50年前の日本人が今の日本を見たら?

f:id:naokin_tokyo:20141012115404j:plain

10月にはいってから「新幹線50周年」「東京オリンピック50周年」ということばをあちこちで目にするようになった。50年前の風景が映し出され、あのころの日本は躍動感があり人々は希望にあふれていたようなイメージが伝わってくる。

1964年、昭和39年というのはちょうどぼくが生まれたころである。幼すぎてよく覚えていないが、五輪のペナントが貼られた部屋で母親に抱かれている自分の写真をみたことがある。なつかしいといえば、なつかしい。だけどまだ生まれてもいなかったテレビキャスターの「あのころの日本は良かったですよね」などというコメントには、さすがにどうかと思う。

おそらくは映画『Always 三丁目の夕日』などの影響もあるのだろう。下町の熱いヒューマニズム、高度成長まっただ中の「明日は今日よりも良くなりそう」という希望と期待感。そんなものが入り混じり良くみえるのかもしれない。だけど、昭和30年代はそんな甘いもんじゃない。あのころといまを比べれば今のほうがはるかにマシである。だれがなんと言おうとも。

まず公害がひどかった。各社の工場は海に廃液を流し、メチル水銀を川に流した。工場の煙突から上がるばい煙、クルマの排気ガスに大気は汚染されまくっていた。各国で核実験がおこなわれ、原発事故並みの放射性物質がふりそそいでいた。粉ミルクにはヒ素が含まれ、ジュースやお菓子にはチクロやズルチンなどの添加物がふつうにはいっていた。どぶ川は悪臭を放ち、アズベストが使われた建物が普通で、くみ取り式のトイレがほとんどであった。あわせて不潔が原因で命を落とす人も大勢いた。赤痢の死亡者はいまの1000倍、性病で亡くなる人は毎年2000人はいた。また国民の4割は寄生虫に感染していたし、たいていどの家にもネズミがいた。だからネコが飼われた。新生児の死亡率はいまの20倍も高く、八百屋で売られている野菜にはたっぷり農薬が散布されていた。いまのひとからみれば「これが日本?」と、信じがたいかもしれない。もともと「安全で清潔な日本」というのは神話だったのかも?と思うことだろう。

さいきんでこそ個人情報への留意がかまびすしく、ベネッセ社の漏洩事件を史上最悪などと騒ぐが、少し前までは電話登録者全員の住所と電話番号が記載された「50音電話帳」がもれなく家庭に配られていた。わが家専用の電話番号が得られる権利は、それを公開するという義務とセットだったのだ。もっとも「向こう三軒両どなり」な近所づきあいは互いのプライバシーなんてないもひとしかった。だから安全、という考え方もあるけれど、たいていは自慢とヒガミの応酬、誹謗中傷のネタとなり争いもまた深刻だったのだ。

14インチの質の悪いモノクロテレビが17万円(物価換算で200万円)もし、カラーテレビはその倍はした。庶民が楽しめる数少ない娯楽だった映画館に行けばタバコの煙で画面がくもり、目にしみた。「東映まんがまつり」なのに子どもたちは受動喫煙に耐えねばならなかった。

f:id:naokin_tokyo:20110924105733j:plain

▲ 昭和40年ごろの自宅の風景でオカンと.テレビはまだモノクロで、こんなふうに足がついていた.右に写り込んでいるのはガスストーブ. 今では考えられないほど危険な暖房器具だった

50年前の日本人が、いまの日本のなにに驚くだろう?と想像してみる。スマホやパソコン、ネットやクルマなどのテクノロジーに?それとも人々の清潔な身なりと空気のキレイさ、川や海の透明度に?ビルや建物の美しさに感激し、どれも清潔で安全が整っていることに失禁しそうになるかもしれない。

でも一番おどろくのは、人々が静かになったことじゃないだろうか? 道行く人があまりしゃべらず、笑っていないことにも。おこないやふるまいを制するルールが多様多重化していて、息がつまるかもしれない。

いいこともあるし、悪いこともある。
それはいつの時代にもある。50年前の人々の目を通じて覚えるおどろきは、いまぼくが持つおどろきに似ている。いまなにに感謝し、きゅうくつに感じているのかをも。

6 件のコメント

  • お母様と一緒のお写真とその横のメモに、なおきんさんの原点を思いました。
    テレビでなくカメラ目線なのがいいです。
    メモはお父様の残されたものでしょうか?
    アサヒペンタックス、フジカラーN64はわたしの父の記憶にも繋がります。
    昭和の東京の下町で生まれ育ちましたが、確かに『むこう三軒両隣』にあまりいい記憶がありません。それでも、幸せだったと思えるのは、たくさんの可能性を信じさせてくれた社会があったからでしょうか?
    それが、あくまでも可能性に過ぎなかったと後日気づくことになるにしても。
    感謝もきゅうくつも表裏一体かもしれません。

  • まあ、個人の場合でも昔の思いでは美しいところだけが残って、苦しかったり、都合が悪かったりすることは記憶から抜け落ちてしまうのと同じ理屈かもしれません。
    僕もさいきんはつい若い人に昔話をしてしまいますが、つい話が古き良き時代風になってしまいます。そんなわけないんですけどね・。
    ところで、1964年前後というと、「鉄腕アトム」がアニメで放映され、翌年からは「サンダーバード」が日本でも放送されています。僕はアトムのアニメを大人になってからみましたが(1歳の頃、人形は持っていたらしいが、記憶にない)あれの設定は21世紀の初め頃(つまり今)らしいです。サンダーバードはまだ50年ぐらい先らしいけど・・。50年前の人が今の日本を見たら・・、10万馬力のロボットや、エアカー、宇宙船はまだないのかあ~、と思うかも。技術進歩は一律に進むわけではないのでしょうね・。
    でも、なおきんさんがおっしゃるように、一番驚くのは無表情で整然と歩く、ロボットみたいになった人々に対してかもしれませんね。

  • 公害問題は、全く同意ですね。人々が静かになったというのも、そういう感じがしますね。お行儀がよくなった。同時に、気軽に声をかけることをしなくなった。あと、これは私の気のせいかもしれないですが、精神的に打たれ弱い人が増えたことないでしょうか?私の育ちが下賎だからなのか、ちょっと仕事がきつかったり、怒鳴られたりしたら、立ち直れないくらい落ち込む人が増えたような。若い人だけじゃなく、結構オッサンでもそういう感じ。
    人々の逞しさに関しては、昔の方が私は好きですね。

  • もぐさん、一番ゲットおめでと様です!
    お返事が遅くなってすみませんでした。もぐさんのお父さんもまたカメラ好き、写真付きだったのですね。「たくさんの可能性を信じさせてくれた社会」<たしかにそうですね。

  • うさぎくんさん、お返事が遅くなってすみませんでした!そうなのかもしれませんね「想い出は美しすぎて・・」たしか八神純子が歌っていたような。アトム、サンダーバード、どれもなつかしいです。50年前には想像もできなかったことが実現していたり、いっぽうでまったく実現できていなかったりしますね。身体は思った以上に健康、でも心は?といった感じでしょうか。

  • Alinamin2011さん、コメント返し遅くなりましてすみません。そう、ヒトコトで言えば「他人をより信用しなくなった」のかもしれませんね。表札のないマンションとかも増えましたし。それからコンプライアンス云々という無菌状態は人々から免疫を奪ったかもしれない気もします。今昔一長一短物語ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。