず、スリランカに興味もなく、「日本の学生はバカだなあ・・」って思われていたでしょうね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。