なおきんのアカスリ体験

f:id:naokin_tokyo:20090102032730g:image

初めて「アカスリ」なる言葉を聞いたとき、正直ばっちいなと思った。 だって垢ですよ、垢。 不潔じゃないですか。

ここ韓国ではそんな「アカスリ」を商売にする人たちがいるらしい。 こともあろうに、他人の垢をタワシタオルでこすって落とすことを生業としているのである。 これってどうなのか? 親は悲しんだりしないのか?
もしかしたら「アカスリ」は、1940年代末から50年代にかけて吹き荒れたマッカーシズムの影響なのではないだろうか?と思うことがある。 ローゼンバーグ事件やベルリン封鎖中華人民共和国成立、そして朝鮮戦争。 じわりと押し寄せてくる共産化への恐怖。 その過剰防衛が自由諸国をして「アカ狩り(Red Scare)」に走らせ、50年代半ばまでそれは続いた。
こと韓国においては「共産主義」は実態を伴う恐怖であった。 恐怖するなという方が無理であろう。 米・ソ、イデオロギー対立を母とする朝鮮戦争によって、朝鮮半島は荒廃し、ついには一般市民だけで約400万人が犠牲となったのだ。 分断国家、離散家族、日本人には想像を絶する悲劇がトラウマとなり、韓国市民に「共産主義=アカ」に対して過剰反応させたんじゃないかと思う。
「アカスリ」とはつまり、形を変えた「アカ狩り」なのだ。 韓国の人たちはアカをこすり落とすことで、共産主義の恐怖をふるい落とすのだ。

 

そんなことを考えながらぼくは横たわっていた。
大浴場の一角。 ぼくのほか、同じように横たわる男たち7人。 誰もがスッポンポンだ。 その光景はさながら死体安置室のよう。 力なくうなだれ、横に立つデカパンおやじに身をさらしている。
「痛くしないでね」と願う。 口には出さないけど。

もちろんその願いは届きはしない。 オヤジはぼくの背中を、力まかせにわっし、わっしとこするのだ。 タワシタオルが鉋(かんな)に思えてくる。 ぼくはまるで削られるブナの木だ。 あるいは消しゴム、川下へ流された小石? こんなふうに人は丸くなっていくのであろうか。
「ジョコ・・」
おもむろにオヤジが言う。 少し沈黙。 ああ、横のことだと気づき、ぼくは横になる。 股の上に乗っかっていたタオルがぽろりと落ちる。 タオルを元の場所に戻そうと腕を伸ばすぼくの、その手首をオヤジにとられ、目的を果たせぬまま頭の方に持っていかれる。 いけない、脇の下こすりだ。 このポーズはちょっと恥ずかしい。 しかもくすぐったくて笑ってしまう。 辱められつつ、笑う。 誰がみてもMではないか。

f:id:naokin_tokyo:20090102032822g:image

「あおむテ!」とオヤジ。
もちろん、”あお向け”のことだ。 もぞもぞと、言われるままぼくはあお向けになる。 もはやタオルは尻の下、一糸まとわぬとはことのことをいうのだろう。 オヤジは足もとへと回る。 ちょっと待て、その角度もかなり恥ずかしい。 しかしオヤジはタオルを構えると、渾身の力で足首から股下まで一気にこすり上げてくる。 タオルの向かうその場所にはなんと・・・

ポニョだ。
「股の下のポニョ」があるのだ。

タオルは容赦なくそこめがけて突進してくる。 いけない! ポニョがやられる!
ぼくがひるんだその瞬間、こんどは足先に何かがあたるぐにゃりとした感触・・・

 

オヤジのポニョだった。

f:id:naokin_tokyo:20090102032841g:image

デカパンをはいたそのオヤジがホモ男でないことを、今は信じるしかないのだろう。 韓国人にしては珍しく毛深いオヤジ。 アカスリが終わると、こんどはオイルマッサージであった。 ぬるぬるとオイルが塗られ、オヤジの逞しい手は腕から胸へと這っていく。

「うちゅぶちぇ・・・」
オヤジの日本語は、本当は男色なまりなんじゃないか? そんな考えが一瞬、頭をよぎる。 頭を振ってふるい落としつつ、ぼくはうつぶせになる。 さらされた尻が少し心配だ。 背中にオイルがたらされ、オヤジってばこんどは肘を使って背中や肩をマッサージ。 意外と気持ちがいいのがなぜか悔しい。 好きでもないオトコに抱かれるとき、オンナはこんな気分になるんだろうか・・・

元旦からそんなことを考えながら、2009年の抱負についてはどうなのだ、自分? と自問自答していたその瞬間、オヤジの肘がぷるんと尻の谷間に埋まった。

 

