北朝鮮が中国内乱のトリガーに

北朝鮮の3回目の核実験。
周辺の日本や韓国、米にも脅威だけど、いちばん恐れていたのは中国共産党かもしれない。北朝鮮も加盟している国連には国際平和に驚異となる国を制裁する権利がある。口頭で注意する「非難決議(40条)」、兵糧攻めの「経済・金融制裁(41条)」。そして実力行使である「武力制裁(42条)」の3つ。北朝鮮は今回で3度目。仏の顔も三度、ということもあり42条が発動される可能性もあった。つまり国連軍による北朝鮮攻撃である。

北朝鮮へ武力制裁するのは中国の役目だ。
だが困ったことがある。事実上、北朝鮮に核実験をさせたのは中国人民解放軍、その全兵力の80%を占める瀋陽軍区の可能性があることだ。ここ数年、中国はいよいよ政府が軍部を抑えられなくなっており、ほとんど先軍政治(軍優先、政府追認)状態である。経済的にも国際的にもダメージでしかない反日暴動や、尖閣周辺の軍事威嚇、自衛隊艦船へのロックオン照射など、これらは政府主導の判断とは思えない。

中国共産党政府のための人民解放軍ではなく、人民解放軍のための中国共産党政府。そのように立場が逆になった可能性がある。(いずれも「中国人民のため」でないことに注目)ともかく中国は北朝鮮と同じ、先軍政治による軍事国家というわけだ。人民解放軍には7つの軍区があるが、政府お膝元の北京軍区の規模は瀋陽軍区よりずっと小さい。瀋陽が暴走すればだれも抑えられないのだ。


人民解放軍は7つの軍区にわかれ、もっとも規模が大きいのは瀋陽軍区

3度目はまぬがれたが、北朝鮮がもし4度目の核実験をやれば、国連制裁決議42条が発動されるだろう。常任理事国でもある中国は、瀋陽軍区に対し北朝鮮攻撃の命を出す。だが瀋陽軍区は動かない。逆に銃口を共産党政府に向けてくるかもしれない。彼らこそ北朝鮮核実験の当事者なのだから。それで手にした核もある。意味するところは中国の内戦である。

もちろん中国は国連決議に対し、拒否権を発動することもできる。まがりなりにも常任理事国である。だけどそんなことをすれば国連は、いや国際社会は中国を北朝鮮と同類とみなすだろう。中国のGNPの40%は対外貿易によるものだ。国際社会から干されれば、中国は干上がる。

中国はいま二つに分裂している。
ひとつは「改革派」とよばれる経済発展を推進する派。経済的に恩恵を受け豊かになった人たちである。もうひとつは「文革派」と呼ばれる毛沢東を懐古する派。文革とは、かの文化大革命を指す。自分たちだけが貧しいのは許せない。毛沢東時代のようにみんな清廉に平等でいよう、という派である。前者が習近平率いる中央政府、後者が粛清された薄煕来らの派閥であるのだろう。反日暴動中、毛沢東のプラカードが多く散見された。あのとき中国政府が反日暴動をやめさせたのは、日本や国際社会への配慮ではない。自分たち改革派に歯向かう文革派を抑えこむためであった。


▲ 2012年9月の反日暴動には「毛沢東」プラカードまで登場した。


毛沢東のそっくりさんまで登場。こうなるともはや「反日」が目的のデモではない。

共産党政府に求心力がなくなり、不正や横領、環境被害に対し、年間18万もの抗議デモが起きている中国。デモというレベルではないかもしれない。デモ隊は暴徒化し、鎮圧部隊は構わず銃をぶっぱなす。それぞれに死傷者がで、被害も甚大である。「文革派」は貧しいものたちの味方という立場を取り、勢力を拡大するが、かといって清廉潔癖というわけでもない。中国は経済もモラルもがたがたで、共産党政府はいつひっくり返ってもおかしくないありさまだ。習近平がラスト・エンペラーと呼ばれるゆえんは、中国共産党は彼の代で終わるだろうという予測によるものだ。

北朝鮮による4度目の核実験。
早ければ今月という予測もある。
国連42条は発動されるのか?
そのとき中国はどうなる?

日本で暮らしていると、まるで別の星の出来事のように思えてくる。だが現実は、東京からわずか1300km圏内で起きている。それはミサイルがじゅうぶん届く距離で、リスク排除をするはずの自衛隊はいまだ手足を縛られた状態のまま。飛んでくる核ミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とすのは、発射台を攻撃するより何倍も何十倍も困難なのである。仮に日本が北朝鮮の発射台を攻撃しても死ぬ人間はわずかだが、北朝鮮の核ミサイルが日本に落ちればあたりには何十万人も死体が転がるかもしれない。ぼくやあなたもそのひとりかもしれないのだ。日本人の生命も安く見積もられたもんである。しかもその足かせは、日本人自ら課しているという事実。後世の人達はこのへんちくりんをどう笑うだろう?

