ペテルブルグの憂鬱

現在のようにネットでホテル探しする手段がなかった頃は、ほとんど足を使ってホテルを探していた。
だいたいの場所を決め、その辺りで手頃そうなホテルを見つけては、直接宿代を交渉する。 言葉が通じない国では筆談や電卓をたたいて行なう。 物騒な宿もひとつやふたつではなかった。いまにして思えば、いささか無茶もしたが、そういうワイルドな旅こそ人生の醍醐味でもある。

あの頃のような旅を少しだけ味わいたかった。
日本で甘やかされた毎日をぐだぐだと暮らし、ただのその辺のおっさんに成り下がってはいるけれど、どこか「自分はまだ大丈夫」という自負があった。 あるいは自信を取り戻したかっただけだったのかもしれないが。

ところが魔が差した。
モスクワからサンクトペテルブルグへ行く当日、ネットを使って前もって予約してしまったのだ。 言い訳になるかもしんないけど、もうホテルを足で探す時代ではないのだ。 それはホテル側も同じ。 どんな安宿であれ、ウォーク・イン(予約なしでチェックインすること)のゲストより、ネットで予約するゲストを歓迎するのが時代の風潮である。 目の前の人間よりも、前もってクレジットカードで身元確認できるほうを信用するのだ。

“EasyToBook.com” というイギリスのホテル予約サイト。
偶然見つけたのだけど、ペテルブルグの宿もたっぷり登録されていて、もうより取り見どりである。
ロシアの宿は概して高い。 東京ならビジネスホテルクラスが、一泊2万円くらいする。 だけどこのサイトでは、そんなホテルが1万円程度で予約ができるではないか。 ちゃんと部屋や外観の写真もあるし、最寄りの駅や観光スポットまでの距離まで載っている。 「最大80%ディスカウント!」というのもある。 Googleのものだが、ちゃんとホテルの地図もある。 これがあれば迷いっこなしだ。 さっそく到着駅からも近く、手頃な”ネフスキー・グランド・ホテル” というのを選んだ。


▲ レッドアロー号の車体はその名の通り、赤い

苦労したチケットだったが、レッドアロー号は快適だった。
案内されたコンパーメントは4人部屋、すでに中年のロシア人夫婦と、ロシア人青年が、それぞれのベッドを陣取っていた。 発車まであと5分。 おそらくぼくの席は、急なキャンセルで空きが出たのだろう。

よほど疲れていたのか、発車するや否やすぐに眠りについてしまったぼくは、検札のお姉さんに優しく起こされる始末。 ベッドの堅さも枕の柔らかさもちょうどいい。 さすがはロシア鉄道が誇る寝台車である。


▲ 車内には朝食が用意されている

目が覚めると、備え付けのテーブルに4人分の朝食セットが置かれていた。 丸パンとハムとチーズ、ヨーグルトとパインゼリー、それからロールケーキ。 コーヒーは別売り(60円)で車両を担当しているお姉さんが運んできてくれた。
居合わせた見知らぬロシア人中年夫婦といただく朝食は、なかなか悪くなかった。 言葉は通じないけど、目が合うたびに、お互いにこりとする。 夫婦して太っていて、まるで愛嬌たっぷりのぬいぐるみのようである。 青年はまだ上の段で眠っていた。


▲ 見るからに人の良さそうなロシア人夫婦、一夜をともにし、朝食をともにした

朝食が終わると奥さんは薬をとりわけ、おじさんに与える。 おじさんはちらっとぼくのほうをみて、ビールジョッキを飲む振りをし、ニッと笑う。 どうやら飲み過ぎが原因で病気になっちゃっているらしい。


サンクトペテルブルグ駅構内の朝のようす

けたたましいアナウンスのあと、列車はサンクトペテルブルグのモスクワ駅にすべりこんだ。 コンパーメントを出るとき、おじさんはその肉厚の手をぼくに差し伸べる。
「ヨイタビョー!」 せっかく覚えたロシア語がうまく出ず、代わりにおかしな日本語が出てしまった。
「ヨイタビョー!」おじさんがそう返すので、笑ってしまった。

おじさんも、奥さんも笑った。

まさかそのあとで、笑えない事態になるとは、
そのときは知る由もなかったのだけど・・・


▲ ええ、知る由もなかったです(エルミタージュ美術館の前で)

なおきんの身にいったい何が!? 次号を待て

コメント返し音声版はこちら

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
応援クリックいただけて恐縮

9 件のコメント

  • 昨日
    初めてとんで来ましたっ!

    楽しいブログですね♪"そして
    写真とイラストのコラボレーション…実に洒落乙デゴザイマスデス!

    更新
    とても楽しみ(>_<)

  • 日本の連続TVドラマは全然見ませんが。
    なおきんさんの連続ドラマinロシア、とても楽しいです。ロシアじゃなくても、毎回海外旅行で現地からの連続ドラマ楽しみにしてます。
    続きは来週まで待たなくていいのも、素晴らしい☆

  • 続きにドキドキ…
    いつもながらなおきんさんが旅に出ると脳内で一緒にでかけてしまいます、勝手に(笑)。ああ楽しい♪
    ヨイタビョー!

  • ワタシはー お財布なくした か 取られた とみた。
    どんなドキドキな事件がおきたのかしら。
    では ワタシも。
    ヨイタビョー! (≧▽≦)

  • ご無沙汰です!
    「次号を待て」から結構待っているんですが、さすがに心配になってきました。。。
    迎えに行きますから生きてて下さいよ!

  • こんにちは、なおきんです。いつもコメントいただきありがとうございます。音声コメント返しさせてもらいましたので、どうぞ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。