探したくない

ぼくの考える「なくしたい時間」はふたつある。
ひとつは行列に並ぶ時間、もうひとつはモノを探す時間だ。

友人にそのことを話すと「信じられない!」という。
彼に言わせると「行列」があるとそこに並びたくなり、欲しいものを「探す時間」は至福のひとときなのだと。世の中いろんな解釈がある。

日本では意外と行列に並ぶことが多い。
忍耐強いのは民族性なのかもしれないが、それにしても病院のあの待ち時間はどうかと思う。それから人気店。人気スポット。おそらく待つ時間も含めて価値なのだろうが、ぼくにはちょっと耐えられない。たぶんぼくの前世は、行列に並んでいるときに馬車にはねられたのだろう。あるいはドミノ倒しが原因で死んだのかもしれないが。

行列はともかくとしても、「探す時間」については科学技術のおかげでずいぶんと短縮された。インターネットの検索エンジンもそのひとつだ。キーワードにちょっとした工夫を加えれば、たちどころに欲しい情報が見つかる。探せない情報なんてないんじゃないか?とも思う。久しく連絡を取っていなかった旧友だって見つかる。おかげで昔の恋人とよりを戻したカップルも少なくない(たぶん)。

ぼくはどちらかといえば「貧乏性」である。
なかなかモノを捨てられない性分だ。もらった手紙やプレゼントもとってあるし、古いCDも思い出がありすぎて捨てられない。こういう性格だと、たいていは家中モノであふれることになる。そして折り重なるモノがじゃまして、必要なモノが見つかりにくくなる。見つからなくて同じモノを再び買ってしまうこともある。そのことで悔やみもする。

貧乏性は、だから貧乏なのだ。

書類もまた、そうだ。
クレジットカードの明細、レシート、電気料金使用明細書、申し込み用紙控え、領収書、案内状、投資信託目論見書、製品保証書、ユーザー利用規約書、旅行チケットの控え、博物館の半券、なんやらかんやら・・。
いざというときに必要だったらどうしよう?という根拠のない不安から、捨てられずにいるさまざまな書類。こういうのが机の中や本棚にあふれる。狭いスペースがよけい狭くなる。

でもこんな書類の山をとっておいたところで、探すのにきっとひと苦労するはずだ。見つからないだろうし、見つけたところで今度はあと片付けがたいへんだ。かといって、ポケットフォルダーや書類ボックスの類いで整理する気にもならない。
インターネットのようにキーワード検索で一発で見つけるようにできないものか?

そんなわけで一発奮起。
念願のドキュメントスキャナーの登場である。


ScanSnap S1100 アマゾンで14,500円。小型で電源ユニット要らず.

紙ものを全部、電子ファイル化してしまえば、探すのもらくちんである。これで安心して書類を全部捨てられる。「あとで必要になったらどうしよう?」などと迷うこともなくなる。

スキャンしたデータはすべて一元管理。
エバーノートに全部ぶち込んでしまう。このクラウドサービス、使うほどにますます便利だ。なんと、スキャンした書類に書かれた文字列まで検索してくれる。これなら細かなフォルダ分けやタグづけする必要がない。


▲ 読み取り速度は実用レベル。しっかり紙送りされている感じがする。


▲ こういう細かい書類も全部まとめてスキャン


▲ ちびきちの写真も


▲ 旅行先でゲットしたチケットやパンフレットも


▲ レシートを読ませれば付属の家計簿ソフトで自動集計してくれる(Windowsのみ)

おまけにデータはすべてクラウド上に保存される。
持ち歩かずとも、必要に応じてiPhoneで開いたり、違うパソコンで確認し、その場で印刷したりもできる。


▲ ロシア旅行から持って帰ったチケットなども一元管理


▲エバーノートに保存すれば自動的に文字認識してくれ、キーワード検索すれば文書内の文字を探して表示してくれる


▲ 引き出しの中のあふれる書類も


▲ かなり減らせた

探す時間の激減どころか、部屋にある紙モノも激減だ。
引っ越しでなくす心配もない。

時間とスペースとストレスを減らしてくれる一品。
わりとおすすめです。

紙って、なくなるとホントすっきりしますね!
髪は、なくなると残念ですけど。

10 件のコメント

  • 私も全く同じ事をしています。"CanoScan LiDE 100" っていう薄型フラットのをクルマに入れています。出先でのものって何かとかさばるし、後に紛失するしで、良い事なしが持論ですので、出先で1人で夕飯食っている時なんかにスキャンしちゃいます。多分、ドライブインでそんな子としているのは私だけかもです。24年間に一度もここいらでそんな光景は見たことないので、「羨まれる」かも(笑)...です。

  • なおきんさん、お久しぶりです!私もスキャンしてる人間ですが、プリンターと一緒のスキャナーでビーガッチャとやっているので時間かかってます。しかも自分でフォルダーを作って。それでもコンピューターで全部書類が見られるのは便利なので、もう何年もこの面倒くさい作業をしてます。子供の学校からのプリントとか友達からの手紙とか、色々集まってますよ〜。でもご紹介されてるこれ、とっても魅力的ですね。私のスキャナーより簡単そう。欲しいなあ。

  • 同じく!

