安倍政権てんぷくトリオ

困ったものである。
中国は、ついになりふり構わず「一瞬でもいい。尖閣諸島中国人民解放軍を上陸させてほしい。」と米政府に懇願し始めたという。そのためならどんな交換条件でものむ用意があると。頼みのケリー米国務長官は、前任のクリントンと違い、中国寄り。提案を受け入れてもいいのではという政府筋もある。

このような中国系ロビイストの米国での活動がかまびすしい。はじめはとても理不尽な要求も、水がゆっくりと岩を溶かすように、執拗に、何度も、何度も繰り返せば、やがて通ってしまうかもしれない。「あんなデタラメ、通用するはずがない」とぼくたち日本人は思う。世界の良識派を舐めるなと。

だが舐めているのはぼくたちで、彼らロビイスト活動はもはや無視できないレベルなのかもしれない。ヘタすると米国議会が「日本は沖縄を中国に返還するように」なんてことを言い出すかもしれないのだ。

先日のパク・クネ韓国大統領のオバマ大統領との会談では、「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」を何度も繰り返した。まるで、日本の軍国主義が東アジアを脅かしているかのようである。いつのはなしだ? 1940年? 申しわけないけど、2013年5月において東アジア地域を脅かしているのは日本じゃなく、北朝鮮であり中国である。だから米韓首脳会談の主要アジェンダ北朝鮮の問題であった。ゆえにオバマは困惑するが、レディーファーストの国で女性大統領をむげにもできない。

こんな米国にとってはどうでもいい「先生に言いつけちゃる」的な発言が、なんとその前から執拗に活動していた韓国ロビイストの活動と相まり、ついに米議会調査局を動かした。

「安倍首相の歴史認識やそれに関連する発言は東アジアの国際関係を混乱させ、米国の国益を損なう可能性があると懸念を生じさせてきた」

という論旨が今月発表されたのだ。韓国ロビイストによる工作もなかなかのものである。

まあ感心してもいられない。
中韓両国にしてみれば、与しやすかった民主党政権に比べ、安倍自民党政権はなかなか手強い相手だ。だから正々堂々と正面からぶつかれば殴り合いのケンカに発展してしまうかもしれない。だから先生に言いつけたり、国際世論に訴えるなど手を変え品を変え、安倍政権ネガティブキャンペーンを強化して周囲を固めようとしているのだ。まるでスネ夫である。

いっぽう安倍首相を敵対視しているのは野党も同じ。ぜんぶではないが主要マスコミも同様。これにお抱え学者が与する。もう国民からはそっぽを向かれた『憲法改正=軍国主義』論をいまだふりかざし、安倍政権のアラ探しに無我夢中といったかんじだ。川口委員長解任騒ぎも、もう鬼の首を取ったかのように大はしゃぎだった。それみてさらにシラケる国民。うら寂しい光景である。

さて、中韓ロビイストたちの活躍は米国ばかりではない。もちろんこの日本においてもだ。この国には彼らにとってはとても美味しい反日団体も多い。反日団体はおしなべて安倍政権を嫌っているから「敵の敵は味方」ということで、彼らの強い味方となる。日本人なのに、なぜか日本が強くなることを嫌うひとたち。「だって強いと戦争始めるから」などという。ねえ、いま世界で戦争を始めそうな国って、日本というよりはその周りの国じゃないかと思うのだけど。

中国ロビイスト、韓国ロビイスト、国内反日団体(個人)。この「安倍政権てんぷくトリオ」は、共通する目的を達成するために結託して、さらに事を起こすに違いない。政権を倒すまで。

まあぼくにしたって安倍さんのやることなすことすべて賛同しているわけじゃないけど、今の政権はこれまでのどの政権より比較的まともだと思う。やっと長期政権に耐えうる政府であると。少なくともこれまで中国や韓国に好かれようとした日本の政権って、あんまり国民のためにも国益のためにも良くなかった。なにが友愛外交だ。いま思いかえしても寒気がする。

てんぷくトリオ自身がころぶと面白いのに。




5 件のコメント

  • うん、安部政権ガンバレー!ですね。良識のある日本が最強の核武装をすべきでしょう。プルトニウム余りまくっていますし、下北半島なんかで下手に処理しないでドンドン核爆弾造って、原子力潜水艦発射ミサイルとして50隻位を日本海に常時配置しておけば、なんて思います。

  • 何年か前のNHKニュースで、米国人に「最も信頼できる同盟国は?」と聞いたアンケートの結果を放送していました。アジアで1位が中国。それも日本よりかなり上。「イヤイヤイヤ、あんたらが同盟を結んでいたのは蒋介石であって、今の中国政権は関係無いから!」と突っ込みたいところですが、米国一般市民の感覚とはそんなものか、と衝撃を受けたのを覚えています。米国の歴史教科書も、戦前の日本を「悪」としていると聞きました。日米関係は、日本人の数十年に及ぶ片思いのまま終わるのかもしれません。

    こんな状況で、米国頼みは無理がある。自衛隊が震災や北朝鮮ミサイル、尖閣対応などに奔走している現在、その必要性を疑う人はいないと思いたいんですが、憲法改正反対な人達の主張を見ると・・・何でそうなるかなー。川口さんの委員長解任の件も、国内の人間が外交の足を引っ張るとは、野党も何考えてんだか。・・・と、最近政権よりな考えになってる自分が意外です。安倍さんには警戒心を持っていたんですが、今までの政策のように行くなら、5年程度やってもらった方がいいのでは無いか、とも。

