児童婚の悲劇

イエメンの片田舎に10歳の女の子。名前をノジュオドという。
どこにでもいるかわいい普通の女の子だが、それまで住んでいた村を追われ、都会のサナアへ越したことがきっかけで事情が変わってくる。
父親はそこで失業し、母親や兄弟姉妹たちを食べさせていけなくなった。生活保護もなく、貧しい者は貧しいままのイエメン。かろうじて日雇いのアルバイトにありつく。1日520円でどんなことでもしなければならない。仕事がどれほど危険であろうとも。


世界遺産にもなっている美しいサナアの街並みだが・・

「食いぶちを減らさなければ・・」

そう思った父親が目を向けたのは娘。13歳の姉はすでに嫁がされており、次は10歳のノジュオドである。結婚の申しいれをしてきた相手は30歳の男。お願いした相手はノジュオドにではない。彼女の父親である。
ちょっとまて、これは犯罪ではないのか?とあなたは思うだろう。
犯罪如何に構わず、申し入れからたった2週間で結婚式の日取りが決められる。新婦新郎が互いに顔を合わすことはない。男達だけで進められる。母親や姉はそのことに抗議することさえできない。自分もまた、そうであったからだ。

父親は悲しみに暮れる母親に告げる。
「心配するな。ノジュオドには最初の生理が来てから一年間は触らないように、やつに約束させた」
貧困こそはその人間を、その人間を取り巻くあらゆる環境を生臭く暴いて見せる。この家族に降りかかった災難は、まだ生理すら来ていない娘を嫁に出さねばならないという現実だった。信じがたいが、その現実は父親によってもたらされた。

もちろんそんな約束など、これっぽっちも守られない。

嫁いだその日の夜、助けて!と叫び、逃げまわるノジュオドに襲いかかる夫。見て見ぬふりの義母、義兄弟。言う事を聞かないからと、最初は拳で、やがて棒を使って殴る夫。それが幾日も幾日も、何十日も、毎晩求め、そして殴る・・・

このことをぼくは本で知った。
悲しいことに実話である。

晩婚化が進む先進国とはうらはらに、世界の至る所で幼妻が無理やり結婚させられている。児童婚は多くの国では法律で禁止されている。このイエメンもだ。だが現実はそうじゃない。インドでもサウジアラビアでもアフガンでもエチオピアでも中国でも、それは行われている。少女を誘拐し、レイプしてから妻にする例も少なくない。

イスラム教ヒンドゥー教では婚前交渉は死罪に値する。
だから、そういう事が起こらないようにと女性にベールをつけさせ、夫以外の男に肌を見せることを禁じている。結婚前に処女を奪われようものなら家族の面目は丸つぶれである。男尊女卑の世界だ。特に父親の名誉は大いに傷つけられる。

だが守っているのは娘なのか、それとも名誉なのか?
父親は娘に学校をやめさせ、どこかへ嫁がせる。それは貧困のせいかもしれないが、驚くべきことは周囲もそれが普通のことだと思っていることだ。児童婚の背景には、もはや貧困だけでは語れない深刻さが横たわっている。預言者ムハマンドの妻アイーシャが嫁いだのは9歳、という言い伝えを信じる人々もいまだ多いのだ。

10歳の少女の身体は本来、性交や出産に耐えられるようには出来ていない。そのことはだれだって知っているはずだ。膣壁に裂傷が生じたり、その裂け目が直腸や肛門まで広がる。性行為により内臓破裂で死にゆく幼娘を、父親は「名誉のための死」と片付けてしまうのだろうか。

ぼくは言いようのない怒りの鎮め先を探す。

この本の主人公、ノジュオドはある日、ほんのちいさな好機を捕らえ、裁判所に駆けこんだ。そこで人づてに判事をつかまえ、直接事情を話し、助けを求めた。そのできごとが異例だったのは「児童婚」そのものというよりは、少女が裁判を起こそうとしたことだ。イエメンでは少女はおろか、大人の女性が告訴すること自体が珍しい。ノジュオドにはジャーダーという女性弁護士がついた。幸運であった。おかげで裁判にも勝訴することができた。

こうしてノジュオドは2008年11月10日、
世界最年少で離婚した少女となった。


▲ 10歳で離婚裁判に勝訴したノジュオドちゃん

このことはアラビア半島に住む、他の多くの少女に勇気を与えることになった。9歳のアルワーや12歳のリームもだ。サウジアラビアでは8歳の幼妻が50代の夫に対して離婚の申請をし、受理をめぐって裁判所で検討中という。

