ホテル アルバート・プレミエ

f:id:naokin_tokyo:20140712172943j:plain

アルジェリアのビザを取るためには宿泊先のバウチャーが必要だ。旅は出たとこ勝負がおもしろいのだけど、仕方なくネットで予約したホテルに泊まることにした。それを知ってか、外国で予約できるホテルは高めに設定されている。基本的に貧乏旅が性分なので、ふだんは5000円前後の部屋しか泊まらないぼくも、消去法で3ツ星ホテルを予約した。ホテル・アルバート・プレミエ。かなり老朽化したホテルである。ただ立地は素晴らしい。アルジェの町の中心にあり、部屋のバルコニーから港のドックが見える。

f:id:naokin_tokyo:20140712172431j:plain
▲ バルコニーのドアは青く、ねんきのはいった埃が積もっていた
f:id:naokin_tokyo:20140712172534j:plain
▲ カーテンはオレンジ。その先には港が
f:id:naokin_tokyo:20140712172713j:plain
▲ 天井にはシャンデリア。重みで天井側にヒビが・・
f:id:naokin_tokyo:20140712172816j:plain
▲ 409号室 思えば縁起の悪い番号である
f:id:naokin_tokyo:20140712173040j:plain
▲ 部屋の照明はもちろん、カードを差し込むタイプではない
f:id:naokin_tokyo:20140712173135j:plain
▲ 歓迎の花束がうれしい。枯れてなければだけど。
f:id:naokin_tokyo:20140712173244j:plain
▲ 空っぽの冷蔵庫が鎮座する
f:id:naokin_tokyo:20140712173424j:plain
▲ 20時間の長旅で、知らぬ間にスーツケースと並んで昼寝していた
f:id:naokin_tokyo:20140712173543j:plain
▲ シャンプーは備え付けでなく持ち込みで
f:id:naokin_tokyo:20140712173638j:plain
ラマダン対策にと持ち込んだ食料。日本人で生まれてよかった。だけどもったいなくて食べれないのが貧乏性
f:id:naokin_tokyo:20140712173827j:plain
▲ 旅はまだまだ続きます

5 件のコメント

  • 無事に到着され、よかったです!
    バルコニーから港の見えるステキなホテルなんですね、でもシャンデリアが落ちてきませんように。
    さんまの蒲焼はおいしいですよね~、わたくし的には最近はサバの水煮缶です、青魚は体にいい!
    どうか無理せず、穏やかに、ゆるやかに。。。

  • 今日も無事生存確認できほっと胸をなでおろしています、もう心配で心配で。。。
    とにかく傷ひとつ負うことなく無事にお帰りになることだけを願います。
    少しでも傷つかれたらそれこそ「嘆きのマリア」になっちゃうよ。。。
    まりあのコメント、けむたがられるかなぁと思いますが、少しでも読んでいただけたらそれでいいです、読んだら全部削除しておいてください。
    どうか倒れませんように。。。
    お気をつけて。。。

  • あぁ!?削除してと書いたとたんに非表示だったコメントを表示するとは!?
    あまのじゃくですねぇ、なおきんさん、笑。
    不思議な世界の美しさに感動しております。
    でも、命がけの旅ですね~、頑張ってくださいね~。

  • まりあさん、一番ゲットおめでとさまです!
    めっせーじをありがとうございます。ささやかな旅ですけど、メッセージが支えになりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。