単語三兄弟

f:id:naokin_tokyo:20090729005200g:image

 

「ときめき」と「きらめき」と「ひらめき」
ぼくのダイスキな単語たちです。
まるでステキな3兄弟のよう。
単語三兄弟。

 

ちょうど一日の仕事が終わるころ、
3つのうち、どれかひとつでも登場したか?
と静かにふりかえってみるのがぼくの日課。

 

だれに?(ときめき)なにが?(きらめき)なにを?(ひらめき)

これらそれぞれに必要なのは、健全な
「ココロ」と「カラダ」と「アタマ」

f:id:naokin_tokyo:20090729005234g:image
△ 何年ぶりに描いたろう?右から「ココロくん」「カラダくん」「アタマくん」

香港イラ写からの読者には、
ちょっと懐かしかったかもしれませんね。

錆び付かないよう、日頃から磨いておきましょうね。彼らのこと。

 

■ 今週のイチオシビデオ


水族館でゆったり泳ぐジンベエザメやらオニイトマキエイやらをみていると、なんだか落ち着きます。夜寝る前にでも4分半ほど、じぃ〜っと鑑賞してみてください。たぶんいい夢が見れます。BGMもいいし、影絵のようなギャラリーもいい。【カナダ人カメラマン、ジョン/ローリンソンが撮影。場所:沖縄チュラ海水族館】

単語三兄弟は、緊張しているとなかなか登場してくれません。いちにちのうち、なんどかリラックスタイムを意識的にとりましょうね。

15 件のコメント

  • きゃーあたまくんラブ。
    待ち受けにしちゃおうかしら笑
    こころくんは心って書いてある場所が
    気になります。こころなのに。
    ときめき!きらめき!ひらめき!
    大事ですね。明日1日特に意識してみます。
    でも今あたまくんにときめき!笑
    ちびきちくんにも!

  • こんばんは。なおきんさん。チュラ海水族館ですね。大好きです。先月行ってきましたよ。。ずっとみていたいです。特にエイはそれぞれ顔がちがって、おもしろいです。
    心君、弱っている人覆いです。なんでもないのに涙がでるのは、危険なさいんです。。でも心が弱るとなんで、涙が止まらなくなるんだろう?それと、23日の記事ににひそかにコメントしてます。見てね(笑)

  • 初めまして。
    なおきんさんのブログ、いつも読ませていただいてありがとうございます。
    沖縄ちゅら海水族館は去年の年末に母と行ってきました。
    ちょうど映像にある大水槽に見とれている間に母と私ははぐれてしまい、あの広い水族館のなかで結局最後まで会えず、どきどきしたことを懐かしく思い出しましたので、コメントしました。
    またこれからも読みにきますね。
    楽しみにしています。

  • あれ?ココロくんの「心」はそんなとこにあるの!?
    それとも それそのものが「心」なんでしょーか…?

  • 久しぶりですね。
    3兄弟!
    ココロくんのハートの場所がいいですね。
    私もバランス良く暮らしたいけどなかなか難しい。

    今気づいたけど、香港って人が多すぎてのんびりできるところって本当に無いですね。

  • 素敵な三兄弟ですね。気に入りました!でも心の位置が・・・ときめくのはそっちですか?うーん私は異性に対するときめきは欠けていますね。『きらめき』と『ひらめき』はあるのですがねえ〜〜。でも異性以外に対しての生活でのときめきはあるかな?物に対してとか、子供に対しては駄目かしら?
    沖縄の水族館、私もいつか行きたいと思っています。行ったらずっと眺めて居たいなあ・・・。素敵な映像を教えてくれてありがとうございます!

  • 携帯からなので、美ら海水族館見れません(T_T)

    もう、本物を見に行くしかありませんね。
    ココロくん好きです。でも何故そこなの?

  • ココロくんの心に視線が集中してますね(爆)。下にあるから下心、なんて私もオヤジギャグを一発(笑)。
    そこで、なおきんさま、カラダくんのシャツの左右にある黒い点は何かしら??? (笑)

  • なおきんさん、今度はリーマンブログランキングにお引越しですね。いっぱいクリックしますから。といっても、一日にひとつのPCからひとつしかポイントにならないんですよね。まあ、指の運動になります(笑)。じゃ、また。

  • わぁ〜なおきんさん、ありがとうございます!
    ホントに久しぶりに三人に会えましたー、うれしいです。

    相変わらず立ち加減が素敵ですね、ココロくんの白いシャツの襟♪
    私も、「ときめき」「きらめき」「ひらめき」を大切にしたいです。….なんだかいつも励ましていただいてるような気がします、ありがとうございます。