歯がゆい北朝鮮。それは習近平も同じ。
だが、北朝鮮を事実上支配しているのは、なんと我が人民解放軍のよりによってもっとも強力な瀋陽軍区。味方のはずがなぜか敵。軍の意向が優先されるいまの中国は、たとえ経済的に国益があろうと日本と仲良くできない。軍に逆らえば習近平とて、いまの地位にいられないのだ。

猛る軍をなんとかなだめ、突き上げる人民をただ抑えこむ。ふってわいた「靖国参拝」をこれ幸いにと抗議をし、巡視船を尖閣諸島に差し向けるなど、せいぜい国内の「不満のガス抜き」でもするほかない。

そんな中国の、靖国参拝への抗議に対する安倍政権の毅然とした態度は、久しぶりに溜飲が下がる思いがする。

6 件のコメント

  • う〜ん、頑張って欲しいものです、安部政権には。ぜひ核武装して〜、そうすればプルトニウムの使い道開けるし、原発の様に「爆発しない前提だから怒られる」もなくなります、だって核爆弾って爆発して当たる前、しなかったら「税金の無駄使い」なんですから。どんどん核爆弾作って、その統計を発表しまくり、「やったらやられる」って気持ちを醸成しましょう。平和が一番だけど、その平和を維持するためには武器も必要です。攻めて来られたら、女が犯される前に、子供たちが殺される前に、超大型核爆弾炸裂を日本全国で炸裂させて自決。勿論、その前にありったけの水爆を敵地に発射するんです。こうなったら、日本も「先軍政治」ならぬ「自衛隊優先政治」で挑もう。徴兵制をひいて税金の節約すれば、武器なんか幾らでもアメリカから買ってあげて、ご機嫌とりも万全ですし。あ〜久しぶりに興奮しました。

  • でも、ドイツって、あれだけソ連邦と緊張関係にあった時も、ロシアになっても、先の首相は引退後にロシア最大のエネルギー会社(ガス)の重役に納まって橋渡ししてるし、それで右翼に責められるわけでもないし、徴兵は最近に「若者の可能性を摘み取って、社会の損失だ」って廃止したし、福島の原発事故を目の当たりにして、日本の自民党的なポジションのCDUの首相がすぐに「原発は壊滅的なリスクがあって、たかが電気の為に故郷や国を無くす合理性が無い」って原発廃止を主導して決めてしまったし、近隣の国々とは仲良くしてて、フランス人がドイツ人の経営しているパリのお店に押し入るとか、ドイツ人をシャンゼリゼで殴るとか、欧州では想像もできないほどの緊張が極東では存在してますね。ドイツと日本の戦前て似ていて、戦後も似ているのですが、冷戦後は似ても似つかない感じです。どこで、日本はドイツの様になれなかったのだろう、って、ここドイツに居ると日本の今の総合的な状況が「すごくリスキー」に思えて、残念です。

  • つい最近、地元の高校に通う娘に生物の先生が、「あなたもハラキリが趣味なの?」って真顔で訊いたそうです。その手の話には娘は慣れっこなんで、「先生、もし私の趣味がハラキリなら、ここには居ないでしょうね」 って言うと、「どうして?」 と問い返すので、「だってハラキリって自殺のことだもの」 って答えたそうです。そしたらその先生目を丸くして 「あ〜あ、ハラキリってそういうものなんだ〜」 って妙に関心していたとか。私も26年前にドイツ人のおばあさんに、「日本にはコーヒーがあるの?」 って大真面目に訊かれて驚いたのをかわきりに、ドイツ人に限らず、ヨーロッパ人の日本関係の知識って、「無いも同然」 なことを繰り返し繰り返し体験し続けています。これって、福沢先生の脱亜入欧から100年余りも経っているのに、「壮大な片思い」 である証です。欧州に、「脱欧入亜」を唱えて大学を設立する思想家が居たら(そんなのは未来永劫ありえないでしょうが)なんて空想すると、「なんて現実感の無い空想だろう」 って自己嫌悪に陥ります。今居るのは 「アジア」 なんですね、昔もこれからもずっと日本の地政学的な位置は変らないので、2000年前の弥生人系と縄文人系が最後まで殺しあわずに「和解」したのが日本、「和」 は日本人の基本ですから、隣近所にどんなにおかしい人たちが居たとしても、「我を忘れる」 だけはしたくはないと思います。戦前の日本だって外からみたら 「とんでもない国」 だった訳で、でもそういう時代を経ないと社会って進歩しないんでしょう、きっと。そんな希望的観測って 「素敵だな」 って思うのです。