凍てつくような外気にさらされるソウルの街角、しかしその裏側では今日もアカスリや赤唐辛子に汗流す人々の姿がある。 ぼくもいま、その中に含まれたことをうれしく思う。

冷や汗だったけど・・・

■ アカスリマッサージ屋の待合室
f:id:naokin_tokyo:20090102034430j:image
△ お約束のポスターだ

 

■ オプション・メニューふだ
f:id:naokin_tokyo:20090102034559j:image
△ これを手首につけてスッポンポン。 ちなみにフェイシャルも

 

■ 小顔マッサージ
f:id:naokin_tokyo:20090102034843j:image
△ 化粧しただけじゃないかな

 

■ ネイル(左)もコスプレ(右)も
f:id:naokin_tokyo:20090102035041j:image
△ 右:スパイダーマンはサンプルとしていかがなものか
△ 左:これする客はいるのか!?

以上、いかがなものか?

13 件のコメント

  •  なおきんさん、突撃レポートご苦労様でした。笑いをこらえながら読みました。
     韓国は1度、皆さん垢擦り体験コースへ。自分はパスし、外で3,40分待ちました。改めて入らなくて良かったとホッとしました。
     小さな店で唐辛子抜きのラーメンを頼んだら、何とインスタントラーメン煮て出しました。まあ、辛くないならいいやと思ったその時、女将さんが鍋物用のレンゲで思いっきりたくさんの辛子の粉をドバッと入れ、制止の声を出す間もありません。
     よほど突っ返そうかと思ったのですが、唐辛子の濃い部分を除け、半分程度食べて辞めました。英語圏の客が数人いたので、英語が分かると思ったのですが、”Don't put a red pepper.”女将は全く理解していなかった。

  • 初めまして、初コメです♪
    検索して辿り着きました。

    メチャおもしろい記事ですね!

    イラスト・内容ともにかなり面白いです。

    特に「ポニョ」・・・いけました(笑)

    では、また遊びに来させて頂きます。
    これからも宜しくお願いします^^

    孟雄

  • ぼくは上海のフロ屋でやってもらいました。
    共産党の国だからアカの本場です。
    とれた垢は丸めて玉にしてお土産にくれる、という話を開高健の小説で読んで期待してたのですが、そういうサービスはなく、ぼくの垢はたらいの水でひと流しにされてしまいました。
    沢山出てたので、あれを丸めたらさぞかし立派な玉になっていたろうと思います。

  • 少し出遅れました。
    あけましておめでとうです。
    さっそく爆笑の坩堝に叩き落されました。
    ポニョはいいですよ。ポニョは(滝汗)
    アカスリあたしも経験あります。気持ちいいです。
    「誰でもこのぐらいの垢は出ます」って言われるくらいのアカが採取できましたよ。
    今年もソコソコなペースで更新してくださいね。
    思いっきり期待して待ってます。

  • 私は垢すり好きですー。
    文字通り「一皮剥けた」って気がしません?
    いつも「タクサンデルネー」とお姉さんに言われます(恥)。
    ・・・ポニョ。笑ってしまった。んでなんか納得してしまいました。

  • なおきんさんこんばんは。今年もよろしくお願いします。極寒の韓国はいかがですか?私も3年前の正月に行きましたが、ほんと寒かったです。
    あかすり・・やってしまったのですね。丸裸で、自分、トドかなんかになった気がしました。ぬるぬるの台の上へ、次々に乗せられて、上向きやら下向きやらにさせられて、はずかしい・・なんていう暇もなく、次の台に行くとそこは込んでいたりして、じっと、順番待ちしたり・・しまいには慣れてきたけど。それより高校生の我が息子はもっとひさんで、そんなところとは知らないので、一緒にあかすり体験です・・その後はご想像にお任せしますが・・男性はかなり危険とおもわれます。あ〜おもしろかった

  • 牛  :ンモー,お正月から笑っちゃったよ。
    うさぎ:そのポーズすごく恥ずかしい・・・。
    カメ :ああ,やらなくて良かったな。
    うさぎ:なおきんさん,初夢に出てこなかった?

  • ポニョをそこで活用するとは!大爆笑です!
    垢すり、未体験だから「へぇ!ひえぇー!!っ\(◎o◎;)/!」とか思いました
    でも。。。お尻に肘って・・・^^;
    故意なのか?恋なのか?????
    ・・・施術中のハプニングなのか?
    とっても気になりました^m^
    なおきんさん、帰国したら異常に垢すりが恋しくなったりして?(爆)

  • 明けましておめでとうございます。
    ご無沙汰していますが、今年もよろしくお願いします!
    ポニョに爆笑!!!ポニョって!ポニョって!
    まさにめくりめく新年快樂!
    あかすり、わたしはシンセンのスパで初体験でした。「えええ!そんなところまで!」と思いながら身を任せ、若干の羞恥心とともに訪れる終わったあとのすっきり感。くせになりました。
    では、股ね♪

