希薄化ストレス

我が家にちびきちがやってきて、はや4年。
そりゃまあ、手間もおカネもかかるけど、
こいつのおかげで、日々のストレスが減った。
これはなにも「癒される」だけが理由じゃない。

ひとはだれも、
自分の存在が希薄になるとストレスが生じる。
無視されたり、ないがしろにされたりすると
不安を感じて、これがストレスになる。

忙しかったり、人前で緊張したりするより、
評価されなかったり、社会に貢献できないほうが
意外とストレスがたまりやすいのだ。

髪型をひんぱんに変えたり、
ひどく厚化粧がちなひとは、
案外ストレスが原因かもしれない。

自分の存在をアピールするのは
ストレスから逃ようとする本能でもあるからだ。

ぼくにとって2007年という年は、
それなりにストレスを感じやすい時期だった。
原因は仕事。あの年のぼくの仕事ぶりは最低だった。
いったい自分はこれまでなにをやってきたんだと
今だから言えるのだけれど、毎日悩んでいたのだ。

きっとそれまでが凄まじかったからかもしれないし
サラリーマン生活に馴染めなかったのかもしれない。

ちびきちが我が家にやってきたのは、そんな時だった。

▲ ブリーダーさんから手渡されたばかりのちびきち(生後2ヶ月)

無条件に自分の存在を喜んでくれるちびきち。
後ろの壁が透けて見えるほどの存在だった自分が
ほんの少し、持ちなおしたように思えた。
単に、日本の生活に慣れただけなのかもしれないけど。

ともかくその時は確かに
こわばりがほぐれ、ふっと軽くなるような
不思議な感触が身体にあった。


▲ 棒ガムをかじるときは、両前足でしっかりささえて

どんな些細なことだって、
自分が存在してもいいという確信を持つことは大事だ。

ドイツのホームレスは、よくイヌを連れていた。
その気持ちが、ぼくにはとても良くわかる。

▲ こうやっておでこをくっつけちゃうのが、どうやらぼくのくせのようです


ねえね、なんでにんげんってストレスなんてあんのかな? さあ、ムダにせがたかいからじゃないの? うん、たしかにたかいところはストレスあるよねー。 そうだ、コワイねー。 コワイわよねー。




8 件のコメント

  • ストレス、溜まりましたね、あの頃。だから食べっぷりも今考えると「異常」 でしたね、米だけで毎日一升は食べていたでしょう。なんせデザートがざるそば3枚ですもんね。なおきんさんがその後に会社の内外でネタにしていたようですが …まあ、本社連絡に行った時に1週間で20食分の会食費清算したり、マッサージ代だしちゃったりで、当時の経理部長と刀持ち二人にネチネチやられたのは 「悪い記憶」 です、10年近く経っても。しかし、破天荒でしたね 「二人共」 、それでストレスを発散できたのかもです。私はこう考えます。

    「ストレスとかけて消費税ととく」 その心は 「巡り巡ります」 です。

    ということは、ストレスって溜め込めば 「人の為」 になるし、発散すれば 「他人に押し付ける」 ものになるはず。エネルギーは消滅するのではなく、その形を変えて連鎖していくものだからです。すなわち、ストレスとは 「エネルギーなり」 。

    だから、 「面白いんですね、世の中は」 。

    あの頃の私は、ストレスを溜めて発散を繰り返してましたが、溜まるほうが多くて 「ストレス太り」 しちゃったんですね。でも、なおきんさんはいつもマイペースで、太りもせず、痩せもせず、横目で私の言動を楽しんでいたような ...ああ、だからストレス発散できたんだ!

    この〜、うまいことしてましたね、なおきんさん!