世の中には知らなくていい情報も多いが、
知らねばならない情報もある。

そのイエメンは現在、市民135人が死亡するなどの内戦状態。
早期辞任を約束しながらそうしない大統領に鉄槌をと、反体制派が武力蜂起。官邸に迫撃砲を発射。サレハ大統領は負傷。辞任を言っただの言わないだのは菅首相もそうだが、ここがイエメンでなくてよかったと思うだろうか?でもまあ、別に菅さんじゃなくたって、ここがイエメンでなくてよかったと思うだろうけど。

わたしはノジュオド、10歳で離婚

わたしはノジュオド、10歳で離婚

19 件のコメント

  • ソマリア人の女子割礼の話を思い出しました。『デザート・フラワー』という映画になり日本でもクリスマスに公開されました。 こういう当事者達は意外と明るく前向きだから変にしみったれてないよね。 機会があったらぜひ観てみてください。

  • ソマリア人の女子割礼の話を思い出しました。『デザート・フラワー』という映画になり日本でもクリスマスに公開されました。 こういう当事者達は意外と明るく前向きだから変にしみったれてないよね。 機会があったらぜひ観てみてください。

  • 胸が押しつぶされそうな痛みを感じます。
    私にも年頃の娘がいます。
    男性に、人としての心・倫理観があったらこういうことって出来るのかな?
    生まれた時からそんな中にいたら、アリなのか…?アリなのね。。。
    悔しいし悲しいし、情けない。。。
    意識が変わることを願います。

  • 胸が押しつぶされそうな痛みを感じます。
    私にも年頃の娘がいます。
    男性に、人としての心・倫理観があったらこういうことって出来るのかな?
    生まれた時からそんな中にいたら、アリなのか…?アリなのね。。。
    悔しいし悲しいし、情けない。。。
    意識が変わることを願います。

  • 幼児趣味の変態が!ホース部分をちょん切ってやりたい!
    日本にある大量のエロ本を送り付けて自己処理しろ!といいたい。
    本当に許せないですよ!
    こういう歪んだ考え方の国や地域が少しでも減ってほしい。勝訴できたのも奇跡に近いかもしれないけど、奇跡が沢山おきてほしい。そう願わずにはいられません。
    私的に子供に手をだすって所が1番許せませんでした。もちろん複雑な要素が絡み合っているのですが…

  • 幼児趣味の変態が!ホース部分をちょん切ってやりたい!
    日本にある大量のエロ本を送り付けて自己処理しろ!といいたい。
    本当に許せないですよ!
    こういう歪んだ考え方の国や地域が少しでも減ってほしい。勝訴できたのも奇跡に近いかもしれないけど、奇跡が沢山おきてほしい。そう願わずにはいられません。
    私的に子供に手をだすって所が1番許せませんでした。もちろん複雑な要素が絡み合っているのですが…

  • 児童婚=強姦そのもの、ですね。大人の女性を相手になら、「好きだー」 を連発しながら 「責任を取るから」 とか 「幸せにするから」 で身も心も開いてもらうことは可能でしょう。でも、少女相手のそれは犯罪そのものです。差し出した父親も同罪っすね。

  • 児童婚=強姦そのもの、ですね。大人の女性を相手になら、「好きだー」 を連発しながら 「責任を取るから」 とか 「幸せにするから」 で身も心も開いてもらうことは可能でしょう。でも、少女相手のそれは犯罪そのものです。差し出した父親も同罪っすね。

  • この間読んだ世阿弥の物語にも書いてありましたが、その頃の日本にも「稚児遊び」というおぞましい慣習があったようです。でも室町時代と現代ではすごい時代の隔たりですね・・。たった一人の少女の話が、それを知った普通に暮らしている何百万という数の人間に衝撃を与えてしまう。その少女たちの抱えた苦しみや恐怖や悲しみが、私たちの日常からかけ離れた、どれだけ重たくて残酷な事実なのかということですね。心の歪んだ変態エロ親父たちが悔い改める瞬間がいつかくるのでしょうか・・・。

  • この間読んだ世阿弥の物語にも書いてありましたが、その頃の日本にも「稚児遊び」というおぞましい慣習があったようです。でも室町時代と現代ではすごい時代の隔たりですね・・。たった一人の少女の話が、それを知った普通に暮らしている何百万という数の人間に衝撃を与えてしまう。その少女たちの抱えた苦しみや恐怖や悲しみが、私たちの日常からかけ離れた、どれだけ重たくて残酷な事実なのかということですね。心の歪んだ変態エロ親父たちが悔い改める瞬間がいつかくるのでしょうか・・・。

