日本はアジアからどう見られているのか?

まわりからどう見られているか?

そういうことに無関心でいられないのが日本人。みっともないことを恥じる気持ちもそんな国民性かもしれない「恥の文化」の国民性。周囲の評価をいちいち気にするタイプである。

だからこんな調査もある。
アウンコンサルティングがアジア10カ国、それぞれ100人におこなった意識調査である。

  • 日本人が好きですか?

ほぼ8割前後のひとが日本人を「大好き」または「好き」としている。中国がほぼ半々、韓国は4割。

  • 日本が好きですか?

ほぼ8〜9割のひとが日本を好きとし、なかでも「大好き」を選んだひとが5割を超える国が3カ国ある。中国は過半数以上、韓国は4割以下。

  • 日本に旅行に行きたいですか?

ほぼ9割のひとが「とても行きたい」または「行きたい」を選択している。中国も6割を超える。韓国は一番低い結果だが、もっとも日本に訪れる外国人1位である。

  • 日本商品・サービスは好きですか?

ほぼ9割のひとが「大好き」または「好き」を選択。中国ですら8割。韓国は7割以下。

ぜんたいを通じて、アジア各国はほぼ日本に対して肯定的。思ったより中国人の評価も高い。韓国人はあいかわらずといった感じである。調査時は2012年だが、今ならもっと低い気がする。

これはもう戦時中、日本人は朝鮮半島でよっぽど悪いことをしたに違いない。だからいまでも恨まれているのだろう。というのが欧米人の感想である。従軍慰安婦がそうだし、かつて植民地にしていたのだからと。これは日本人であるぼくたちの中にもいる。いまもいるし、90年代はもっといた。

日本が朝鮮半島を併合したのが1910年。以来1945年の終戦まで日本が統治した。よく韓国人が「日帝35年」と呼ぶのはこの期間をいう。

植民地といえば、宗主国が現地人を奴隷扱いし、土地のものを搾取するのがふつう。だのに日本は逆だった。当時の金額にして21億円、いまの価値で63兆円もあった。一日あたり45億円もの国家予算を朝鮮半島のためにつかっていた。食糧増産、道路や鉄道、エネルギープラント、学校、病院、工場、植林などである。

以下は結果である。

投資の結果があらわれていると見るほうが自然だ。食料が増え、病院ができて死亡率が減れば人口は増える。学校ができれば識字率は上がる。インフラを整え生産拠点を増やせば工業指数は上がる。それだけのことである。外国人がやってきて、自分たちは二流国民扱いされたかもしれない。反体制運動をして警察に捕まったかもしれない。だが大局を見ればわずか35年でここまで発展していった。工業指数の伸び率などは日本国内を大きく上回っていたくらいである。

史実がどうあれ、国民感情は教え方ひとつで大きく変わるのだなあと思う。韓国と同じように統治されていた台湾人の対日感情をみてつくづく思う。数十年にわたって、もっともお金を使い努力を費やした国にもっとも恨まれるという皮肉。加えて戦後、日本はさらに膨大な賠償金を韓国に払い、よくもわからず謝罪までした。それも韓国側が「カネを払い謝れば、もう金も謝罪も要求しません」と約束してきたから。

ちなみに、以上の調査は韓国のメディアでも紹介された。他国の日本への評価に信ぴょう性を疑うコメントが書き連ねてあるようだ。




4 件のコメント

  • まいどです。
    教育、思想、事大主義が大きいのでしょうね。
    なぜ反日教育をするのか?
    プライドが高く、現実(過去)を認められないので、その反動なのかと思います。
    あとは、自分の悪事を他者を責めることで誤魔化したい。
    そんな心理なのかもしれません。

    私も親戚に援助をして、恩を仇で返されたことがあります。
    どうやら私に対してものすごいコンプレックスを持っていたようです。

    私から見たら相手のほうがよほど私より優遇されていたと思うのですが、そんなことすらわかっていないようでしたから、まさに隣の芝は青く見えたのでしょう。

    具体的には旦那が病死(マンションの団体生命保険解約してやがった!)して、子供を抱えて路頭に迷ったので、私の名前で家を銀行ローンで買って欲しい、家賃もローン額(相場の半額以下)にしてほしいといわれて、そのようにしたんですけど、いつの間にか話が逆転していて、私が無理やり家を買ってやるから住めと言ったので我慢して住んでやってるとか、大家なのに何もしないとか、税金を誤魔化しているとか、犯罪者呼ばわりされてました。
    他の親戚から聞きました。
    他の親戚から距離を置かれているわけがそのとき分かった。
    間違いを指摘しても自分は間違っていないと絶対に認めませんでした。

    自分が住んでない住宅のローンで税金の住宅控除なんて受けられないんですが、その分を得しているのに還元されないと思っていたようです。
    その人、何年も宅建の勉強をしてたんですけどね(当然不合格で挫折)。

    無効から絶交状を送ってきましたので、その家は売却して絶交しました。
    今頃は新しい家主と世間相場の家賃を払っているか、お引越ししたことでしょう。
    可哀相ですが、その人が自分でまいたタネですから仕方が無いと思ってます。

    次にあうとしたらお葬式かな。親の世代はもういないので、しばらく先。
    周りに反面教師が多いと鍛えられますわ^^;

  • この結果は日本で報道されているのでしょうか?日本人の自信につながると思うのですが・・
    他人を妬んだり、羨んだり、疲れると思うのですが民族性なのでしょうか?毎日のように反日デモを起こしているにもかかわらず国交を断絶するわけでもなく、どうすれば気が済むのか見えなくなってきました。北朝鮮とはいまだに戦争中にもかかわらず日本を仮想敵国とするなど、どうしたいのでしょうか?
    今となっては、福沢諭吉の先見の明に驚かされるばかりです。

  • 日本が嫌いなのに日本に行ってみたいと答えた人達が興味深いです。
    日本を嫌うように教育された顕在意識と、ほんとは何か気付いている潜在意識の差が現れてるのでしょうか。

    自国の国民に思い込ませる労力って相当なものなんだろうなぁ。いつまで続けるつもりなんでしょうか。

  • ムインさん、一番ゲットおめでとさまです!
    なかなかするどいコメントですね。またご自身の体験談にもうならされました。自らのコンプレックスを他者を責めることで埋め合わせようとする行為は、いろんなケースでみることができますね。ムインさん、いろいろたいへんでしたね。よくがんばられたと思います。
    ―――――――――――――――
    おととさん、
    はい。調査会社は自らのHPで結果を公表されています。もともとアジアへ進出される企業向けに提供した調査のようです。http://www.globalmarketingchannel.com/press/2012110602
    韓国には多くの北朝鮮工作員が紛れ込んでて、矛先を自分たちでなく日本に向けさせるよう示唆しているようですね。まあそれでなくても「日本生意気」というコンセンサスがあるから工作に乗せられやすいのでしょうが。
    ―――――――――――――――
    はてなさん、
    ホントですね。好きと嫌いは同じだけエネルギーを使うということでしょうか。反転すると「日本大好き!」てなことに。あのパク大統領もとある始球式でアシックスのスポーツシューズを履いて登場してましたね。やれやれ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。