中国人大富豪の運命

むかしから「美人はくめい」なんてことをいう。
幸が薄いと書き、短命と不幸のダブルミーニングである。
誰もがうらやむ美人、ゆえに心労も多いのだろう。
他人から恨みを買うことも多いかもしれない。

世界の「富豪ランキング」特集が英字雑誌などで恒例である。
国内でも長者番付で各界の有名人をうかがい知ることができるも
世界スケールとの比較では見る影もない。
やはり日本を格差社会と呼ぶのは、まだおこがましい。

年次のアジア版富豪リストでは、中国人の名前がわりと目立つ。
だが記憶に残ることはあまりない。二度載ることが少ないからだ。
浮き沈みが激しい社会ということもありそうだが、

薄命であるというのも、理由のひとつである。

中国の新聞『新文化報』は同紙で、
2003年から今日までランクインされた大富豪のうち、
すでに72人が死亡していると報じた。

19人は病死で、7人が事故死。自殺が17人で他殺が15人、
加えて14人が死刑執行で亡くなっている。

病死の死因は老衰もありえるのでは?
調べてみると、病死の平均年齢はたかだか48歳である。
同じく、事故死50歳、自殺50歳、他殺44歳、死刑は42歳と若い。
とても天国に召されやすい死に方とは言えない。

中国ではよく「お金があっても素振りを見せるな」といわれる。
「あの人が!」と思うような意外な人が富豪だったりする。

それだけ中国人社会では妬みや恨みを買いやすいのかもしれないが
その前に、悪事を働き私腹を肥やす富豪が多いというのも問題だ。

貧民層は貧民層で、自分の血や臓器を売って糧を得、
富裕層は富裕層で、命を縮めて贅を尽くす。

中国・・・

なかなかしびれる国である。

11 件のコメント

  • うーん、naokinさんの切り口って、素晴らしい。
    "out of the box thinking" でいつもうならされます。よく観察してらっしゃるなぁ。
    私もnaokinさんと同じように右手(手首や指まで)激痛に悩まされています。お互いに大事にいたしましょう。お大事に!

  • さすがnaokinサン 紅茶の話といい一味違いますね!

    私のブログの8/19に一部引用させていただきました。
    いくら金持ちでも不幸なら、悪魔に魂を売ったようなもんですね><
    でも目指すのは”清貧”ではなく、”清富”なんですが、これがなかなか難しいのですが
    なんか役に立つものを発明して特許でも取るとかかなぁ^^;
    私も左肘を痛めているので、先日のストレッチを試しましたら、少し楽になりました。ありがとうございます。
    では、お体大切に♪

  • さすがnaokinサン 紅茶の話といい一味違いますね!

    私のブログの8/19に一部引用させていただきました。
    いくら金持ちでも不幸なら、悪魔に魂を売ったようなもんですね><
    でも目指すのは”清貧”ではなく、”清富”なんですが、これがなかなか難しいのですが
    なんか役に立つものを発明して特許でも取るとかかなぁ^^;
    私も左肘を痛めているので、先日のストレッチを試しましたら、少し楽になりました。ありがとうございます。
    では、お体大切に♪

  • 最後の締めにチョット苦笑い。
    というのも、先日香港人の元彼がfacebookに「あぁ〜超貧乏。血でも売るか・・・誰かの!」って書いてたからです。戦後ならともかく今の日本でこの発想はないですから。やっぱりお国柄ですかねぇ〜。

  • 最後の締めにチョット苦笑い。
    というのも、先日香港人の元彼がfacebookに「あぁ〜超貧乏。血でも売るか・・・誰かの!」って書いてたからです。戦後ならともかく今の日本でこの発想はないですから。やっぱりお国柄ですかねぇ〜。

  • 参考までに教えて欲しいんですが、2003年から今日までランクインした中国大富豪の総数は何人でしょうか?
    72人の母数はどのくらいかな?と 気になったので。

  • 参考までに教えて欲しいんですが、2003年から今日までランクインした中国大富豪の総数は何人でしょうか?
    72人の母数はどのくらいかな?と 気になったので。

  • さっきネットで拾ったら、中国本土の大富豪は2003年がよく分かりませんが、'04〜10年で279人みたいですね。
    大富豪の4人に1人が7〜8年で早死にする国って><

  • さっきネットで拾ったら、中国本土の大富豪は2003年がよく分かりませんが、'04〜10年で279人みたいですね。
    大富豪の4人に1人が7〜8年で早死にする国って><

  • あんじぇらさん、一番ゲットおめでとさまです!
    たぶんあんじぇらさんもそうだと想像するんですが、ぼくはわりとどうでもいいことが気になるタイプです。どうでもいいことなんだけど、わりと根が深いんじゃないか?と思っちゃうと、もうとまらなくなります。だから右手もやられちゃうんでしょうね。お互い気をつけましょうね。
    ——————————-
    ムインさん、
    3つもコメントをいただきまして、ありがとさまです。左肘で悩まれている方、けっこういらっしゃるんですね。あんな記事が役に立ったときき、とてもうれしいです。めんどくさいイラストを、自分の腕をねじりながら書いた甲斐があるというものです(傍から見てると、とてもバカみたいだったはずです)。中国の大富豪の数について、ぼくが調べたのは記事でも紹介した貴州の新聞の他、亜州週刊、東方日報といった週刊誌ですが、8年間で合わせて480人を超えていました。たぶんダブっているのもあるでしょうから、おそらくムインさんが調べられた数字は信ぴょう性があると思います。
    ——————————-
    siusiumaoさん、なかなかそのセリフもしびれますね。ていうか、「誰かの・・」かい!iPadが欲しくて、自分の腎臓を売ったお金で調達したという中国人の少年もいるとかで、わりと日常的に行われてるんだなと唖然としました。こわいですね。長寿のために嬰児を食べる習慣も、まだ残っているとも聞くし・・

  • 8年間で480人超ということなら、中国本土以外の台湾、香港の人数も合わせてという感じですね。
    毎年何十人か数字が挙がってましたから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。