  • 本当にわからないのですが
    まだ初潮すらむかえていない少女と
    なぜ結婚をしようとするのでしょうか。
    お金を支払ってまで。
    そんな少女たちにそんな行為を
    したいとなぜ思うのでしょうか。
    単なる変態なんだと思えばいいのでしょうか。
    圧倒的な力で組み敷くしか
    相手と関係を結べないのでしょうか。
    こんな事、絶対にあってはいけないのだけど
    その前になぜ?ばかり浮かんでしまいます。
    それは私が幸せで、そんなことが
    起こらない世界にいるから
    わからないのかもしれないけれど。
    なぜなぜばかりですみませんでした。

  • あまりにも哀しい事実に、悔しくて泣けてきてしまいます。

    貧困のせいにはしたくないけれど、善悪がわかる精神レベルと国の経済状態はある条件のもとに比例するような気がします。

    ジュノオドちゃん、よく頑張ったね!
    彼女の勇気ある行動は、国を変えていくでしょうね。
    改革者ですね。
    さまざまな間違いを犯しながら人類全体で、ごくごく僅かずつ進歩していってるのでしょうか。

  • ノジュオドちゃん、たった10歳なのによく頑張りましたね。
    いい弁護士に恵まれ本当によかったですね。
    ノジュオドちゃんの行動は沢山の女性を勇気づけます。
    本屋に行くと、海外の虐待された女性の痛ましい内容の本が並んでいますし、You Tubeでは発展途上国の痛々しい儀式などを見ることができます。
    それらを見て、世界中の子供たちが十分な教育をうけられるようになり、貧困から脱出できないだろうかと常に思いますが、非力な私は何もできません。
    私は過去に、この世から消えてしまいたいと思うほど一人の男性に傷つけられ、なすすべもなく、女性の人権相談所に電話しました。
    すると法律扶助協会で相談することをすすめられたので相談すると弁護士S先生を紹介され、裁判で勝訴し慰謝料を取ることができました。
    私は一人ぼっちでしたし、裁判が終わるまで何度も心が折れそうになりましたが、S先生の励ましと頑張りのおかげで最後まで戦うことができました。
    S先生がおっしゃっていた「人は皆法律で守られています」という言葉、学校で学んでいたときには全くピンとこなかったのですが、自分の経験で身をもって理解できました。
    日本でも海外でも世界中で、辛い思いをしながら泣き寝入りしている子供や女性は沢山いるはずです。
    でも、助かる方法があることを知ってほしい。
    国もその方法を広く知らせてほしい。
    すべての苦しんでいる子供や女性が勇気をもって前進できればと切に願います。

  • たまやんさん、一番ゲットおめでとさまです。
    明るく前向きにみえる側面も含め、このような実態に目を背けるだけでなく、何かできることをしたいと思えてきますね。女子割礼の話もほんとうにひどいです。男の都合で女性の体にメスを入れるなんて・・。
    ——————————-
    seaglassさん、娘を持つ親御さんの立場でみるといっそう悔しく、悲しく、情けない思いがすることでしょう。ほんとうに胸が痛みますね。宗教や貧困というのはとかく人を不自由にはしますが、不幸にならない最大限の努力と環境が必須かと思いました。
    ——————————-
    meltymerさん、男性のぼくからしても許しがたい行為なのだから、ましてや女性ならちょんぎってしまいたくなる気もわかります。妻という定義を「世話係&性道具」のように扱うことに怒り心頭ですね。この事実をもっと多くの人に知らしめ、ブラックホールを消しつぶしていくこと。そう思い、記事にしました。
    ——————————-
    昔の同僚さん、まったくヒドイ話ですね。娘を持つ同僚さんなら、そんな父親には絶対ならないと確信を持つことと思います。イエメンもインドもサウジも違法でありながら、親族ご近所こぞってこの事態に目を瞑る習慣に戦慄すら覚えますね。
    ——————————-
    ruruさん、「稚児遊び」!・・室町時代に限らず、古今東西このような風習があることは悲しい現実ですね。生身の成人女性に関心を持てないある種のオタク文化はともかく、結婚という社会的慣習の中でこんなことが行われていることにこの物語の残酷性があります。犯人はロリータエロオヤジだけではないというわけですね。
    ——————————-
    りんごちゃん、これは単なる変質者の性衝動ではないという事実が恐ろしいよね。だって親戚、地域ぐるみでこれを認めちゃってるわけだから。「私たちもそうだった」という悪循環、悪風習。罪は大きいね。勇気あるジュノオドちゃんによって裁判の判例が生まれたのは、それを断つ大きな前進でした。
    ——————————-
    はてなさん、ホント、悔しくて泣けてきますね。絶望のさなか、ジュノオドちゃんの勇気が同じように苦難の日々をおくる少女たちを解放されんことを強く願います。人は間違う動物。でも同時に間違いを正しあるべき姿に向けて努力もする。願わずにいられませんね。
    ——————————-
    risaさん、そうですね。ジュノオドちゃん、ほんとよくがんばったと思います。ようやくとれた実家への帰省の好機を捉え、テレビで見た「裁判官」という正義の味方を頼って裁判所に駆け込むという離れ業をやってのけました。両親は旦那のもとに送り返そうとし、それを拒み、裁判所に駆け込む。警察でもなく裁判所へ(警察なら保護されて両親か旦那のもとに連行されたはず)。聡明で勇気ある行動が、世界を少し変えたかもしれないなあと思いました。