  • 最近、自分の実父が死んで、誰もが知っているような「大神社」に祭られたんです。納骨式のようなものが近々にあるって聞いてますが、今のドイツ人の女房と結婚する時に「長男なのに親を捨てた」と言われ勘当されているので、別に行きません。親父も息子も最後まで頑固でした。そんな親父の生前の様子、特に自分の子供の頃は、実家には40年以上前から「天皇陛下(昭和天皇)が使った応接セット」があって、全国行幸の際に泊まった地元で一番のホテルで使ったものだとか。実父はある信念があって「大の天皇家ファン」だったので、そのホテルの親父さんと飲み友達で、かつその昔に貸しがあって、強引に買い取って来たんだそうです。そして、来る客来る客に「これは天皇陛下がお使いになっていた応接セットです」と切り出していました。また、昭和天皇が全背広を作らせていたテイラーで毎年2回背広を新調して50〜60着あったようです。私も8歳の時にそのテイラーで背広を初めて作ってもらいましたが、仮縫いで3回も通った記憶があります。でも、全従業員の「慇懃な言葉使い」に子供ながら壁壁したのでした。そして、9歳からは「拒否」したのです、そこで背広を新調するのを。実父は「お前は馬鹿者だ、天皇陛下と同じテイラーで背広を作れる幸福をかみ締めるのに」って嘆いていました。彼は、普通の日本人が聞くとビックリするような確信を持って天皇家を敬い崇拝していたのです。そんな変わった親父が自分は大嫌いでした。「頭おかしい」なんて青春時代は考えていました。だから、今、某大神社に祭られることに少しも違和感ありませんが、今思うと、彼の天皇家に対する想いって、「純粋」だったですね。それを頭から否定するような態度を取った(私自身は天皇に対して普通の日本人ぽい感想しかないのですが)自分の人間の幅の狭さを後悔しています。

  • 様々な民族を抱え、同じ漢民族でも地方によって言葉が違う中国。党中央、政府、地方の政府と党、軍隊。それらの中でも派閥やら何やらがあると考えると、中国首脳陣の苦労は、日本の政治家どころでは無いだろうな・・・と思えてきます。だからこそ共通の話題、目標が必要で、日本はそれに・・・と、色々な所で聞きますね。対象にされる方は、たまったもんじゃないですが。

    尖閣諸島について、中国軍人が「確信的利益」と発言したとの報道があり、背筋に冷や汗が流れる思いがしましたが、ここまで強行姿勢を採るのも、新体制になったばかりだから?中国の最新鋭戦闘機が尖閣に40機飛来との報道もあり、地域紛争にならない事を祈ります。ただでさえ、発電用燃料のせいで貿易赤字なのに、財政が・・・。

    安倍首相の政策、報道を見てると堅実な印象を受けますね。民主党時代+震災の混乱の後だから、余計にそう感じます。このまま、庶民のサイフが回復する程度に景気が良くなって欲しいものです。何せ、ガソリン代が上がってきましたし、燃料費が上がれば、製造・輸送費で全ての値段が上がってしまうので・・・ああ、恐ろしや。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    まずはお父様の訃報、お悔やみ申しあげます。さてそれにしても長文コメントが、しかも3タテ(笑)。いったいどんなスイッチが入っちゃったんでしょうね。ブログ記事書いちゃいました、てなかんじですね。2日かけて読ませていただきました。それにしても天皇陛下と同じテイラーで背広を作ってもらっていたことがあるなんて、なんて子供だったんでしょう同僚さんは。しかも拒絶、9歳なのに。>自分の人間の幅の狭さを後悔しています
    <そんなことないです。少なくとも体の幅はちっとも狭くないです。
    ——————————-
    楽庵さん、
    まったくです中国首脳陣の苦労は並大抵ではないはずです。だからいつでも中国を脱出できるよう海外に蓄財をするわけですね。「革新的利益」恐ろしい話ですね。言わせているのは軍部です。自分たちの力が世界にどんな影響があるのかを、見定めたい気持ちでいっぱいのようです。中国をここまで堕落させたのは共産党政府だと決めつけ、毛沢東がやった先軍政治を崇拝しています。金なら核で脅して奪えばいいくらいな感覚でいるところが、「気狂いに刃物」的な怖さを感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。