犬は飼い主に似る?

トイプードル、ちびきち。
あろうことかたまに「似てますね」と言われる。

そう言われ続けていたからか「確かに似てるかも?」とある日、洗面台の前に立ちながら思った。だとすれば、どっちが似たのだろう。

先日、関西学院大学の中島教授によって「犬と飼い主は目が似ている」という論文が発表された。犬と飼主、40組のデータを使っての実験結果だそうだ。似ているのは目だそうだが、もともと似た犬を選んだからなのか、一緒にいるうちに似てきたのかはわからないという。そこが知りたいところだったんだけど。

人の顔は会っている人の顔になる。と以前、イラ写に書いた記憶がある。顔は鏡にも似て、見ている相手の顔を映す。表情を映すし、しぐさを映す。いい人たちに囲まれていればいい人になるし、悪い人に囲まれていれば悪くなる。そういうものである。

家に来たばかりのときは孫のような子犬だったのがもうすぐ7年。いつのまにか飼い主の齢に追いつこうとしている。

コンビニの前につながれおとなしく飼い主をまつ同じトイプードルを見かけた。ちびきちにはとてもできない芸当である。置きざりにしてひとり店にはいったりなどすれば、とたんに体がひきさかれんばかりの悲痛な声で鳴きわめく。そんな育て方をしたのだからしかたがない。家にいるときはいつも視界のどこかにちびきちがいる。ソファに座ればひざに乗る。安心したように肉球を舐めはじめる。

ちびきちのからだのいろんなところをあちこち触りながら、とくんとくとくと鳴る心臓の音を聴く。

もうすぐ7歳。

飼い主の齢にも似てくるなんて・・

__

6 件のコメント

  • 犬、いつか飼ってみたいです。今住んでいるところはペット禁止だし、実家もペット禁止。今は、妹家族が飼っているボーダーコリーと遊んで満足するにとどめてます。私を見ると、ごろんと仰向けになって、おなかを撫でてと要求してくるボーダーコリー。本当は賢いとか、言われているみたいだけど、賢さを感じない甘えっこです。

  • ちびきちくんも、7歳なんですね。
    おば様のトイプーちゃんを見て、「ほしい」と思ったなおきんさん。
    ちびきちくんを迎えに行ったとき、
    お店に着くまでのドキドキを憶えていらっしゃいますか?
    どうかまだそこにいて、ぼくが行くまで誰のものにもならないで・・・。
    初めて抱き上げたときのこと、憶えていますか?
    手に触れる柔らかい毛と、小さくて柔らかい体。
    あんなに小さかったのに、もうぼくと同じ齢……?

    わたしは猫と暮らしていますが、
    腋の下に手を入れて抱き上げると、
    ちょうど右手の親指の辺りに猫の心臓があるのです。
    小さい、苺ほどの大きさの心臓です。
    それがトクントクンと打つ音は、人間のそれと比べて
    どんな速いことか。
    わたしと同じ速さだったら、一緒に年を取ってゆけるのに。
    もっとゆっくり刻んでよ、と
    抱っこして泣きながら願うこともあります。

    寂しがりのちびきちくんは、
    なおきんさんのことが大好きなんですね。
    一緒にいる時は、いつも傍にいたい。
    いつもくっついていたい。
    だって、お利口でほいくえんにも行くんだものね。

    目が似てるんですね。
    だからじっと見つめあうと、
    お互いにどっちがどっちだかわからなくなりそう。
    ちびきちくん、いつも元気でいてくれて、ありがとう。

  • ワンコと散歩中の人を見るのが好きですw
    私はワンコから目に入り、こんな顔?あんな顔?って一瞬想像して飼い主さんをチェックします
    ああ、やっぱり(似ている・・)って思うこと多々あります
    激似だとさらにうれしいです(笑)

  • なおきんさん。お久し振りです。
    我が家のワンコは一足お先に1月に7歳を迎えました。
    家族から『faithia 公認ストーカー』と呼ばれるほどのべったり甘えん坊さんです。

  • ワンちゃんって目を見て話しかけることを続けていると、可愛いだけでなく次第に思慮深い目に変化していくなぁと感じたことがあります。
    目と目で会話できるようにもなりますよね。

    写真にほのぼのしました。
    特に最後の写真は、なおきんさんとちびきちくんの絆を感じてなんとも温かい気持になりました。

  • さっちゃん、一番ゲットおめでとさまです!
    そのボーダーコリーはさっちゃんにずいぶん心を許している感じだね。たしかに賢い犬種だけど、甘えてくるとこっちも何もかも許してあげたくなっちゃうよね。
    ―――――――――――――――
    ユーリさん、
    はい、おぼえていますとも!ちびきちの妹と最初に出会った時も、床に落ちたズラかと思ったことも。手のひらの記憶に残る毛むくじゃらの小さくあたたかい子犬。抱き上げて顔を近づけたとき、小さくピンク色の舌でぺろっと頬をなめてきたことも。想い出させてくれてありがとう!
    ―――――――――――――――
    phoo主婦さん、
    まったくです。ぼくもそれぞれの顔を見比べては、なごんでいます。ほんと、なんで似てしまうんですかね。ひとも犬も見たいものしか見ないし、好きなものには同化したくなる性質があるのかもしれませんね。
    ―――――――――――――――
    faithiaさん、おひさしぶりです!
    7歳の誕生日おめでとさま!faithiaさんにべったりなのですね。常に視界に入っていないと、常に身体の何処かに触れていないと落ち着かない依存症にも困ったものだけど、まあそれもまたかわいいですね。
    ―――――――――――――――
    はてなさん、
    これらの写真、あえてピンぼけで露光過多なものばかり。本来ならボツ写真ですが、集めてみるとそれなりに見えるから不思議ですね。不思議といえば、犬とはちゃんと目で会話ができるということ。口ほどにモノを言うというのはホントなのですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。