モテる手作り

女性に比べ、あまり「見られている」ことを意識しないのが男。
中年ともなればその差は歴然で、「どうせ見られているわけがない」とあきらめ、というか、すっかり開き直っている。

「男は外見じゃない」 という、もう出典元すらあやふやな金科玉条(きんかぎょくじょう)をかかげ、ひいては「外見を気にするのは軟弱男」となってしまった。
開き直るだけでなく、「外見低優先主義は男らしい」と信じる男たちはちょうどぼくの世代から上に多い。

何を信じようが信じまいが、結局のところ男たちは意外と見られている。 外観をチェックされているという意味だ。
表情やしぐさ、つけているネクタイから時計、靴、指輪、髪型、そして「手」。

「手は口ほどにものを言う」とはミラクル60代、佐伯チズさんの言葉だ。

「男の手に色気が宿るのは、生きているための仕事をするパーツだからです。日常のあらゆる行為に絡んでいて、無意識に使っているもの。だから、その人その人の表情があるし、個性になるんだと思うのです。」

たしかに手ほど可変性のあるパーツもないのだ。 それは顔の表情にも似て、その人の内面がにじみ出るものなのかもしれない。

こんなことならピアノでも習っておけばよかったと思う。 あの優雅な指の動きがあれば、かなりセクシー度が上がるような気がする。

いまピアノを習うにはいささか時間や能力が足らない感じなので、せいぜいいつも手を清潔にしておこうと思う。 相応のハンドソープをつかい、クリームをちゃんとすり込む習慣をつけるのだ。 顔の美醜はしょうがないけれど、手ならなんとかなりそうだ。

人の身のこなしの集大成は末端こそにある。

引き続き佐伯チズさんは言う。
「手という末端に意識を注ぐと全身の動きががさつにならないもの」

見られても恥ずかしくない手を作ることを意識したいものです。
まさに「見られても大丈夫な手作り」ですね。

手フェチな女性は多いようですが、自分たちはどんなケアをされているんでしょうか。 やっぱりロクシタン

それと素朴な疑問。
たまにピカピカの爪をした男性をみかけますが、あれはアリなんでしょうか? 

手だけでなく、爪の手入れもね
その美しい指先で、応援クリックを!人気ブログランキングへ

8 件のコメント

  • 殿方の手はごつごつしてようが、指が短かろうが長かろうが、爪が汚れていたり小指だけ爪が長かったりすると萎えます。どんなに男前でもアウトです。
    あ、ワタクシは爪が短ければ(形よくカットしてあって)ピカピカの爪はアリだと思いますw。

  • 爪をかむ男性が多いです。電車に隣りあわせて座ったリーマンが、ひとり、またひとりと、次々と指の爪左右10本がじがじと噛んでは降りてゆく様子を視野の端にとらえたまま座り続けた1時間は相当長く感じられました。特にこの日はひどかっただけですが、私の神経はささくれだちまくりました。できるだけ見ないよう無視に努めたのですが、音が…。ストレスたまってんでしょうかね。
    神経質になる必要はないと思います。が、手をケアする男性には優しさを感じます。行きつけのネイル・バーには男性もよくいらっしゃいます。私たちのように色をつけたり描いたりするわけではないのですが、きちんと磨いて爪のまわりを処理して清潔を保っておられるようです。足の爪もそう。
    個人的にですが、私はそういう男性好きです。多分、そういう人は奥さんの爪のケアにも出費を惜しんではいないと思います。奥さんを大事にする人というのは、細かいところにまで思いやりをもてる人かなと思います。
    あ、爪がぴかぴかの男性って、無色のマニキュアをしてる人? それかアンダーコートか、オーバーコートだけしてる人? ありです。いやじゃないです。

  • ちょうど昨日のことです。
    日本語の生徒が「レッスンのあとでフェイシャルに行くんです。」と嬉しそうに話し始めました。
    30前後の男性です。
    私が信じられないという態度をとると、
    今は男でも顔を磨かなければならないそうです。
    そしてこめかみの下あたりをつまんで、「顔がたれてきたからリフトアップしたい。」とつぶやいていました。
    テレビにうつるおじさんを指差しながら、何年後かにあんな風になりたくないからとも言っていました。

