過ちは繰り返しませぬから

ドイツで働いていたとき、同じ職場のフランス人(女性)と大激論を交わしたことがある。きっかけは原爆記念日。「投下以来、日本では原爆が落とされた同日同時刻に一分間の黙祷をしている」という話をしたことだった。

彼女曰く「犠牲者はコリアンもいるのになぜ隠すの?」

はじめ、なんのこっちゃ?と思った。
誰の入れ知恵か知らないが、強制的に連れてこられた朝鮮人も亡くなったにもかかわらず、日本人はそれを隠しているという認識でいるのだ。たちが悪いのは、それを根拠に「本当の犠牲者はコリアンの方でしょう?」と結ぶ。戦争を起こしたのは日本人なのに、犠牲者ヅラをするなということらしい。巻き添いを食らったコリアンこそいい迷惑だと。

「隠してなんかない」とぼくは反論する。

原爆資料館でも在日朝鮮人をはじめ、外国人被爆者が少なからず存在し、このうち数千人の死亡者がいることは小学生の課外授業で習った。

「たった数千人!?」と彼女はわざとらしく驚いてみせる。「コリアンだけでも3〜5万人も亡くなっているのに?」と。

ばかな!と思う。
当時広島市の人口は35万人。このうち原爆で亡くなられたのは1945年時で14万人。このうち5万人も韓国・北朝鮮人が亡くなっていたとするならば、もともと広島の人口の3分の1が韓国・北朝鮮人で占められていたということになる。そんなの、まずありえない。

「日本政府は都合の悪いことは隠すし、教えない」と彼女は言う。ちなみに彼女は南京大虐殺についても詳しかった。ただし、Newsweek誌など左派メディアの受け売りが多かったのだが。

宮崎駿監督映画『火垂るの墓』を韓国や中国で上映しようというとき、「日本人を戦争の被害者にみたてていいのか」という議論があったという。あの戦争の加害者は日本人で、被害者は巻き込まれたアジア人。議論にはそんなすり込みが背景にある。

無辜の市民の上に核爆弾を落とし、大虐殺を行いながらなお「正当性」を主張し続ける米国と、利害を共有する韓国と中国。あげく、フランスの普通のお姉ちゃんにまで「日本人は加害者であるべき」と言われる始末。それが悔しく、大激論となったのだ。かつては植民地を保有し、いまは核兵器を保有するフランスが、人のこと言えた義理か、と思う。そもそも初戦からドイツに負けたくせに、終わってみればいつのまにやら戦勝国、というのもおかしいではないか。

原爆ドームのある平和記念公園内に設置してある「原爆死没者慰霊碑」には 『安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから』と刻まれている。異論反論を退け、いまだにそれはある。「広島市民は世界市民の一員として・・」などとよくわからない理屈がこねられる。原爆を落とされ、多大な一般市民が虐殺されてもなお、加害者でありつづけなくてはならない宿命。


原爆死没者慰霊碑の石室にある石碑

これではたして「安らかに眠れるのか」と、当時子供ながらに思ったものだ。そして、いまでも8月6日が来るたびにそう思う。

4 件のコメント

  • プチお久しぶりです。長崎でも今朝8時15分にサイレンが鳴り響きました。
    戦争は『正義が勝つ』といよりも『勝ったら正義』という感じなのでしょうね。たとえ勝ち馬に乗っただけであっても・・・。
    さらに戦争は事実が消され、勝者に都合のいい情報だけが年々衣を身にまとっていきながら武装されていっている気がします。
    勝ち=正しい、負け=誤り、ではなく、真実を見つめた上で、冷静に客観的な史実を見ていきたいものです。

  • 過ちは繰り返しませぬから、という文、子供のころはもう戦争はしないというくらいの意味にしかとらえておらず読み過ごしていました。過ち=原爆投下だとすると、それは投下した国が言わなければいけない台詞ですよね。
    人間に対してあんなひどい殺し方をして、どんな兵器かわかった上で核競争をし、核実験で放射能をまきちらしていったのですから、正義感というのはつくづく恐ろしいです。

  • 私も広島県人として、8月6日の原爆の日は特別な思い入れがあります。
    毎年必ず平和式典をテレビで見ながら、8:15に黙祷を捧げています。
    どこの国が加害者で、被害者でという議論を超えて、
    「過ちは繰り返しませぬから」という言葉は戦争で亡くなった方々へ、
    今生きている我々の精一杯の想いな気がいたします。

    平和な世界がつづきますように。

  • mu_ne_2さん、一番ゲットおめでとさまです!「勝てば官軍」といいますからね。勝ったほうがその正当性を後世に残しやすいということでしょうか。大和魂におそれをなした米軍は、戦後日本には「戦争罪悪意識プログラム(WGIP)」を実行しました。この影響はいまだにありますから、すごいですね。
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    米国は核兵器使用によって「米国は悪魔」というレッテルを人類史に刻まれることを恐れ、自分たちの正当性を裏付ける必要があると認識し、後世の人類が「あれは落とされて当然だ」と思われるよう、日本人に罪をかぶせ、いかにひどいことをしたかを捏造する大キャンペーンを行いました。これが前のコメントに記したWGIPですね。これが東京裁判であり中国や韓国の反日教育を後押しさせたという意味で、原爆投下を放射能以上にじわじわと日本人を苦しめてきました。碑文もWGIPの影響を受けてのことだったといわれています。
    ——————————-
    Kikiさん、初コメントありがとさまです!
    同郷の方ですね。うれしいです。原爆投下を命令したトルーマン大統領は、マンハッタン計画(核兵器開発計画)の後半くらいから「原爆を2つ落とすまで日本を降服させるな」と側近に伝えていました。B29の編隊を二つに分け、最初の編隊を通過し空襲警報が解除され、市民が防空壕から出たタイミングを狙って次のB29がこれを落とすという手段をとりました。より多くの市民を殺傷するためだけに。ぼくには「過ち」を犯した人はやっぱりこの人以外に考えられません。市民をあれほど殺さずとも、日本は降伏の準備をしていたわけですから。とはいえ、黙祷の時には焼死した祖母のことも脳裏に浮かべます。そして、Kikiさんと同じように、このことはきっと加害者・被害者論ではないのだろうと思い、平和を願います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。