  • 私も同じクセがありましたよ(笑)

    仕事から帰ってきて、おでこをくっつけて、(今日はなにがあったの?どなたかお客さまがあった?)とか。会話ができる気がして(笑)

    愛犬のおかげで、子供の頃のいつからか心にぽっかりとあいていた穴が、しだいに小さくなって、いつしか、気が付いたら消えていました。

    存在自体が愛そのものでした。

    亡くなっても私の心の中にいてくれる気がしています。

  • ちびたんのお友達のみなさま、かわいいですねえ。
    もちろん、ちびたんが一番かわいい訳なんですが。

    存在の希薄化、最近実感しすぎで辛いです。
    バツもついてないし、これからずーっと1人なのかなあ
    とか・・・。
    人間は他人に認められて、こその人生なのだろうと
    私は思っています。仕事は評価され、パートナーとして
    お互いに認められ・・・。人生って難しいですね。

  • 犬を迎え入れてから髪を染めなくなり、化粧は薄くなり、毎晩の大量の飲酒をやめました。
    本当に私を必要としてくれる小さな存在が一番大事で、その子を命がけで守ろうと決意したときから人生が大きく変わりました、強くなりました。
    先代のラブラドールは私にとって最高のパートナーでした。
    今いるプードルも私にとって公私ともに欠かせない存在。
    犬は常に人間に愛を与える生き物ですね。
    なおきんさんとちびきちさんの記事を読んでいていつもうんうんとうなずき、微笑んでいます。

  • 愛犬と触れあっていると、不思議と心が安らぐんですよね~
    何なんでしょう?ワンコパワー!
    おでこスリスリなんて、萌え萌えです。
    今のシーズンは、毎日密着ラブラブ。
    小さな存分に日々救われてます。
    君の為ならかーちゃんは頑張ることが出来るのです!

  • 昔の同僚さん、一番ゲット、おめでとさまです!
    それにしても、あのころはすごい食べっぷりでしたね。昼飯が2回、晩飯が3回、加えて夜食。たまにおすそ分けしてもらいつつ、みているだけでストレス発散できましたね。それからハノーファーの出張帰りの列車中、ふたりでパソコンで対戦ゲームをやって、周囲のドイツ人から物珍しそうに見られていたのを思い出しました。ぼくはともかく同僚さんは目立ってたから。
    ——————————-
    はてなさん、
    おでこをくっつけると、なんだか思いが伝わる気がしたり、考えていることがわかるような気がしたりしませんでしたか?犬は飼い主さんに一生懸命何かを伝えようとして、それは実際伝わるんだけど、夢中でそのことを喜んだりしてくれますね。
    ——————————-
    わんわんわんさん、
    「このままひとりで」なんてありえませんよ。ちゃんと寄り添ってくれる方があらわれます。いや、気になる人がいたら寄り添っちゃいましょう。認められたい、と思ったらぜひ、自分から認めてあげることが大事だと思いました。
    ——————————-
    risaさん、
    以前はそんなに大量のお酒を・・!? とにかく愛犬の存在は大きいんですね。よく、犬を飼うと生活習慣が正されるといいますが、そのとおりかもしんないですね。早起きになったり、身体を動かすようになったり。なによりも愛らしさがカラダのホルモン分泌をよくしてくれるそうです。犬美人ですね。
    ——————————-
    faithiaさん、
    ああ、安らぎますねー。ぼくはあと、犬の後ろ首部分のにおいが好き。洗いたてのタオルの香りがするんです。なんかこう、精神が洗われるような気がしますね。よっぽどよごれてたんだなあ、と。かーちゃん、きょうもがんばってね!

  • なおきんさん、コメント返し1番返し、ありがとうございます。

    ええ、ありましたね、そんなこと。確か、エイジ・オブ・エンパイヤーのシリアルのクロス接続で2台を直で繋げて対戦してましたね。昨日の事のように思い出せます。

    今だったら、LAN用のクロスオーバーケーブルでもっと快適でしょう。Bluetooth もOKかもですね。あのゲームって殺気立ちますよね、瞳孔は開くし、鼻息は荒くなるし、飲み込むツバキの量は増えるし、耳は遠くなるし、でした。

    それにしても、1升飯って、お相撲さんじゃー無いんですから、事務系の職場であの体格、自分のXXXが見えないって、「人を不安にさせる」 んです(経験者談)。

    私の今のストレス発散方法は、なにしろ 「しゃべる」 こと。昔ほど 「寡黙」 ではなくなりました(笑)。

  • 昔の同僚さん、
    「エイジオブエンパイア」あれは本当にヤバイゲームでした。同僚さんはとにかく壁を作り、敵の侵入を阻む戦術に徹してましたね。それから「昔ほど寡黙」はまちがってます。そもそも「寡黙」であったためしがないので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。