スローな恋愛にしてくれ

「地球上の人間の90%は土曜の夜のウィスキー瓶から生まれてきた。」

ジョン・レノンが残した言葉である。酔った勢いで子供が出来るのがほとんどだと皮肉ってみせたのだろう。アラブ諸国を除いては意外と真理なのかもしれない。酒の力を借りて告白し、応じ、あれこれ考えずにコトにおよんだ経験はあなたにもあるかもしれない。ぼくもあったかもしれない。酔って忘れてしまっているが。

恋をしなくなって久しい。
自分がそうだと大半の人たちもそうだと思い込むのは身勝手な解釈だ。巷のクリスマスも近いこんな時期にあっては、気の利いたレストランやホテルはふたり分の予約でいっぱいらしい。中には予約しておいてから相手を探す輩もいるかもしれないが、それらも含めなんだか80年代終わりを思い出さずにはいられない今年の東京。イルミネーションはあの時よりもLEDぶんだけ明るく、20年もの間に建ったビルぶんだけ多い。そして女性たちはさらに綺麗になった。

年の暮れである。
毎度ながらあっという間である。まわりの誰もがそういう。年々時間の経つのが早くなっている気がする。

実はこれには根拠がある。

ぼくはこの年、50になった。なってからもう半年が経つが、いまだにちょっと信じられない。だが50男にとっての1年間なんて、これまで過ごした年月のわずか2%(50分の1)である。これが10歳のころだと、なんと10%もあった。「たかが8%の違いくらい」などと言うなかれ。「5倍」というのが両者の違いである。つまり50男の1年が過ぎる感覚は10歳児の5倍も早いということだ。これは19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャニが言いだしたとされ「ジャニーの法則」という。

どうりで早いはずである。
同じ1年間すごしても30の頃よりいまの50歳には4割も短く感じてしまうのだから。感覚的に1年が219日しかないようなものである。さらには次の1年はさらに短く、その先の1年はもっと短い。思えば20代のころは一日12時間だって眠れた。いまじゃ無理して8時間である。老い先が短くなるだけじゃない。1日の時間感覚も短くなるのである。年をとるにつれ早起きするのは、時間への無駄なあがきのように思えなくもない。せつない話である。

一日千秋の思いで相手を待つ、というのも恋の醍醐味のひとつ。1ヶ月に一度、年に一度しか逢えないとなればなおさらである。遠距離のような物理的な恋愛、不義の恋愛のような精神的な距離。そんなふたりにとっても1年間は短いだろうか?

ことしもわずか3週間。一日一日を
大切に充実して過ごしくださいね。

7 件のコメント

  • だからこんなに早くかんじろのですね。
    ちゃんと法則があったのですか。

    年の暮れになると、ほんとはどう生きたいのか自分に問いかけてしまいます。

    なおきんさんもお風邪ひかれませんよう、良い年の暮れをお過ごしくださいね。

    ちびきちくんは、サンタさんのかっこうしますか?

  • クリスマスは教会で過ごす習慣だったのに今はすっかり遠のいてしまっていて、
    楽しかった教会でのクリスマスを思い出してばかりいます。
    将来は再び教会でクリスマスを過ごせるようにと希望をいだきながら
    頑張って休まず働いています。
    だからクリスマスにレストラン?ピンとこないですー、宗教、習慣の違いですね。
    どうしたんですか?恋したいんですか?酒に酔ったんですか?妄想してるんですか?
    楽しいクリスマスをおすごしくださいね〜♪

