反日デモ、原因は格差

反日デモ、迷惑被る中国人

香港の活動家が尖閣諸島に上陸して逮捕されたことをきっかけに、中国各地で反日運動が勃発しているという。続いて日本の地方議員が同所に上陸したことも火に油を注ぎ、さらに盛り上がる。まあ、おなじみといえばおなじみの光景だ。日本のメディアでは「25都市で日本車に火をつけ、日本料理店を襲撃」とあるが、写真やビデオを見ると、ひっくり返された車は公安のものだったり、襲撃されたお店にはふつうの小売店もある。いずれにせよ単に中国人が中国人のモノを壊したり奪ったりしているだけだ。

燃やしたり破いたりするためとはいえ、世界で最も日本国旗が売れているのは中国である。その次が韓国。愛情表現にいささか問題があるが、ほんとうは日本のことが好きなのかもしれない。

通常、反日デモは「官製デモ」といわれ、政府当局が群衆のエネルギーを使って政治目的を果たすために行う。2005年の国連常任理事国反対デモはまさにこれだ。これは1930年代から、基本的に変わらない。30年代当時は中国に住む日本人男女が数百人、考えられるもっとも残虐な方法で殺されたり(通州事件、済南事件など)と、ずいぶんひどい目にあったが、いまはそんなこともなくだいぶ穏健になった。


▲ 群衆にひっくり返され、棒で殴られているのは日本車ではなく、公安の車両。(日本車だったんですね、中国公安の車両)

官製デモか?

だが今回も「官製デモか?」と訊かれればビミョーだ。中国国内での報道は限定的である。同時多発的に起こったのもSNSの成果であって、裏で政府の手が回っているとは考えにくい。それならせいぜい同時に5箇所まで。25箇所じゃいざというとき、とても手に負えない。政府の一部にそういう動きがないわけじゃないが(たとえば香港漁船の尖閣への出航を許可した関係者)、総意ではない。それより、群衆の暴徒化は厄介だということをあらためて認識したことだろう。いざ自分たちに刃を向けられれば、89年の天安門事件の比じゃない。人民解放軍中国軍)は銃口の半分を常に自国民へと向けているが、これがその理由である。

写真やビデオを見ると、概してデモの参加者は若い。

仕事もないから、わりとヒマそうである。呼びかけはメールやSNSが使われたそうだが、まるで祭りや花火大会のように「みなさんお誘いの上」といったかんじである。日頃のうっぷんを晴らすいい機会だが、参加者ひとりひとりが日本や日本製に個人的な恨みがあるわけじゃない。

じゃあ何を恨んでいるかといえば、これはもう社会そのものである。共産党であり、金持ちであり、役人であり、成功者である。日本人が自分たちよりいい暮らしをしているのなら、日本人も含まれる。デモの参加者は自尊心が傷ついたり、社会的地位が脅かされている人たちだ。高い学費を払って大学を出ても希望する職はない。知見があり、情報収集もお手のものだが、成功している人と自分との差を思い知らされてもいる。学歴がなければないでさらに自尊心が傷つき、劣等感に苛まれている。車をひっくり返したり店に火をつけたりするのは、そのためだ。自分は一生、車なんて買えないかもしれない。店を構えて儲けることなどできないかもしれない。なら燃やして自分たちと同じにしてしまえ。というわけだ。

原因は格差社会

中国はいま、日本の数100倍、格差社会である。

格差が広がれば人々の不安が強まる。また格差が大きいほど、他人を信頼しなくなる。信頼が薄まれば、人と協力したり共有したりしなくなる。逆に、他人の行動をいちいちダメ出ししてみたり、批判ばかりするようになる。就活ではさんざん他人から採点され、格付けされ、品定めされ、落とされた。いまじゃSNSやブログなどでも格付けされる始末である。だれがだれとどこへ行き、なにを所有し、なにに消費しているか。これまで知らなくてよかった他人の妬ましい情報が、自分との差を知らしめ、劣等感を強める材料となる。うっぷんは溜まる。だが晴らす機会がない。

そんなとき、似たような劣等感を持つ知りあいから「街に出て暴れよう」と誘われる。他のデモなら捕まるリスクがあるが「反日デモ」なら当局から見逃される可能性が高い。「オーケー!やったろうじゃないか」となる。