    このスキャナー、つい先日私も物色していたものです。現在のはオールインワンのもので、FAXしか連絡手段のない人のために10ヶ月前に新調したんですが、は〜、、、気分屋で役に立ちません。スタンドアローンでFAX機能の付いた物自体の選択肢があまりなかったのと、しかも半額! だったりしたから購入してしまいましたが、スキャン途中で無限フリーズ。。(ああ、後悔)

    エバーノートは(こちらで教えていただいてから)、私のところでも超有用ツールになってます。やはり、こうしてブログ等で紹介されているものが一番ですね。ありがとうございます<(_ _)>

    ところで、オリジナルを残しておかないといけないものはどうなさってますか?

  • なるほど!さすがですね!
    本が大好きで、でも電子化すると
    読まないことに気が付きました。
    おかげさまで本だらけ。
    紙の感触込みで読書なんですかね。
    郵便物のたぐいは、捨てるのもまた
    面倒なんです。
    なおきんさんみたいな片付け上手な方の
    お嫁さんになりたい笑。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです。
    ていうか、ひさしぶりです。CanoScan LiDE 100って調べてみたら普通のでっかいスキャナーじゃないですか。これを持ち歩いて、ドライブインでスキャンしている人は世界広しといえども昔の同僚さんだけです。 > 24年間に一度もここいらでそんな光景は見たことないので、「羨まれる」かも(笑)< 大丈夫、だれも羨ましがりません。
    ——————————-
    ぷうさん、いわゆるプリンター複合機をお使いのようですね。ぼくもEPSONのEPシリーズを持っています。おっしゃるとおり、これでスキャンし続けると疲れます。ぼくもよっぽどのことがない限り使ってません。それがこのモバイルスキャナーを入手してからは、スキャンしまくってます。読み取りも正確でレスポンスもいいので、なかなか頼れる一台です。よければこ検討を。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、さすがお目が高い。すでに物色されていたのですね。片っぱしからEvernoteに放りこんでおけば安心。ぼくは有料版のサービスを使っていますが、検索機能が半端なく便利です。思わずニコニコしてしまいます。さてご質問ですが「保存が必要なオリジナル文書」は残します。それでも紙の総量は10分の1まで減りました。家の中がかなりすっきりしました。もちろん会社でも実行し、ファイルがほぼなくなりました。
    ——————————-
    りんごちゃん、本はね、やっぱり紙。ぼくが電子ブックを読むのはやむを得ない満員電車内(本を広げるスペースが無い)と風呂場(濡れるから)だけ。でも保管する本の量は本棚に入るぶんだけ、というふうに決めてます。それ以上になったらまとめて人に上げるか売ってます。書類はねほぼ電子化して、PCで見たり、iPadで確認したりしてます。らくちん、かつ効率的。まるでぼくのようです。結婚の相手としてふさわしいかどうかは自信ないけど。

  • そうか!領収書や旅先からもって帰った捨てられないパンフレットも、
    こんなふうにすればいいんですね〜☆
    自宅の本もすべて解体してスキャンしている知り合いがいて、
    読書は紙派の私は何でもスキャンってどうなの?
    と思っていましたが、なおきんさんのアイデアはいただきです(^^)
    Evernoteもここで紹介されていたのを見てダウンロードしましたが、
    まだ使いこなせてません(^^;)

  • <寒い日はつい自販機でおしるこを買います。あとあまりないけど缶甘酒も好き>爺はお汁粉も甘酒もいただきません。イソベ焼きと燗酒が好きなのさ。

  • なおきんさん。札幌の友達にもらった甘酒ソフトキャンディ、すごく美味しいです。甘酒が好きな方は、はまります。沢山お取り寄せしちゃいました。なおきんさんにも送ってあげたいな・・

  • riesenmausさん、お返事遅れてごめんなさい。
    ぼくもちょっと本までは・・といった感じですが、長期旅行中に大量の本を持ち運ぶよりはiPadで読めるようにと、スキャンしちゃうかもしんないです。まあ「捨てられずにとってある物」を捨てるため、「頻繁に参照することがある書類」をスキャンして、好きなときにiPhoneやPCで見れるとすっごく便利ですよ。
    ——————————-
    じゅん爺さん、ああ、そこに食いつきましたね。磯辺焼きと燗酒、大人ですね〜。いや、爺っぽいの上を行くわけだからこの場合・・・!?
    ——————————-
    jamさん、そうそう小豆のつぶつぶには飲み干すときに悩みませんか。缶の入り口で引っかかってなかなか口に入らないのがどうも勿体無い気がしちゃってなりません。レストランで出される食事は平気で残すくせに、ね。
    ——————————-
    ケイ3さん、ああ、甘酒ソフトキャンディ、実は大好物です。やっぱり誰かのおみやげで初めて口にし、しばらくあちこち店で探し回った記憶があります。売ってないんですよね、あれ。入手されたとのこと、うらやましいいです。どうかぼくのぶんまで堪能してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。