ベストセラーの正体

iPadの販売数が、あっさり100万台を超えた。
同じ台数をiPhoneですら78日かかったのをわずか28日で達成という華々しさ。 まだ米国でしか売り出されていないことを思えば、ちょっと信じられない数だ。 Apple社自身もここまで売れるとは思わなかったのではないか? それは各国の発売日を1ヶ月遅らせたことからもわかる。 当初予定していた生産ラインが十分でなかったのだ。

利用者のライフスタイルまで変えてしまいそうなiPad

いまこの瞬間も、発売を心待ちにしているひとたちが世界中にいるはずだ。 「ぜったい買う」から「よければ買うかもしれない」まで含めれば、潜在顧客はいまの時点で3000万人くらいはいるんじゃないかと思う。 ぼくもそのひとりに違いないが。

じらされるユーザーはどんな小さな情報も逃すまいとネットで探す。 そして「早くゲットしたい」を連発する。 iPadが売れるのは、こうした大衆心理による広告効果が絶大ということもあるかもしれない。 「足るを知る」ことを知らない大衆は、未充足感を情報で埋めようとやっきになるものだ。

1Q84 Book3』が先月発売された。
予定調和的に驚いてみれば、この作品は発売前からアマゾンコムで売り上げトップであった。 「まだ売れていないのに」である。 予約だけで売り上げNo.1になる現象は「商品がいいから」という理由だけでは説明できない。

発売日を過ぎると「売り切れ」ていた時期は意外と短かった。 あとはうず高く平積みされているだけである。 売れることがわかっていたから輪転機をフル回転させていたのだろうが、それにしてもあっさりしたものだ。 未充足感を感じるヒマもなかったのではないか。

ぼくもさっそく手にして読んでみた。 これから読む人もいるだろうから内容には触れないけれど、まあごく普通の小説である。 平均的以上には面白いのだけれど、それより「好評なので続編を出してみました」といった出版社の恣意的な姿勢が鼻につく。 まちがいなく第四巻(Book4 1月-3月)も発売されるだろう。 そして同じように売れるのだ。 Book3まで買ったひとなら、中身がどうあれ本棚に並べてみたくなるアイテムだ。

それにしても驚くのは、これだけ売れた小説なのにそれに比べ書評が少ないことだ。 目的は読むことよりも買うことだったのか? 祭りに参加しただけだったのだろうか?

きょうもぼくたちは、なにかしら商品を買う。
生存のためのモノから、暇つぶしのモノまで。
あえて思うのは、この情報過多な時代でモノを選び続けなくちゃならないことに、ぼくたちはいいかげんうんざりしはじめているということだ。

世界中でモノがあふれ、「自分の欲しいものがわからない人々」があふれる。
まるで教えを乞うかのようにぼくたちはネットにアクセスする。 情報に依存する体質はネット社会の鬼っ子である。 情報は他の情報にリンクされ、目的と手段を混合しながら次々に連鎖していく。 糖分と同じだ。 摂れば摂るほど欲しくなる。 こうして知らず依存体質に変容していくのだ。
情報メタボ体質な人々は、「売れてるんだからいいものに違いない」という他力本願体質でもある。

「なぜ買ったの?」と訊けば「売れているから」と答え、
「なぜ並ぶの?」と訊けば「みんな並んでいるから」と答える。

さいきんのベストセラーは、情報メタボがその正体である。

買ってみたらあんがいつまんなかった。 これも
ベストセラーに頼る情報メタボ体質者の宿命である。

そろそろ仕事がしたくてうずうずしてきました。言ってみただけですが。

人気ブログランキングへ←応援くださりありがとうございます。クリック、おねがいします

7 件のコメント

  • なおきんさんこんばんは。みんな無駄にお金を持ってるから踊らされて買わなくっても良いものまで買ってしまうのですよ〜。私のようにクレジットカードで食品を買い、返済が出来るのがいつになるのか分からないような経済状況だったら、世界中の全ての人間が持っているものでも、買わないでいられますよ。まあ、中にはきっと借金をしてでも色んな物を買ってる人がいると思いますが。毎月の生活がギリギリだったら、自然に自分の中で必要なものをより分ける力も身につくと思うのですが・・・いかがでしょう?
    情報メタボとは、面白い表現ですね。さすがなおきんさんです。

  • 19Q84,買いましたよ。アマゾンで。だって、村上春樹まだ30年前売れてなかったころから読んでるし、実家が近所だもん(って関係ないけど、近所の風景よく小節に
    でてくるんですよね。。)。
    早く読んで次の人に回してあげないと。
    書評なんて読んだことありません。なんか適当
    なんだもん。
    しかし、Book4出るんですか。。。やられた。。。
    ねじ巻き鳥のときも騙されけど。

  • 中学生の頃に『ノルウェイの森』にのめり込んで以来、彼の作品の中でそれを超えるものに出会っていません。『19Q84』はまだ一冊も読んでいませんが、がっかりするのが怖くて読めない(買えない)というのがあります・・・

    『ノルウェイの森』は英語でもドイツ語でも読み、日本語版も引っ越しで無くしたために買い直したりもしたのに・・・・

    びびりです。

  • だから言ったでしょ、アップルが良いって...
    だってUNIX-OSなんだから、「無敵」っすよ。
    今後は全ての印刷所が消えてなくなります。
    しかし出版社の利益は鰻登り、利益率5倍10倍の製薬産業
    並みに構造転換するでしょう。

  • iPadって日本ではどうなるんでしょうね。docomoが販売する話のようですが、これも結局iPhoneと同じようにあパケ代が必要であったり、インフラ面でのネックも存在して、
    デザイン性やコンセプトは好きなんですが、どうも購買意欲がわかない一人です。

  • ぷうさん、一番ゲットおめでとさまです。
    「お金が有り余っている」という方は全体的に少ないんじゃないでしょうか。それでもはやり物に飛びついてしまうというのは「参加意識」のあらわれなのかもしれません。ユーザー体験を共有したいというか。情報メタボの正体は実は「つながりを求めることだった」ってのもあるかもしれませんね。
    ——————————-
    aRyo@灘さん、そうかー、出身が村上春樹の実家が近所なのですね。それは親近感が増すことでしょう。1Q84 Book4についてはぼくの勝手な想像です。だって四半期ごとに一冊割り当てられているから、今回のが第3四半期。で、つぎのBook4が第4四半期てなことになるのかと。
    ——————————-
    riesenmausさん、「がっかりするのが怖くて」・・という考えもありですが、自分がどんなふうにがっかりするのか試してみようってのもアリかもしれません。 それにしても「ノルウェイの森」のファンぶりはすごいですね。ぼくは「どれかひとつ」といわれれば、さしずめ「羊をめぐる冒険」でしょうか。チャンドラーの「ロンググッバイ」そっくりなのがいいです。
    ——————————-
    昔の同僚さん、変換間違いに大笑いでした。そのうち「昔の童謡」とかになるとさらにキュートです。さて、かつてセミナーの講師をしたときに、アップルのことぼろかすにいっていたような気がするんですけど(笑) でもMac OS X になってからの安定感は抜群ですね。あと出版社の命運は「電子化」をどう消化発展化していくかでしょうかね。
    ——————————-
    亜流さん、こんかいのiPadシムロックの件はほとほとがっかりしましたね。もともと孫さんはこれに反対して総務省と大戦争やってたんです。それがケータイキャリアの一角になってからは守勢にまわって今度は、シムロック解除を推奨する総務省と争う始末。Docomoやauと自由競争を避けてiPhone & iPadの3G独占販売なんて見損ないました。でもiPadその物はすごく欲しいんですけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。