    ただ、安倍政権で全然納得いかないのが、サンフランシスコ講和条約を「祝った」事。沖縄の話はニュースに出ていましたが、あの条約は、明治以来、我々の先祖が多くの血と汗を流して築いたもの(帝国という意味では無い)を全て否定する物。沖縄のみならず、あれで故郷を失った人がどれだけいるか!樺太・千島、沖縄、南洋の委任統治領、満州・台湾・・・。「国恥記念日」とでも呼ぶべきモノのハズ。なのに祝い、挙げ句の果てに「万歳」とは!
    私は憲法改正に賛成だし、天皇陛下も好きだ。どちらかと言えば右よりだと思う。しかし、この条約を「祝う」事だけは、本当に止めて欲しいところです。

  • パクさんは国内の支持率がグングン下がってきてるから、慰安婦問題をかざして何とかしようとしてると見てます。アメリカは北朝鮮の核開発をやめさせるために米韓の線は保たねばならないし、米国内のセンチメンタル派を抑え込んでも何もいいことないので、言わせている。ただ、韓国がつけ上がり過ぎて、日米安保のために韓国と対峙せなならなくなので、米韓国路線とは別のずに北を抑え込むべく、中国を使った。尖閣を使って「中国は自国の軍隊も制御でけんのか」と批判。図星の中国は、かと言って尖閣から引くと国内暴動が起きて政権が倒れるので、代わりに北に制裁加えて矛先をかわそうとした。これでアメリカは米韓の背後の安全は確保できたし、作戦通り。ところが中国の足元から人民日報が「沖縄だって本当は中国のもの」と言ったから中国はたまらない。アメリカは「アホか」と一蹴しながら、カードがネギ背負ってきたとほくそ笑んでると見てます。
    こんな中だからこそ、日本は河野談話の修正をさっさとしましょう。今が絶好の機会ではないでしょうか。日本にとっての最大の敵は、反日日本人かと。いやぁ、どこの国も国の足を引っ張るのは自国民ですなぁ。登場した四カ国のうち、国民が自国の足を引っ張ってないのは、北朝鮮国民だけか。まぁ、あそこはそんなことしたら殺されちゃうもんね。でも、自国を愛さずに足を引っ張ってるのは反日日本人だけではないかなぁ。アホだなぁ。そういう意味では、韓国のロビィストは侮るべからずですね。

  • おっしゃりたいことは何となくわかりますが、歴史認識の問題は人の感情にかかわる問題でもあるので、発言はもっと慎重に行うべきだと思います。歴史認識のちがいを認めるのであれば、最低限、相手国の認識にも敬意を払うべきなのではないでしょうか。そのうえで、日本の言い分を根気よく伝えていくべきです。確かに民主党政権よりは「比較的まとも」かもしれませんが、やっていることは子どものけんか並みです。もちろん、そんな人たちに憲法改正は任せられません。今のどの政治家よりも、日本国憲法のほうが正しいことを言っています。「時代遅れ」という人がいますが、どちらかというと時代が追いついていないだけではないでしょうか。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    い、いきなり過激なコメントですね。核武装については持つか持たないかの議論をまず始めるべきだと思います。加えて日本に向けられた核ミサイル施設をどうたたき壊すかについても同じく。
    ——————————-
    楽庵さん、そうですね。NHKは「正しい歴史認識」ではありませんね。現中国の建国はわずか64年前、第二次大戦時にはまだ、八路軍としてソ連が牛耳るゲリラ的な活動でした。盧溝橋事件で、日本軍と国民党中国政府と戦わせるようにしたりね。さいきんの安倍政権の矢継ぎ早な外交政策には驚かされます。飯島惨事の電撃訪問しかり。結果的に長期政権になりそうですね。
    ——————————-
    Alinamin2011さん、
    もともとお父さんの朴正煕元大統領が親日で、親日というレッテルを貼られてしまうと国民や政界から支持されない(というのもひどい話だけど)から、わざと日本嫌いを装っているという説もありますね。(そのうち本当に嫌日になりそう)それにしても河野談話は喉に刺さった骨ですね。米大統領が就任時に聖書に手を置いて宣告しますが、日本の首相は聖書の代わりに河野談話の踏襲を誓わされる。安倍さんは「政治に歴史を持ち込むな」と言われますが、ホントそうだと思います。
    ——————————-
    kenさん、
    おっしゃるとおり歴史認識は相手国の認識をも尊重すべきだと思います。ただし「正しい」というのは当自国にとって都合のいい歴史のことで、絶対的に正しいというものはないと思います。「認識」はそれぞれ違うのが普通。でも中国や韓国は政治的にあえて「正しい歴史認識」を利用しようとしますが、当然ながら日本人の歴史認識を「尊重」しているとはどうしても思えません。相手国の教科書を書き換えさせたり、靖国参拝に反対したりと「心の問題」や「教育問題」にも踏み込んできてますしね。安倍さんはゆえに政治に歴史カードを使われないよう、中韓の理不尽な要求を無視しています。子どものケンカに見えるかもしれませんが「相手にしない」のも外交手段の1つかと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。