十数センチメートルの仲

仕事をしているあいだ、ちびきちを
最寄り駅の託犬所にあずけている。
あずけ始めてから、もう5年になる。

留守番させときゃいいじゃない、犬なんだから

周囲から半ば呆れたように云われるけど
人間の1年間は、犬にとっては7年間。
12時間の留守番は、3日半の長さに相当する。
と考えればさすがに不憫である。

5年も通えば、そこは第二の家。
しかもそれなりに古株である。
そこには仲のいい友だちもいて、
うち、色違いのトイプードルとは
4年ものあいだ、いつも一緒にいる。
ガールフレンドといっていいだろう。

でもちびきちは、そっけない。
いつも一定の距離を保っている。

二匹、なかよく並んですわり

たまにそっぽを向いたりもするけど

おなじ景色をながめてる、二匹して。
こころなしかさっきより
少しだけ距離がせばまった

4年といえば、犬にとっては28年間。
短くはない時間を、過ごしてる。

十数センチだけ離れて、これからも。




6 件のコメント

  • いじらしい後ろ姿ですね。
    5年も託児(犬)所に通ってるんですね!
    人間の7倍の時間の速さ、納得です。
    うちの愛犬も、1拍旅行などで動物病院に預けられるたびに、
    捨てられるのかと思い泣き叫び、
    迎えに行っても憔悴しきっていました。
    あまりにも不憫で、当時は遂に旅行にも行かなくなりましたが…
    ちびきち君はGFがいるから託犬所も寂しくないのかな?

  • 小型犬はメンタルも弱いから、
    留守番は4時間が限度だ、と聞いていました。
    なおきんさんの勤務中、いかがお過ごしかと、
    ひそかに心配していました。
    今日の記事で、安心しました。
    これからも幸せでいてください(^^

  • 託犬所、羨ましい!!
    私がワンコを飼い始めた頃は、そんな環境がなくて、お留守番犬にしてしまいました。
    (犬の幼稚園とか言っても、開店が午前9時だったり…)
    今でも申し訳ない気持ちはありますが、休日はラブラブ で過ごすようにして罪滅ぼしです。

  • はじめてコメントさせていただきます(o^^o)
    いつものぞかせていただいて、ちびきちくんの姿を見てほのぼのさせていただいてます。
    我が家もワンコがふたりいますが、わたしがいないとき何してるんだろう?と想像しちゃいます。 きっと「仕事って言って遊んでるに違いない! 早くごはん作ってよ〜」とかウワサしてるんだろうなぁって。
    無条件に愛と癒しを与えてくれる彼女たちに毎日感謝です。
    なおきんさんのちびきちくんへの愛情がすっごく伝わってきて、心があったかくなります。
    河原のどこかで偶然に会えたらいいなぁ〜。

  • なおきんさん、お久しぶりです。

    最近、ここにこられてなくて、今日まとめて一気に読ませていただきました。
    とっても勉強になりました。
    なおきんさんが時間と労力を費やして調べて知識にされたことを、こうして教われてとてもありがたく思っています。

    ちびきちくん、愛されてますね。愛情たっぷり注がれてると、見る側も幸せな気持になれますね。
    お友達との三枚の写真、それだけで絵本になりそう。
    なおきんさんに絵本もリクエストしたくなっちゃいました。

  • まきぼうさん、一番ゲットおめでとさまです。
    初コメントもありがとさまでした。小型犬の留守番は4時間が限度なんですね。ぼくは外出も多いし、まとまった旅行もするから、あまりいい飼い主じゃないですね。いま住んでいる場所を決めたのも宅犬所と公園が近くにあるからでした。不憫で不憫で。
    ——————————-
    faithiaさん、
    留守番はやむを得ないと思いますよ。ワンコも飼い主の帰りをひたすら待ちながら、「まあ、こんなものかな」と受け入れてくれてると思います。休日はラブラブしてあげてね。
    ——————————-
    めいりんさん、
    初コメントありがとさまです!二匹いれば、留守番中も寂しくないかもしれないですね。きっとうわさしてるはずですよ。何時に帰ってくるか当てっこしてるかもしれませんね。河原で見かけたら声かけてくださいね。ちびきちは人見知りなので、吠えちゃうかもしんないですけど。
    ——————————-
    はてなさん、
    今回のイラストも大ざっぱに描いちゃって、いつも申し訳ないなあと思っていたところでした。ちょっと安心しました。ちびきちは宅犬所でも、犬よりも人といるほうが好きみたいで、たいていはスタッフの人の膝の上でくつろいでいるようです。これからも記事アップがんばります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。