アンネ男は習近平の差し金!?

アンネの日記』などを図書館や書店でやぶっていたという容疑者が逮捕された。

30代無職の男。犯行の理由を「アンネの日記はアンネ自身が書いたものではないことを批判したかった」と供述している。つまり以前のイラ写記事でいう2番目の仮説。ユダヤ人陰謀説のひとつで、日記はゴーストライターとして父親が書いたのでは?というものだ。でも、だからといってページをやぶる根拠にならない。またはじゅうぶんでない。だいいち被害にあった書籍は『アンネの日記』だけではない。アウシュビッツ収容所で殺された少女の物語『ハンナのかばん』や杉原千畝の伝記本なども被害を受けた。共通するのはゴーストライターではなく「ホロコースト」である。

ピンと来たのは、2014年2月下旬の習近平のドイツ訪問。習近平は訪問前から「ホロコーストユダヤ人大量虐殺)記念施設を訪問したい」とドイツに打診していた。ねらいは対日包囲網。メルケル首相といっしょに日本を非難するというもくろみである。

ナチスの歴史を深く反省し罪を認めたドイツ」と「軍国主義と侵略の歴史を反省しない日本の指導者」(共に中国外務省)との違いを浮かび上がらせ、日本への国際圧力を強めたい考えとみられる。【msn産経ニュース 2014.2.25より】

ドイツ側はさっそくこの意図をよみとり、ホロコースト記念施設への訪問を断った。日中のいざこざにまきこまれたくなかったのだろう。それにホロコーストはドイツにとっては蒸し返されたくない話題である。習近平は日本を貶めたいという意識が前のめり、ドイツ側の心情を酌量する余裕がなかったのだろう。

もしホロコースト記念施設へ訪問し得たならば、習近平は現地から「日本でホロコーストの歴史を否定する動きがある」などと、安倍政権の右傾化をほのめかせ、おきまりの「国際秩序を乱す日本」を非難してみせるというシナリオだったのかもしれない。

2月中旬 被害が国内マスコミで大きく報じられる
2月20日 米ユダヤ団体、サイモン・ヴィーゼンタールセンターが抗議
2月21日 米NYタイムズ、米WSJ、英BBC、英ガーディアンが相次いで報道

海外の報道は「一部の国家主義者が、戦時中の日本の行動を正当化しようとしている」などと報じ、日本の右傾化を懸念していると書く。言うことがなんだか中国のそれとそっくりである。図書館や本屋にあるホロコーストに関する本が何者かに破られた。それをどう想像力をたくましくすれば「日本の右傾化を懸念」することになるのか?

そして、場が温まったところで
2月25日 習近平のドイツ訪問 である。

これはたまたまか?お膳立てか?

ともかく、ドイツは習近平のねらう反日協力に応じてくれずじまい。目的が果たせなかった以上、いつまでやってもしかたないのでとりあえずクロージングである。けど、ただちにやめさせるとシナリオがバレちゃうから、そっと収束させることに。

3月 9日 容疑者が逮捕される
3月15日 容疑者が再逮捕

このことを各国メディアはどう報じたか? それどころか、もはや興味ないといったかんじではないか。本来なら「犯人の動機の究明を!」などと騒いでおかしくないはず。たとえば英ガーディアン紙などは、「ショックだ」「これが起きている理由とこのような破壊的な行動で犯人は何を達成したいのか非常に知りたい」という、アンネ・フランク博物館の館長の言葉を用いて報じてたのだから。

というわけで、前の記事の答えとしては「2.」の仮説にみせかけた「1.」 ではないかとぼくは思う。

被害のあった図書館には多くの贈本が、一般市民やイスラエル大使館、アンネ・フランク博物館やユダヤ人団体から寄せられた。1. の目的は達せられず、むしろ美談が生まれた。反日包囲網も頓挫した。仕掛けた者たちからすれば「失敗」ということになるだろう。

以上はぼくのただの仮説である。
深層はまだ闇の中である。

博物館 館長のいうとおり、事件の真相を
ぼくも「非常に」知りたい。

4 件のコメント

  • お久しぶりです。

    違和感たっぷりの事件でしたよね、私も真相を知りたいな(^^)
    最初、破られたのがドイツに限られた書籍だったみたいだから、日本にこういうことをする人がいたっていうのに驚きました。だから「日本の」右傾化を懸念といっても、なんかピンとこなかったですし。破られた書籍が隣国関連だったら別なのですが。

    あと記事を読んで気付かされたのですが、事件を報道する時、犯人と確定した人物の氏名・職業を伏せることもあるのですね。それはもしかしたら思想犯かも知れないからでしょうか?関係ないかな(笑)

  • 「アンネ男」という時点で、噴くぐらい怪しいですよね。
    精神鑑定という話も出てるようで、ますます怪しい。そういえば、カムイ外伝にも、キチガイのフリをして世の動静を見守るキャラが居たね。キチガイは無敵ですよね。
    間者が世を忍ぶために装うにはモッテコイですな。
    人権派の弁護士を通じれば中共とのコミュニケーションもこと欠かない
    この話、アリとみました。

  • なおきんさんの推理に驚きました!
    辻褄がぴたりとあう感じがします。
    ものすぐく納得できます。
    当たっている気がしてなりません。

  • こんにちは、なおきんです。
    今回の事件を勘案し、安倍さんはオランダついでにアムステルダムのアンネ・フランク博物館に立ち寄り、中国を牽制しましたね。これはなかなかうまい外交だと思いました。ということは、ぼくの思いつきのこんな仮説もあながち外れてはなかったのかなと。
    ―――――――――――――――
    ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!
    お久しぶりですね! この事件、結局うやむやで終わってしまいそうです。いま捕まった容疑者がやったのはごく一部で、犯人は別にいそうです。たぶん「ナニ人がやった?」はどうでもよく「だれに指示されたか」がこの事件の要諦でしょうね。だいぶ経ってから「実は・・」みたいな報道が紙面に踊りそうです。
    ―――――――――――――――
    Alinamin2011さん、
    伏字なくキチガイを連発してすごい!(ぼくも伏字ないけど)人権派の弁護士!おっしゃるとおり韓国の人権弁護士に通じていたりと、アヤシイです。従軍慰安婦問題の反日広報にもずいぶん寄与してました。民主党時代はおかしな法案を通そうとしていたり、あわや!という寸前で政権交代、事なきを得た経緯もありましたね。
    ―――――――――――――――
    はてなさん、
    まああくまでも仮説なので、引続きウオッチしていきますね!でも安倍さんあたりは、中国の仕業だろうなあと思っているフシがあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。