管さん、ありがとう!

米国もひどいが中国もひどい。
そういうと「中国は高度成長期だからいいのだ」という経済学者とか出てきて、話がややこしくなる。「まるであのころの日本のようだ」なんてことを言う。

かつて日本やドイツがたどってきた高度成長期は、消費者物価指数は上がるが、卸売物価指数は横ばいかむしろ下がっていた。これが経営革新、技術革新によって経済成長がなされたという何よりの証拠である。企業がモノを作り、それを買う国民生活が豊かになっていく。庶民が買える値段でモノが売られてはじめて、豊かさが実感できるというものだ。

GDP世界第二位になった中国はどうか?
日本のケースとは逆で、消費者物価はどんどん上がるが、卸売物価の上昇率がそれをはるかに上回る。そんなの、企業が儲けたお金が再投資されていないか、していても失敗してるか、そもそも儲かっていないかのどれかだ。

インフレにともない、いくぶん労務者の給料は上がる。が、それをはるかに超えて物価が上がっていてはアダとなる。これはブラジルやインド、ロシアなど他の新興国も同じ。加えて、経営者は脱税を決めこみ、儲けがでても帳簿につけずキャッシュで溜め込む。それをある日こっそり持ち出して、香港などの不動産をぽんと買う。はやい話がマネロン(資金洗浄)である。おかげで不動産が高騰し、家賃が跳ね上がる。あんまりである。これじゃ香港の賃貸住民がかわいそうだ。

いずれにしてもせっかくの経済成長がちっとも人民の役に立ってない。企業が儲からなければ、そりゃあ就職難にもなる。中国の大学は95年から利益団体となり、どこもお客(学生)を集めるために必死である。うちは就職率がいいですよと勧誘にいそしむ。卒業するには内定証明書を必要とし、内定をもらえない学生を卒業させないことにした。未就職者を出さなければ就職率は下がらないし、留年すればそのぶん授業料もとれるからだ。一石二鳥、ていうかこれじゃ詐欺である。中国の失業率は公式には4%。うそっぱちだ。実態は10%を超えている。

北京や上海など大都市に住む人たちの年収は、全中国平均の8倍もある。そんなひとたちでさえ標準的なマイホームを購入するに年収の13~15倍かかるという。日本だと、世帯年収600万円の家族が9000万円の物件を買うのと同じである。しかも年利は日本より高い4%。30年ローンなら返済総額1億5千万円を越え、月々の返済金は43万円もする。手取り給料と変わらない。30年どころか、ひと月ぶんだって払えない。そりゃ暴動のひとつも起こしたくなる。当局に暴力的に阻止されるが。

そもそも経済成長率が9%というのもあやしい。例えば中国の経済統計をみると自己資本利益率は、なんと5.6%のマイナスとある。利益は出ていないのに経済が成長しているのだ。いったいなにによる成長なのか、ていうかそもそもマネー供給過剰によるただのインフレじゃないのか。

なにかと信用できない中国ではあるけれど、政治力はなかなか手練れている。なにしろあれだけ人の言うことを聞かない人民を治めているのだ。日本の政治家や官僚も外交でころりとやられる。日本のマスコミも、中国当局のスポークスマンに手なづけられている。そんな中国も米国や欧州の政治家相手に苦戦する。つまり、それだけ日本のレベルは低いということだ。

残念なことである。

でも思うのだけど、もし力のある政治家たちが日本を治めていたら、こんなに民間の力が育たなかったかもしんない。「ああなっちゃおしまいだな」という反面教師をやってくれたからこそ、国民はたくましく育ったのだ。このまま国に任していたらダメになると自ら切磋琢磨したのだ。

与党も野党もマスコミも、寄ってたかって管さんをなじりながら、
ほら見て、日本がひとつになってる・・・
ありがとう菅さん。それと残念な政治家さんたち。

こんな政治家やマスコミが中国にいたら、
それこそ日本にとって驚異である。

5 件のコメント

  • こんにちは。
    もう「なにしろあれだけ人の言うことを聞かない人民」に反応してしまいました。
    はい、わかりました、と言った先から、自分の都合の良い解釈をする・・その解釈の一人ひとりみな、ちがうんです・・(笑)ところで、中国人が日本の山林ろ買い占めていると小耳にはさみました。目的は「水」絶対にやめてもらわないと・・そのうちここは中国だっていいだすんじゃないかな。。

  • そうかあ。。お茶の間爆笑劇のような現実味のない、日本の政治家総出演の国会内外ドラマにも、それなりの意味が、っつーか、

    日本の政治家ってひどいレベルだよね。国民の重荷になってるぜって、いつ気がつくんだろう…。

  • そうだったのかぁ〜。
    中国の経済の実態をわかりやすく説明してもらい、私はまだまだマスコミに洗脳されてるんだと実感しました。

    中国の人って、どんなに明るくて勤勉で爽やかで、一見、非の打ち所がない人柄ににみえたりしても、
    「自分が間違っていても決して謝らない人達」
    それを実感した体験があります。
    驚き、不思議に思っていましたが、あるときそれが国民性だと知りさらに驚きました。

    日本国民の多くが善良に育つよう、官僚や政治家が一役買っていた…。
    ついつい悪いところばっかり批判しがちだけれど、見方を変えれば考え方も変わりますね!
    未来も変わりそう♪

    なおきんさんの視点は視野を広げてくれます。
    使ってない脳の一部を刺激してもらってる感じ。
    なおきんさん、いつもありがとう!

  • ニモさん、一番ゲットおめでとさまです!
    日本人の常識だと違和感がありますが、中国人はダメもとで多くを要求してきます。強く出れば引くんですが、譲歩すると「くみやすし」と舐められる。だからあの国をおさめる為政者は常にアメよりもムチで制してますね。すでに中国海軍は沖縄を奪う軍事じミュレーションをやっているはず。コワイですね。基地移転問題と微妙に絡んでいるんです。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、国家予算がかかりすぎる大きな政治から、小さな政治へと移行するには、いわゆる国からの保証や手当を減らさざるを得ない。でも減らされると困る国民もいる。じゃあやっぱり減らしちゃ駄目ですよねとばかり、厚く税金をとり、よくわからない財団法人をを作っては天下りさせているのが政府・官僚。そこに論理の飛躍がある。説明責任を果たしていない。困ったもんですね。それにしても庶民はたくましいです。つくづく。
    ——————————-
    はてなさん、中国経済のアキレス腱はインフレです。国民が豊かになれないインフレ。一部のところに極端にお金が集まるタイプのそれです。そのお金の出資元に還元されるタイプのインフレです。出資もと?BRICsを崇め、全世界から投資させている張本人たちです。中国の繁栄は、中国人ですらない別の意志が働いていそうです。やれやれ、気がつけばとんでもないものを相手にしているのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。