エアポート三段跳び

こんにちは、なおきんです。

おかげさまで元気に旅を続けています。 といっても、すでに帰路。 この記事がアップされるころは、あと数時間で成田に到着、ってことになっていることでしょう。

さて、イラ写も早いもので4年半。 その間、旅にでたときは必ず旅先から記事を更新してきました。 パソコンとデジカメ、それからペンタブレットを持ち込む。 現地のホテルやそこらでテキストを書き、イラストを描き、撮った写真をパソコンに取り込み、フォトレタッチソフトで調整し、それらの素材から記事を一本組上げて、ネットのつながる場所からそれをアップする。 そんな一連の作業を惜しまずやってきました。

いうまでもないけど、旅先にパソコンを持ち込むのはことのほかしんどいです。 壊れるかもしれないし、盗難に遭うかもしれない。 しかも部屋でネットが使えるホテルはそれなりのクラス。 貧乏旅行者には応えます。

けれどもやっぱりこだわりたいのです。
そこでしか感じられない空気の質感や肌感といったものは、家に帰り、日常に戻ってからではけっして表現できないのです。 絶対に。 旅日記にいちばん必要なのはライブ感。 ぼくのような凡人には、その場でないとあの空気感を表現するのはむつかしいです。

さて、ぼくはいまこれをジョグジャカルタ空港で書いています。 空港まで十分間に合うよう到着したら、自分の予約した便がキャンセルされて次のフライトと合わせちゃったらしいんです。 ひどいですよね。 だから2時間遅れたぶん、時間が出来たのでこうしてパソコンをとりだして、空港のレストランで人目もはばからず書いているというわけです。 おまけにね、タブレットまで接続しちゃってます。 誓ってもいいけど、空港のレストランでパソコンにタブレットくっつけてイラスト描く物好きは、世界広しといえどもぼくくらいのもんでしょう。 ウエイターや周りの客は、何やってるんだろう?って覗きにきます。
バカですよね。 ぼくもそう思います。

ねえ、知ってますか? イラ写は開設以来*1、一度も、ただの一度も、イラストを載せなかったことがないんです。 これ、ぼくのささやかな誇りです。 どんなに眠くても、時間がなくても、ネットがつながんなくても、イラストはちゃんと描くようにしています。 強いて言えばそれがこのブログの「存在価値」なんです。 だから文章が書き終えていても、イラストがかけなかったり、タブレットが調子悪かったりすれば、その日は記事をアップしません。
おっとやっと搭乗時間になったようです。 ぱたん(ノートパソコンを閉じる音)


△ ここでしか飲めないという幻のコーヒー「コピ・ルワッタ」、貴重なので値段はザギン並み。 通常の値段の10倍はする。味も風味もすごいが、幻というほどでは・・

さて、ここからはジャカルタ空港で書いています。
飛行機が遅れなければ、最後の晩餐はジャカルタ市内のレストランでとるつもりだったんだけど、到着が23時じゃあきらめるしかありません。 だって帰国便は朝の6時発。 来たときと同じ、たっぷり丸一日かけて自宅まで戻ります。 今夜、空港テロとかなければいいんだけど。

これまで多くの国を旅行してきてきましたが、その度に自分の小ささを思い知らされます。 「おまえなんかいなくたって世界はちゃんと回ってるんだ」と。 そのことをひしひしと感じます。 でもぼくは、あえてそれを確認したいと思います。 世の中には「小さな世界で大きな顔をしている」人たちがたくさんいます。 ぼくはそういう人たちを好きになれないし、ぼくもそんな人間にはなりたくない。 それより、「大きな世界で小さな自分を思い知る」ことのほうが大事な気がします。
見知らぬ場所に旅をするというのは、そんな自分を知ることなんだと思います。

さて、今回もいい旅が出来ました。
それから、こうして「旅日記」をあなたと共有できた幸運をとてもうれしく思います。
ではまたね。


△ 客を待ち、ひなが一日結局寝て過ごす人と馬車【ジョグジャ:マリオボロ通り】、彼らは自由なのか、それとも不自由なのか?

この記事はジョグジャカルタの空港レストランでイラストを描き、テキストを書き始め、ジャカルタ空港で書き終わり、翌日香港空港でアップしました。ただそれだけですが、ちょっとそこまでして更新するほどのもんか、と。
いつも応援ポチをいただきありがとうございます人気ブログランキングへ

*1:イラストを加えたその日以来




11 件のコメント

  • お疲れ様でした〜。日本に帰るときにノートパソコンを持って行ったのでさえ、凄く大変だったのに、今回のような場所へわざわざ全て持ち歩いていたのは、本当に大変でしたでしょうね。でもブログを書くことも旅行に含まれているから、当たり前の行動だったのでしょう。お陰で私も新鮮な旅行気分が味わえました。ありがとうございました。次回はいつ、どこに行ってくれるのかなあ・・・。

  • お帰りなさ〜い。でも、ちと早いか(笑)
    納得のいくものしかUpしないなんて職人のよう。
    でも、そのこだわりがあるから読者がいっぱいなんですかねぇ。見習わなきゃです。

    旅日記すごく楽しかったです。まるで自分がその場所に居るかのように感じました。あとは、無事にお家に到着出来ると良いですね。

  • なおきんさんの旅日記の面白さは、少年のような視点で見た人と物と風景かなと思います。新鮮で好奇心いっぱいで人懐っこくて、視線を移すその先に、いつもなおきんさんの愛情が感じとれますよ。それだけの機材を持ち歩いて(貴重品でもあるし、重いし)、疲労困憊してても書き続けたものです、自信をお持ち下さいね。読者は喜んで読ませていいただいてます。ありがとうございます。旅から戻ったら、体調を整えてまたお仕事がんばって下さいね。

  • 便乗妄想(想像?)旅行をさせていただきました。
    ありがとうございました。
    『縁は異なもの味なもの』
    『袖触れ合うも多生の縁』
    なおきんさんの今回の旅に、そして旅での出会いに感謝!