  • http://news.livedoor.com/article/detail/5534667/

    児童婚おおっぴらに行われている地域に言ったコルのあるルポライターが児童婚が行われる背景として、その子供を養うことができないというのを上げていました
    このような痛ましい記事を読むと禁止すべきだとは思いますが、児童婚によって命をつないでいる子供もいます
    児童婚が社会的にNGとなり、両親の元に戻れば、餓死してしまう恐れもあります
    そして、子供を妻としてめとった夫は全員が全員強姦をするわけでもなく、ごくごく普通に子供として接している人もいます
    (gigazineでそういう記事を見つけたのですが、あまりに幼いのでする気にならないそうです)
    禁止だと叫ぶのは構いませんが、それによって今よりも不幸になってしまう子供たちがいること忘れないでください
    リンカーンの時代に奴隷解放が行われましたが、家族同様の扱いを受けていた奴隷が放り出され、劣悪な環境で働かざる負えなかった例もあります

    >犯人はロリータエロオヤジだけではないというわけですね。
    生物学的に言えば12歳になれば妊娠可能です
    まだまだ未熟なのでリスクは高いのですが、子供を産ませたいと思う男性や男の子がいても不思議ではないと思います
    日本ではさすがに児童婚は行われてませんが、小中学生同士でセックスしているという話を2chあたりで耳にはさむことがあります

  • >母親や姉はそのことに抗議することさえできない。
    10歳の子供と結婚したいといってきた男性は30代の男性で、容姿については書かれていませんが、好みの男性ではないことが読み取れます
    うがった見方をして申し訳ありませんが、母親や姉、結婚させられる子供が結婚してきたいといっていた男性のことを好きだったら、ここに書き込んでいる人たちも児童婚だからといって禁止するように思いません
    問題の本質は児童婚ではなく、好みでない男性と結婚させられる社会、配偶者に暴力をふるうことを容認する社会が問題だとも読み取ることができます
    本当に問題にしているのは児童婚なのでしょうか?

  • さびねこさん、初コメントありがとさまです!
    お返事がとても遅くなりました。ごめんなさい。日本がまだまだ貧しかった頃は、娘を奉公に出し、結果的に児童婚ということもあったでしょう。それによって家族が助かり、本人も餓死から救えたケースもあり得たでしょう。でも散々恐怖を味わされ、あげく出産時に命を落とす女児を鑑みれば、相手の容姿がどうあれ方で守らねばならないとぼくは思います。事実、イエメンやインドも自動婚を禁じているわけですから。意見ためになりました。多角的にモノを考えることは必要ですね。

  • 例では30歳の男性と少女が結婚しと書かれていますが、親がお金持ちであれば、未成年同士でも普通に結婚することは普通にあるようです
    お金持ちの家に生まれたマハトマ・ガンディーも13歳で結婚しました。また、日本ユニセフのサイトでは青年が12歳の少女にアタックし、親がそれを受け入れたと書かれていました
    http://www.unicef.or.jp/children/children_now/niger/sek_niger15.html
    日本ユニセフ 児童婚の根絶を目指して
    アタックした青年の年齢は不明ですが、青年と書かれているぐらいだから10代後半もしくは20代前半だと思われます

  • 児童婚で検索したらこういう内容の発言が出てきました
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12115588192
    >アジアも同じだったので貧困だけが理由ではないと思いますし大金が絡むこともあまり聞きません、持参金すら女性側から払うことも多いので、日本も正式には結納金と持参金で結婚には金銭が絡む
    >一般に女性に払う金額が年齢が低いほど安いので、幼い子と結婚する貧乏な人もおおいです

    一般人の感覚から言わせると、幼い子供とセックスしたい人の間隔は理解できませんし、wikipediaではそういう人の割合は全人口の1割程度と少ないです。セックス目的という事情も中にはあるのかもしれませんが、結婚したいけど金がない→子供なら持参金が安くなるので、というパターンのほうが多いように思います。

    これを無くすとしたら、貧困対策をする以外に打つ手はないと思いますが、貧困から脱出できるのは希少価値のある人間だからであって、教育とは何ら関係ありません。全員が教育を受けられるようになったら、今度は教育を受けた人たち全員が貧困に陥ります(でないと高等教育の進んだ日本で貧困が問題になっている理由が説明できません)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。