大地震の夜に

3月11日の大きな揺れが終わったあと
従業員に会社に留まるか、帰宅させるかの指示に迷う。
都内の電車は全線不通。タクシーも捕まらない。
余震も心配だ。

3時間歩いてでも帰りたい、というものもいた。
歩くくらいなら会社に泊まる、というものもいる。

結局それぞれの意思に任せ、余震も収まった頃
ぼくは会社のそばのカウンター・バーへ向かう。
もしかしたら東京メトロが運転を再開するかもしれない
という情報を聞いたからだ。
これで、歩いて帰るという選択肢はなくなった。


地震直後の都内のオフィスビルから

時計は22時、しかし店内は空いていた。
築40年のビルの1階で、あれだけ揺れながら
並んだボトルのうち落下したのは3本だけだという。
マスターは「自己責任でお願いしますね」といった。
要するに
ここで被害に遭っても店は責任を持たないと。
ウイスキーのオン・ザ・ロックカルボナーラを注文。
趣味のいい組み合わせではないが、なにしろ非常事態だ。
入り口のガラス戸を通じ、救急車の赤い点滅が見える。

ケータイはほとんどつながらない。
つながらないし鳴らないが、いつのまにか留守録が3つ。
ニュースを見てぼくを心配する親や親戚からだった。
ツイッターを通じて国内の友人から安否確認が届き、
フェイスブックを通じて国外の友人から安否確認があった。
ワンセグが思うようにつながらず、
会社で得た地震情報は、主にユーストリームであった。
ライフラインの通信手段は確実にシフトしつつある。
スマートフォンへの機種変が加速することだろう。

都内ですら、命の危険を感じた地震の揺れ。
それにしては人々は冷静で、しかも礼儀正しかった。
多くの人々が亡くなられ、救援を求めている。
家が流され、家族の安否に寒さも忘れて立ちすくむ人々。
胸が痛む。同じことが自分たちに起こったかもしれないのだ。


▲ 都内の電車はすべてストップした

20時に会社をでた従業員から今帰宅したとツイートがある。
4時間以上歩いたという。

直後、ぼくは地下鉄の中にいた。
これまで体験したことのないほどの混雑に肋骨がきしむ。
だれもが、文句ひとつ言わず平然と超満員車内に身をゆだね
ぶつかる肘に毒づくわけでもない。
乗れなかった人々もプラットフォームで整然と列をつくる。
すごい国民だ、とあらためて思う。
海外メディアも絶賛しているとおり。


▲ 押し寄せる津波に飲み込まれる一瞬

いまも人命の救助にあたっている人がいる。
避難場所で人びとの世話をしている人がいる。
病院で救護にあたってる人がいる。
放射能漏れを防ごうと命がけの人がいる。

犠牲者ばかりでなく、
絶望を希望に変えようとする、そんな多くの人たちにも
静かに手を合わせたいのだ。
敬意をこめて、暖房は入れないでいる。

都内にあっても、余震はまだたまにある。




8 件のコメント

  • 自分も今回、未曾有の大地震を体験したのですが、ラッキーともいえる偶然で怪我もなかったし、帰宅難民にもならなかった。
    だからこそTVに映る津波の惨事や渋谷のバスを待つ黒山の人だかりの現状に頭で混乱してましたが、
    昨日会社に行っていれば確実に避難難民だったし、去年まで住んでいたところにあのまま住んでいたら、いつまでも渋谷でバスを待っていただろうと、無事な自分の奇跡に誰に言っていいか分からないけどありがとうって思いました。

    そして、必要以上に騒がないで平常心でいられるのなら必要以上にいつもどおりに過ごそうって思っています。
    もちろん、一人でも多くの人の無事や日本人のパワーや道徳心を信じる心を胸に秘めながら・・・。

  • なおきんさんがご無事で何よりです。社員の方も皆さん大丈夫だったようですね。東京の高層ビルに編み目のように掘り尽くされた地下鉄の空洞、大きな地震でどうなってしまったのだ?とずっと気にかけながらニュースを見ていましたが、津波の映像ばかりしか見つからず気になっていました。日本人の方の芯の強さ、思いやりの心の大きさ、本当にすばらしい国民性だと思います。これからも不便な状況が続くでしょうが、安全確保を一番に、引き続き頑張ってくださいね。