  • あのポーズ、私までくすぐったくなっちゃいました。それに、どうして垢すりのおじさんまで下着一枚だけのハダカなのかマジ考えちゃいました(笑)。
    そうそう、垢すりでしたね。。。マッサージはいいけど、硬い布でしたっけ?あれで身体中こすられまくりっていうのが痛そうで、多分ダメですね、私。
    ところで韓国と聞くといつも思ってしまう。韓国の女性って綺麗ですよね! 俳優さんにハンサムって思う人はまずいないのですが(単に私のタイプではないだけなのでしょうけれど)、女優さんがすっごく美人!(ま、これも私の個人的な好みなのかもしれませんけど)
    なおきんさんは、どう思います?

  • ターボペンギンさん、一番ゲットおめでとさまです!
    土地によって価値観はさまざまなのかもしんないですね。 女将は「辛ければ辛いほど美味しい」という価値観を信じてこれまで客商売してきたのでしょう。垢擦りワールドは、なかなか近寄りがたいものがありました。ネタとしてはいいんでしょうけど。
    ——————————-
    須永孟雄さん、初コメントありがとさまです!
    「検索」でアクセスされたとのこと。ちゃんと探したかったものは見つかりましたかー? どうでもいいんでしょうけど、そういうことがわりと気になってしまうタチです。これも商売柄でしょうか? ともかく、よろしければまた遊びにきてくださいね。
    ——————————-
    かとーちゃん、ひさしぶり! シモネタとウンコ系にはちゃんとリアクションくれて、さすが!ってとこです。アカの本場、中国上海でのエピソード。 笑いました。 なお、別バージョンで「鼻くそ」ってのもありますね。ぜひ「立派な玉」コレクションに加えてもらいたいと思います。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、あけましておめでとさまです! ちなみに韓国人のはだが綺麗なのは、平均して日本人の倍の皮の厚さがあるからだと聞きました。「ツラの皮が厚い」というのは何も性格のことばかりではないんですね。垢擦りは皮膚を強く、厚くするのでしょうね。
    ——————————-
    ちぃさん、不思議なもので、たくさん垢が出ると妙な達成感がありますよね。「よっしゃー!」みたいな。 ただのバッチイ垢なのに、それだけ汚れてたということなのに。 さて納得いただきありがとさまです。それではさっそく、以後アレのことはポニョと呼びましょうね。
    ——————————-
    ニモさん、ニモさんも経験されてたんですね、韓国垢擦り。ぼくが行った場所もとても混んでて、順番待ちしているうちに風邪を引きそうになったのでサウナに入ると、こんどはのぼせて死にそうでした。それより息子さんの行方が心配です。ちゃんとポニョは無事だったのでしょうか?
    ——————————-
    うさぎの宅急便さん、いやあ、恥ずかしかったです。でも何が恥ずかしいって、自分の裸のイラストを真面目な顔して描いていること自体が、すでに羞恥プレイです。 そんなぼくが初夢に出たらたいへんです。御愁傷様です。
    ——————————-
    HARUママさん、「お尻に肘」は故意でしょうけど恋じゃないです。たぶん、ほかの客にも同じことをしているんじゃないかと。でも、後ろから来るとヤバいですね。かなり無防備だし。でも垢擦りはスッキリしますね。オジサンはもういやですけど。
    ——————————-
    りえたま、お久しぶりです! 相変わらずのご活躍、ブログで拝見してますよ。ポニョで新年快楽していただき光栄です。なんといってもポニョですから! 女性にしたって「そんなところまで」垢擦りされちゃうんですね。ぼくも40年ぶり、「そんなところまで」洗ってもらったの。では股!
    ——————————-
    ぱりぱりさん、いっしょにくすぐったくなっていただきうれしいです。ちなみに垢擦りオヤジは、その後すっぽんぽんになって客用サウナに消えていきました。なかなか奥深い世界です。韓国女優はキレイだけど、一般の韓国人はそうでもなかったです。東京の方がはるかにキレイだと思いました。ただ、皮膚はすこぶるキレイですね。やっぱ垢擦りの国です。

  • あけましておめでとうございます。
    今年も足繁く通わせていただきまふ。
    ぶふっ・・・こういうネタ好き。
    イヤン

  • 始めまして、通りすがりの者です。
    あはははは!!
    足の裏のポニョには笑いました…wwww

    韓国アカスリのclassicなスタイルはアジョシ(アカスリマン)もすっぽんぽんなんですよ。笑

    普通に手にはあたるわ…顔面15cm前でポニョが揺れてるわ…汗
    マッサも一緒にやって貰ったらさらにポニョはやりたい放題でした…苦笑

    韓国人ってする側もされる側もあまり気にしないみたいだねぇ…汗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。