  • なおきんです。 「スルーされるかも?」と不安でしたが、ちゃんと3人のこと反応してもらいうれしかったです。こんどあらためて登場人物の紹介をしますね。さて、多くの方から「ココロくんの”心”はなんでそんなところにあるのか」という質問があったので、説明しておかなくちゃですね。 早い話が「下ごころ」なのです。たまに汚れてたりします。そうならないよう、あなたも気を付けてくださいね。さて、いつもどおりコメントがえしにまいりますね。
    ————————–
    りんごちゃん、一番ゲットおめでとさまです!
    ときめきの心、きらめきの体、ひらめきの頭、意識してくださいね。あたまくん、なぜそんなにモテるのかうらやましいです。
    ————————-
    ニモさん、チュラ海いかれたんですね。ああ、うらやましい。涙が止まらない現象は、きっと洗い流そうとする何かが心にあるからです。23日の記事、気がつかなくてすみません。即効コメがえししておきました。
    ————————-
    hiroさん、ああはぐれたお母様とは「結局最後まで会えず」とのことですが、いつまで会えなかったのだろう?とどきどきしてしまいました。あのまま水族館で離ればなれになったままでないことを祈ります。また来てくださいね。
    ————————-
    おかみっちょんさん、ええ、なんでそんなところに心があるんでしょうね。 ちなみに「なおきん」にもっとも近いキャラがココロくんですが、それだけに「そんなところ」にあるのかもです。
    ————————–
    Junpeiさん、テレビで「余分三兄弟」てのを見かけました。なぜいつも「三兄弟」なんでしょうね。 そういえば香港って公園のベンチはいつも尼さんに占領されているわ、芝生は立ち入り禁止だわで、座るところがないという第一印象でした。
    ————————–
    ぷうさん、はい「ときめく」のは(たまに)そっちです。銀座界隈には多いですね。もちろん「ときめき」の相手は異性だけじゃないと思いますよ。仕事にときめくことも、道ばたの草花にだってときめくこともありますね。もちろん水族館で泳ぐ魚さんにだって。
    —————————
    すーさん、あー残念(ケータイ)。でもパソコンで見るのでなく、本物を見にいこうとするその行動力がステキです。ぼくも本物を見に行きたいです。
    —————————
    ぱりぱりさん、2連続コメントをありがとさまです。「下ごころ」については大正解です。ぱちぱちぱち。カラダくんの黒点は、もちろん乳首です。遊びすぎて真黒です。こわいですね。「リーマンブログ」は、いままでのカテゴリーに下階層が新設されたので振り分けた次第です。OLやフリーターじゃないしなあ、と。いつも指ぽち運動をありがとさまです。
    ————————–
    しのっちさん、懐かしいですね。三兄弟。なんというか、最初に描いていたころとずいぶんタッチが変わってきたのが、まざまざと思い知らされました。今も下手だけど、以前はさらに下手だったなあ、と。
    ————————–
    amimaさん、いえいえ、久しぶりに描こうという気にさせてくれてありがとさまです。 たぶん知らない人が大半のはずなので、こんど、ちゃんと3人の紹介記事をアップしようと思います。

  • 頭では分かっているのに心がついていかなくて、奥さんのいる人に片思いして3年。彼はもうあたしの手の届かないところに帰っていってしまいました。
    告白はする気はなく、ただたまに顔を見ることができたらうれしくて、それだけで頑張れていた3年でした。
    ちゅら海の幻想的な映像と、優しい切ない歌に、彼の顔が見られなくなって初めて、今、泣いています。
    なんだかすごい楽になりました。
    あたしに足りなかったのは、これだったのかもしれません。
    なおきんさん、いつもいい映像の紹介、ありがとうございます(゜ーT)エヘ

  • Yulicoさん、せっかくいただいていたのに読み漏れしてました。ごめんなさい。もしかしたら、このコメント返しも目にされないかもしれませんが、ちゃんと書き残しておきますね。とてもせつないストーリーを打ち明けてくれてありがとう。恋はいつだって「マイナスの部分」があるから惹かれるんです。足りなかったものは、足りなかったままでよかったのではないでしょうか。涙は、そんなふうにがんばってきたYulicoさん自身へのレクイエムですね。
    ——————————-
    faihiaさん、コメント返しが遅くなってごめんなさい。たまにこういうことがあるので、そっとしらせてくださいね。ときめき、きらめき、ひらめき、がんばって取り戻してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。