  • こんばんは。なおきんさん。
    東京が無事でほんとうによかったです。もしも、東京に津波がきていたら大変なことななつたと思いました。大阪では、ゆれを感じたそうですが、四国では、何も感じませんでした。船橋在住の叔父に電話をしました。叔父の家、家族は無事でしたが、近所の瓦屋根の家は壊れたそうです。東京に住んで50年になるが、地震が怖いと思ったのは、初めてだと言っていました。電話中にも余震があり、壁に飾っていた額が吹っ飛んだそうです。開き戸の食器棚は、中の物が飛び出しているそうです。TVを見ていて、パニックになった人がいないこと、泣き叫ぶ方がいないことに驚きました。東京の映像は、きちんと整列して順番を待つ冷静な姿でした。スーパーの店員さんも、自分は逃げずに、棚の品物を手で押さえている姿もありました。我慢強いまじめな日本人、こんな時こそ、一致団結できるのが、日本人だとおもいます。自分も何ができるが、考えたいです。南海地震も懸念されています。宮崎の噴火もあります。四国山脈も淡路に繋がる活断層の続きです。高齢者の方の多さにもあららめて驚きました。若いひとが少ないとおもいました。そして、近所は寝たきりな方ばかりです。ということも大変なことです。

  • なおきんさん、ご無事でなによりです。
    ちびきちくんは大丈夫でしたか?
    ここ静岡でもゆっくりとした揺れが続き
    「きたかっ!東海大地震?」とビクビクでした。
    ツイッターとユーストリームは今回はホント情報収集に役立ちましたね。
    今は、これ以上被害が大きくならないようにと祈ることしかできませんが
    被害に合われた方々の一刻も早い救援と復興を祈り、お見舞い申し上げます。

  • ご無事でなによりでした。
    心が震えて落ち着かないです。
    自分の心の弱さが歯がゆいです。
    ただ日常を大切に営んでいくことしか出来ませんが、私が出来ることをしていこうと思います。

  • なおきんさん、ご無事でなによりです。

    被災された方々のご無事を祈るしかない自分の無力さを痛感します。

    現地に行って自分にできることをしたいと思ってらっしゃる方も多くみえると思いますが専門的なスキルを持たず現地で連携がとれずボランティア難民化してしまうこともあり得ますので私はできるだけ募金をしていきたいと思います。

    私は中部地方に住んでいて今は直接的な被害はないですが、昨日一昨日と仕事で外に出た時に土日だとゆうのに街はすごく静かで日本中がこの地震での出来事を悲しんでいるのだなと感じました。

    今はただ祈ることしかできません。

    皆さんどうかご無事で。

  • jjj999さん、一番ゲットおめでとさまです!
    あの大混乱のさなかにあっても、秩序を守り他者への配慮を怠らずの日本人の行為がとても誇らしかったですね。こうした気持ちが天にも伝わるといいのですが。
    ——————————–
    ぷうさん、おかげ様で全員無事でした。建物も耐震構造が奏功して被害なしです。阪神大震災からこっち、日本人は確実に学び、それを実行しているように思います。悲劇は繰り返したくありませんね。
    ——————————–
    ニモさん、震源地が震源地なら、沿岸部は総じて無傷ではないでしょうね。東京もまたしかり。少し前に「ヒアアフター」という映画を見たばかりだったので、それ以上の惨劇に言葉を失いました。TVでは被害者に高齢者の方が思いのほか目立ちますね。まずは無事で何よりです。これからも無事であらんことを。
    ——————————–
    nokoさん、おかげさまでちびきちも無事です。しっぽを丸めて怯えていたようですが。東海大地震の記憶は生々しいですね。そのあと震度6強の揺れがあったようでしたが、だいじょうぶでしたか?設備と心の準備を怠らないようしたいですね。
    ——————————–
    tacoramiさん、それぞれに自分のできることをする。それがなんなのかを考えるだけでも副音がもたらされる気がします。気持ちはきっと伝わりますからね。
    ——————————–
    ハルミズキさん、ほんとですね。でも弱さを前向きに考えたらやれることも見つかりますね。礼節、節度、節電、ひとは大事に至るにつれその人が出てくるものですね。ぼくは自省することが多いですけど。
    ——————————–
    じさん、じさんこそご無事で何より。自分の無力を痛感できるだけ強いということではないでしょうか。苦しみも楽しみもシェアするということを実感できるいい機会だと思います。ぜひ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。