    仕事は金融関係 身だしなみをきちんとしなければならないということで、爪もきれい、ネイルサロンも定期的に行くらしいです。
    彼によれば、ひげの永久脱毛にいく男性もおられるということでした。日本の話です。
    世の中変わりましたね。

  • ところであなたは「男のまずどこを見ますか?」⇒手と姿勢かなぁ。
    昔、母が父に惹かれた理由の(大きな)一つが「手がきれいだったから」って言ってました。特別美しい手ではないけれど、清潔そうな感じったみたい。↑の方のコメントでもありましたが、爪が汚れてたり、小指だけ長いのはNGです!いつの世も変わらないのかも。

  • 仕事柄いろんな手を見ます。
    手にはその人の性格や人生まで出ているような…。だから、顔よりも手を見る事がすきですね。おっきなガッチリした手と出会えるとホッとして嬉しくなります。

    ワタシの手はバレーボールで突き指したため微妙に曲がってます。親の言うとおりピアノだけやってれば良かった(涙)
    ちょっと後悔です。

  • 男性の手はきれいなほうがいいです。仕事でも。
    ささくれだらけでよごれた爪、そんな手で
    見積もりを渡されるより、ごつごつでも
    それなりにきれいなほうがいいかなと。
    仕事の出来が一番ですが。
    爪ピカピカは程度によりますがアリです。

    手のケアは大事にしてます。
    お肌のついでに寝る前に化粧水とクリームで保湿。
    爪も短めのジェルネイルです。
    ジェルは割れないから止められません。
    仕事中はヴェレダのハンドクリームを
    ミストで潤してから塗ります。
    どんなに忙しくても手がきれいだと
    モチベーションが上がりますので
    これだけは大事にしてます。

    あ、私事ですがブログ名変えました。
    お暇な時に変更頂けるとありがたいです。

  • phoo主婦さん、一番ゲットおめでとさまです!
    ああ、やっぱり清潔感ですね。爪の先が黒かったり全体的に荒れていれば、男のぼくから見ても嫌な感じを受けますからね。爪ピカピカ、わかりました。ぼくもたまにポリッシュしてみることにします。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、「爪をかむクセ」はぼくも若いころあったかもしれません。チョットいらいらしていて、今では信じられないほど短気だったころ。でも周りはたまったもんじゃありませんね。ご愁傷さまでした。アンダーコート、オーバーコートときいて、コートの重ね着を想像しちゃいました。ネイルバー、一度行ってみようかなあ。
    ——————————-
    Junpeiさん、香港男性は極端ですねー。腹を出して歩く短パン男もいれば、髭の永久脱毛男もいる。爪の手入れもそうですが、個人的には顔のたるみも気になります。 まあ、時と引力にはかなわないってことですか。 せめて清潔にしてクリーム塗ってがんばります。
    ——————————-
    8-8さん、「手と姿勢」。なるほどー、顔とか体型ではないんですね。それだと努力次第でなんとかなりそうだと、オジサンたちに朗報ですね。 手についていえば、指先や爪にポイントがあるようですね。爪切りだけじゃなく、ちゃんとやすりも使うようにしなくちゃですね。
    ——————————-
    すーさん、そうですか、顔より手ですか! 「性格や人生は手に出て顔にあらず」ですね。でもぼくの手は大きくてがっちりしていないから、すーさんをホッとさせることはできなさそうです。代わりに赤いマニキュア塗って、ハッとさせることはできそうですけど。
    ——————————-
    りんごちゃん、「ごつごつでもきれいな手」、ここ、世のオジサンにしっかり確認してもらいたい個所だね。りんごちゃんのきれいな手は、一夕一朝にあらずですね。 「ヴェレダのハンドクリームをミストで潤して・・・」うう、オジサンにはちょっとマネできない高度で手間がかかりそうですが、実行できたらそれだけモテそう!
    ブログ名? あ、変更しなくちゃ!

  • あはは。多分base coatとtop coatが一般的かも。
    私はいつもundercoatとovercoatって言ってしまうのですが。へとへとになって帰ってきたんですが、元気になりました(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。