  • 子どもの頃から、クリスマスは特別でした。
    空気が冷たく澄んだ清潔な冬。
    こっそりと奇跡が起きても、不思議ではないような。
    街が美しく彩られ、道行く人たちはみんな嬉しそうに楽しそうに見えました。
    大人になって、おばさんになって、少しおばあさんになってきて、
    一年経つのが早くなったなぁ、と感じることはよくあります。
    でも、クリスマスだけはなぜか特別。
    ちっとも早く来てはくれないのです。
    毎晩ベランダに出て、指先がかじかんでくるまで空を見上げます。
    東京の空には、星は少ししか光ってくれないけれど、
    それでもたくさん瞬いているんだと想像して。
    部屋に戻ると、冷えた指先を猫の毛皮に差し入れて温めます。
    猫の背中に鼻をうずめて、いっぱい匂いを吸い込んで、
    夜空のことを話して聞かせます。
    バブルの頃にはバブリーだったわたしですが、
    本当にあんなことをしていたのだろうかと、
    いま思うと不思議です。
    みんなが豊かだったころよりも、
    今の方がわたしの心は豊かな気がします。
    なおきんさん、あと僅かになった今年ですが、
    一日がちゃんと24時間あることを実感できるような日々だといいですね。

  • なおきんさん
    ジョンレノンの言葉と、ジャニーの法則に納得です。
    1日過ぎるのも、1週間過ぎるのも、1年過ぎるのも、まるでジェットコースターに乗ってるみたいにはやい!年々加速度はますばかりです。
    クリスマスの時期は、飾り付けも、グッズも、見てるだけで楽しいですね。20代の頃のような高揚感はないけど、気持ちは上がりますね。
    それなりに、楽しみたいと思います。
    Risaさん、先日は失礼いたしました。喜んでいただけてホッとしました。今回のコメントも、なおきんさんの背中をバシバシ叩いてる、そんな姿を想像しちゃいました!
    なおきん
    こちらに寄せられるコメントも、訪問する楽しみの一つです。
    皆さま、素敵な12月をお過ごし下さいませ。

  • はてなさん、一番ゲットおめでとさまです!
    言われてみればそうかなあ、といった感じの法則ですが、なにぶん「年々早く感じる一年間」をだれか説明してくれ!となったときにひとまず効くかもしれません。ちびきちサンタは本人がいやがらなければ・・
    ―――――――――――――――
    risaさん、
    ドイツやイギリスで暮らしていた頃のクリスマスは、それはもう「サイレントナイト」だったもんです。店はどこも開いておらず、市電は止まるほど。はじめは戸惑い、やがて居心地が良くなっていきました。協会で過ごすクリスマスこそ、本来のクリスマスなんでしょうね。楽しいクリスマスを。(恋の内容はフリなので意味はないです)
    ―――――――――――――――
    ユーリさん、
    なるほど「クリスマスだけはなぜか特別」という部分が、キラキラするコメントですね。猫の背中に鼻をうずめるってのもいいですね。バブルの時代、あれもストーリーとして実態から離れてこれからも語られるのだろうと思います。よいクリスマスを。
    ―――――――――――――――
    kei3さん、
    そもそも「ヒマだと長い」が、「充実してると短い」のが時間というものです。楽しい時間はあっという間、みたいにね。とすれば時間が早く過ぎるのはある程度幸福なことなのかもしれませんね。よい12月をお過しください。

  • こんにちは。鍼灸師もしている遠藤です。「ジャニーの法則」に追加がないのか気になりました。というのは、僕の患者さんのおばあちゃんが言った言葉が頭に残っているからです。僕も年々時間が早く過ぎるのに薄々気がついていました。そこで毎週僕の治療を受けに来るおばあちゃんに時間が早く過ぎることについて尋ねてみたのです。すると、おばあちゃんから意外な安心できる言葉がかえってきました。「遠藤先生、30代40代50代と時間は早く経つように感じますが、私のように80代になって毎日何もしなくなるとまた子供の頃のように時がゆっくりになるんですよ」

    • 遠藤誠さん、こんにちは!
      鍼灸師もされていたとはオドロキですが、ミュージシャンでもあるのもオドロキでした。いじるともっと出てきそうで楽しみです。さて、「ジャニーの法則・その後」に関するエピソードをありがとうございます。これはまた人生の深さに触れた気がいたしました。80になればまた、時間の流れが先祖返りするのですね。食べた直後なのにごはんまだ?とかいうおじいちゃんも、まるでデジャブのように時を止めてしまうのかもしれませんね。

  • ユーリ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。