不都合な真実がもたらしたもの

いまでは笑い話の一つになってしまった
アル・ゴア元大統領候補の『不都合な真実』。
だがその影響を勘案すれば、とても笑えない。

地球温暖化を脅しに使い、バイオエタノール燃料の必然性を唱え、石油から転化させるための補助金をばらまいてしまった。おかげで人間が食べるはずのトウモロコシは自動車に食べられてしまい、そのことで世界は恒常的な食糧高騰の原因のひとつになっている。

この男、あとになって「あれは失敗だった」としれっと言う。
早い話が大統領選挙勝利のためのエサだったのだ。そんな落選男のたわごとのために、いまだに地球温暖化を本気で信じている環境保護団体は世界中にゴマンといる。
原子力発電をクリーンエネルギーと崇め、広められたのも、火力発電が地球温暖化を促進させる「悪い発電」という触れ込みのためだった。だから福島第一原発事故以降、「地球温暖化」という言葉が新聞やテレビから消え去った。放射能はまだ消えないが。


アル・ゴア元米副大統領 ノーベル平和賞も受賞(2007)

ひるがえってみれば世界は大騒ぎである。
穀物高騰による食品の値上げがチュニジアの『ジャスミン革命』を勃発させ、あれよあれよとエジプトなど中東・北アフリカを席巻し、リビアでは内戦まで起こってしまった。どさくさに紛れて火事場泥棒的に石油利権を狙う欧米の姿はとても醜い。

補助金目当てのバイオ燃料増産、食料を燃料にしたおかげで食糧は高騰。これじゃ食ってけない、と怒った民衆が暴動を起こし政権転覆させるどさくさに、ひっそりと傀儡政権を狙う欧米諸国。石油価格も高止まりで、世界はインフレにまみれ失業者もうなぎのぼり。さらに暴動。以後繰り返し。

さて日本では「円高不況」などと、深刻さをアピール。
こういっちゃなんだけど、不況は円高がもたらしたものではない。
むしろ円安になったほうが深刻な不況になるおそれがある。
いまや円高のおかげで輸入される食料が安く買え、資源も安く買えている。世界のあちら側では毎日のパンが1週間で2倍になりながら、日本のパンは値段据え置きである。同じ場所でとれた小麦粉を使っておきながらこの差は、円高のおかげである。なぜかこのメリットについては報道されないが。

たいへんだ!円高だ。下げないと!と日銀が円売り介入などしているが、早い話が円を売り、米ドル債を買いまくっているわけだ。すでに破綻している米経済、暴落してもおかしくないドルを買い支えているのが実情なのである。こうなるともう、日銀が救っているのは日本じゃなく米国としか思えない。

新首相の野田さん。
得体はしれないが、声はいい。
だが日本の対米従属度は、3倍増しである。

それがどういうことになるか、あとでわかる。

7 件のコメント

  • ”得体は知れないが、声はいい”に、深夜笑ってしまいました。
    全く・・・ね。
    ニュースは台風情報だけにしています。

  • 「マッチポンプ」 ですね。アメリカ絡みの話は、彼らが火を付け、それを大きくさせて、消防自動車を送って、「火事場泥棒」 するのが、とても得意な国です。火事の後始末も、医療も、葬儀も、すべて彼らの息のかかった会社ばかりが押し寄せるわけです。そりゃ〜、「どこで火事があるのか分かっていたら」 楽勝ですね。もー、「いい加減にしろよ」 怒るべきでしょう。

  • 終わっていく国に従ったら日本も…?
    考えただけで恐ろしいです。

    温暖化は、太陽活動がかなり関係しているのだそうですね。
    太陽が出ると冬でも暑くなり、私が子供の頃に比べて、日射しが皮膚をつきさすような刺激です。

  • 最近「利他」の話を聞く機会がありました。如何にも仏教的な考え方だなと思いましたが、これを実践することで世の中の半分の紛争もなくなるのではないかとも思いました。
    教義に関しては米国は無理でも中国は理解できると思うんだけどな〜・・資本主義の欠陥なんでしょうか?

  • 私の回りも未だに政府は間違いないとか、京都議定書を信じて疑わない連中が多くて、キ印扱いされます。

    アルゴアの「あれは失敗だった」といっている動画か文書などがあれば教えてくださいませんか。
    なかなか見つからないもので。
    兵器用の核(技術)のための原発を地震国に作るのは、自爆テロだと分からないほど洗脳されている国民は、同胞が人体実験されているのに気が付かないのが情けないです。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    無用な緊張を生み、そこに兵器を売り込むというのも典型的ですよね。実証実験もついでにできるからますます高性能に。節操ないですね。まるで誰かの性欲のようです。
    ——————————-
    寿司屋のセガレさん、初コメント(ですよね?)ありがとさまです!
    そのうちG7かG20で「ああしときゃよかったかな」会議なんてのがあると、おもしろそうですね。
    ——————————-
    はてなさん、
    見渡せば米国に限らず、欧州(特に英国!)でも中国も中東も、もはや聖域がないくらい至る所で大変な事態ですね。温暖化はご承知のとおり太陽黒点が影響します。皮膚がんの発生率が急速に高まっちゃってますよね。どうかご用心。
    ——————————-
    おととさん、
    利他のはなし、ぼくもとてもきょうみがあります。いにしえより日本ではわりと庶民感覚までこなれてるんじゃないかと思うフシもありますね。中国と韓国は、儒教普及の影響が教義を断絶させたんじゃないかと思います。
    ——————————-
    ムインさん、
    京都議定書も、今にして思えばなんだったんだろうという気がしますね。そのあとでてきたCO2排出権売買なんてのがあり、日本は年間6000億円とも3兆円ともいわれるまるで罰金のような排出負担額なんてのを払わなくちゃいけないことになりました。なんだかこれも出来すぎてますね。アル・ゴア氏のコメントはバイオエタノール原材提供者への補助金祓いのことですが、タイムかエコノミストか、英国系の経済誌だったはず。原文探してみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。