こうしてうっぷんという火薬に導火線がつながれ、点火される。このとき、点火するものは日本だろうが尖閣だろうが生野菜*1だろうが、なんでもいい。きっかけさえあれば、それでいいのだ。

反日デモの正体なんてそんなものである。

仮に尖閣諸島が中国のものになったところで、それでいい会社に就職できるわけでも所得が増えるわけでもない。数年前なら日の丸燃やして小遣いがもらえたかもしれないが、たぶん今回はそれすらない。いささか乱暴ではあるが、目的はあくまでも「暴徒化してうっぷんをはらす」ただそれだけである。

というわけで「反日デモ」あくまでも中国社会の問題である。だから日本人としては、遠くからそっと「無茶して怪我しないでね」と見守るのが関の山。お気の毒さまです。

『香港イラスト写真日誌』から『東京イラスト写真日誌』へ移行してから7年が経ちました。早いものですね。よくもまあ続けてたもんです。で、今回の記事が東京イラ写における1111本目にあたります。平均すると、2.3日に1度の更新ペース。なんだかゴロがいいので、ちょっとヒトコトさせてもらいました。うーむ、いつのまにかとっくに王監督の現役時代のホームラン数を超えてたんだな。ちなみに香港イラ写は半年で148本。こっちは毎日更新してました。やっぱり若かったんでしょうか。

*1:生野菜:おおかたの中国人は生野菜を食べない

9 件のコメント

  • そう、日本を攻撃した人はヒーローになれるのです。尖閣諸島に上陸した活動家も、日本メーカーのデジカメを叩き壊した人も。お世辞にも、尖閣諸島に上陸した彼らは、外観で判断するのは良くないこと承知で書きますが、高い思想を持っている人とは思えません。だから、国と国の問題に体よく扇情された単純な人、と思って見ていました。
    日本人は原発反対の大規模デモはするが、国家間は問題を抱えていても、憎悪はなく、民間の友好には影響ない、と。
    だけど、どこぞの市議が中国のうっぷばらしの挑発にのって、対抗してしまいましたね。結果的に、これまでの冷静な日本の対応でどうにか均衡が保たれていたことが中国政府も少し気づいたようですが、今回のあの行動は日本人のレベルを大きく下げたと思っています。「これで日本人のうっぷんが少しでも晴れれば・・・」的なことを言っていたようですが、だれか、うっぷん持ってましたか???
    非常に幼稚な市議で、正直、あきれました。

  • うーん、色々考えさせられます。私には中国人の知り合いはいませんが、ごく普通の庶民の方、それもなるべく多くの人たちに話を聞いてみたいですね。反日教育が原因で、本当に日本は悪だと思っているのかどうか。
    今回の尖閣関連の話では、日本政府はもちろん、中国政府も「今は」戦争したく無く、その状況で領有権を主張しようとすれば、お互い挑発(主張)合戦となり、それに一番反応するのがマスコミとそれに乗っかる庶民で、お互い「コノヤロー」となっているように見えます。
    そんな時、普段の生活の鬱憤が溜まっている状態だったら…と考えると、日本人も今後どんどん景気が悪くなって、生活が苦しい人が増えると、反中デモなんてやらかすのでしょうか。他国の旗を燃やすような真似はして欲しくないけれど、反原発デモ見たら不安になるなあ。

  • 反日デモ。またかぁと思ってみていました。中国も韓国も、国内問題から目線を国民から外してほしい時に利用する手段と思っていつも見ています。
    成人するまでの教育課程で学んだことなどからすれば、その感情を奮い立たせるのは簡単なことなのかなぁと思ったりもしています。
    先日ふと立ち寄った馴染のスナック。新たなアルバイトに韓国出身の子がいました。ふと脳裏に竹島のことが浮かびましたが、話題にしてもお互い楽しくないだろうと普通に飲みましたが、長崎という土地柄もあるのでしょうが、日常で中国や韓国の人と触れ合う機会があります。群集心理とは別に個々は普通の人(一部過激な人もいるのでしょうが)。群集心理に任せる前に個々の心情で冷静に判断して欲しいものですね。

  • こんばんは。

    先日の反日デモで被害を受けた日本料理店のオーナーは中国人だったり、尖閣上陸でパフォーマンスしていた香港の活動家の中国の国旗を燃やしている画像が流出したりとなかなか混沌としていますね。