  • おかえりなさい なおきんさん。

    今回のラフスケッチ風のイラストもいいですね〜
     ベッドで寝ている絵の雰囲気がいいなあと思いました。
    はい、知ってますよ。
    香港からずっとなおきんさんのイラストで元気をもらってます。なので絵を見ていると、なおきんさんのコンディションが解るような気もします。
    最近はからだ君やあたま君に会えないのがさみしいです。

  • 旅日記とても楽しかったです。
    アンコール、ボロブドゥールと来れば次は…
    また楽しみにしています♪

  • ぷうさん、一番ゲットおめでとさまです!
    はい、「ブログで旅の実況中継」あってのイラ写です。これからもどうぞよしなに(笑) 他のブログで、帰国後に旅の記事を何日も更新しているのを見て、「現場からならもっと面白いのになあ」と感じること大だったので。次回はどこで実況しましょうか・・ね?
    ——————————-
    すーさん、ただいまです! 日本には週一以上更新しているブロガーは100万人以上いるといわれます。 読むほうだってたいへん! ブログは読み手あっての存在価値だと思います。ブログは公開している以上「個人の日記帳」じゃすまない、と個人的には思うのです。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、今回の感想、とても励みになりました。「ただのブログバカじゃないか」と自問自答の末、あえてこだわっているところですから。ちゃんと伝わっていることがわかってうれしいです。今日ソフトバンクから連絡があって「海外のパケット料金が3万円を超えました」とのこと。 iPhoneで更新したぶんは、お金もしっかりかかってます(笑)しくしく・・
    ——————————-
    faithiaさん、便乗妄想していただきとてもうれしいです。「縁は異なもの・・」「袖触れ合う・・」、どちらも大好きなことわざです。まだ次回の旅行記まで楽しみにしていてくださいね。あ、通常のイラ写もどうかよろしくね。
    ——————————-
    amimaさん、おひさしぶっりーんです!お元気でしたか? 香港時代からの読者のコメントはとてもうれしいです(もうだいぶ減ってしまいました)。イラストでぼくのコンディションまでわかるなんて、うれしいです。カラダくんとアタマくん、なつかしい!今度出してみようかな?最近の読者には「なんのこっちゃ?」でしょうけど(笑)
    ——————————-
    isaogermanyさん、ごぶさたですねー。旅日記、おつきあいいただきうれしいです。さて次はどこでしょうね? 世界遺産の旅っぽくなってきましたが、あまりそこにこだわりはなかったりします。ふふ、どこまでも気まぐれですみません。

  • おかえりなさい〜。東京も暑いですよね。
    なおきんさんの旅日記を読んで、自分ももっと人と触れ合える旅行がしたいなぁと思いました。ついこないだHK 行ってきたので。言葉が出来ないから人にモノを尋ねないし、店員さんに話しかけられても「は?」みたいな状態で(苦笑)。単語だけでも何か言わなくちゃ・・・(^^;)。

    イラストを欠かさないというこだわり、ステキです。
    自分へのプレッシャーも時には必要なものですよね。

  • なおきんさん おつかれさまです。
    何もなく無事戻れてやれやれですね。
    ブログは公開している以上「個人の日記帳」じゃすまないという言葉、ありがたくいただいて帰ります。
    そうそう、大きな世界で小さな自分を知るお話。
    ほぼ日手帳の一こまに書いてあった話を思い出しました。
    自分がいかに小さいかわかっても、それでも存在しているということは意味があると思います。
    少なくとも、たくさんの読者(私も含む)にとって、なおきんさんの存在はとっても大切。
    これからも楽しみにしています。

  • ホント便乗妄想旅行は楽しかったです。
    実況中継のような新鮮な更新だから風の匂いさえ感じる(妄想する)ことが出来たんでしょうね。
    イイトコだけ持ってけ取りなんで…。
    陰のなおきんさんのご苦労に感謝です。
    また月曜日がやってきます。
    ポジションパワーという亡霊にとりつかれた幸福者さんとの静かなバトルが再開します…。

  • ちぃさん、旅の楽しみはなんといっても予定調和でないこと。スケジュールを立てて
    それを遂行するだけなら、出かけることもないのかな、とそこまで思っちゃいま
    す。 コミュニケーションは言葉以外にも筆談であれボディジェスチャーであれ、い
    ろいろできますよ。旅先で遠慮は、ソン以外の何物でもないですね。日本語をしゃべ
    るガイドさんだっていますしね。
    ——————————-
    Junpeiさん、なんだかうれしくなるコメントをありがとさまでした。 ぼくの勝手な
    思い込みかもしんないんだけど、4〜5年前なら「食べ物ブログ」や「愚痴ブログ」で
    十分だったのでしょうが、これだけブロガーが増え読者が増えれば、読み手だって目
    が肥えてきます。要求基準も厳しくなります。もはや、「ブログに参加する」だけで
    は意味を持たないんでしょうね。悲しい現実ですね、しくしく(:;)
    ——————————-
    Faithiaさん、便乗いただきありがとうございました。タイミングや記事ボリューム
    の制限もあるから、ここに載せたのはごく一部。でも、エッセンスは出せたかと思い
    ます。さて、ポジションパワーの亡霊、うまくかわすか、うまく除霊できるといいで
    すね。陰ながら応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。