    そして今、日本国民の感情を刺激している韓国の行動。

    あのような倫理のない偏った考えを持った国とは未来永劫理解しあうのは無理じゃないか?とすら思えます。

    韓国の強硬姿勢にも驚きますが、外交で有力なカードを次から次に切っていって既に手詰まり状態。

    とても韓国国民の利益を考慮しているとは思えません。

    暴走した政治がどんな展開を見せるのか・・

    その時の日本政府は毅然と対応できるのか・・

    まだまだ緊張した状態が続きますが冷静に見極めていきましょう。

    失礼しました。

  • SNSが発達して、紛争・暴力行為が短時間の内に大人数を動員していとも簡単におこる世の中になりましたね。理由もなく暴徒と化して、家や物を破壊することに凄まじいエネルギーを使い果たす。一見、豊かになりつつある国の矛盾が吹き出してますよね。ほんとに、これがいつか自国政府に向けられる時がくるのかと想像すると恐いものがありますね…。日本がいつまでガス抜きの道具でいられるんでしょうね。
    世界中が混沌としているから、そう見えるだけでしょうか。

    世界中が混沌としてるように見えてきます。

  • 中国でできるデモとできないデモがあるのは、知ってます。日本もパレードとデモの警察やマスコミの扱い違いますね。世界中そんな感じで満杯のような気がします。誰が正しいか?なんて誰も言えない時代になってしまいました。さて、あなたはどの意見選ぶ?なーんちゃって。

  • べてぃさん、一番ゲットおめでとさまです!本当は公務執行妨害で逮捕し、裁判にかけなくちゃならないところをただの強制送還。これが法治国家のすることか?まるで放置国家じゃないか。と思ったものです。おかげで彼らの「反日ヒーロー」ぶりをお膳立てしてしまいました。一方同じく上陸した日本人のほうはとても「反中ヒーロー」にはなっていない。色々考えさせられましたね。
    ———————–
    楽庵さん、
    本当に日本を恨むなら「同胞中国人の所有する車を壊す」ようなことを彼らはしないでしょうね。同じうっぷんばらしをするにしても「反日」なら許されるし、目立てばヒーローになれる。そういう環境こそが問題だと思います。日本の反原発デモは、その主義主張はともかく、デモに集まった人たちの整然とした行動には感動すら覚えました。民度高いなあ、とほっとしたりもね。
    ———————–
    mu_ne_2さん、
    この度の反日デモで、もっとも警戒したのは中国政府だったと思います。怒りのマグマの本因は「反日」でないことも十分理解しているからです。清朝末期の「太平天国の乱」が起きた時の状況に酷似してもいます。日本にとって恐ろしいのは、国内のガスを一気に抜くカンフル剤として、日本に軍事的行動を起こすこと。その気にさせないよう、攻めこまれないよう防衛力を誇示する必要があると思いました。
    ———————–
    じさん、
    まったくですね。車にせよ料理屋にせよ中国人オーナーはいい迷惑でした。尖閣諸島は一応日本が実効支配していますが、竹島問題よりこっちのほうがじつは深刻だとぼくは思っています。中国は長期戦で尖閣、沖縄を奪う計画である気配がひしひし感じられます。弱くなりつつある日米関係の隙間を虎視眈々と狙っていそうですね。対潜哨戒機と高性能潜水艦の周辺配備が、当面日本には必要かと。「相手にその気にさせない」のが防衛の基本ですからね。
    ———————–
    ぱりぱりさん、
    エネルギー豊富な若い人達に格差や閉塞感があれば、なにかしら「一体感」をもとめて通りに繰り出すのはごく自然なことだと思います。そのガス抜きを「反日」なら許してきた中国のツケは、やがて大きなしっぺ返しとなるはず。内側から瓦解していく時、一か八かの矛先替えを「日本挑発」という形で中国軍部が行わないことをせつに祈るばかりです。1111本、おかげさまでした。
    ———————–
    たまやんさん、
    そうですね。人間の行動規範とその動機づけは、本人が思っているほど実は正しくないのでしょう。今に始まったことじゃないですけど。それにしてもひっくり返され棒でボコボコにされている車が「公安」のものだったのは、思わず笑ってしまいました。公安がそれすら止めれなかったことも。
    ———————–
    ラム子さん、
    ありがとさまです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。