老後にいくら必要か? は心配しなくていい

老後の不安を抱える人たち

老後にいくら必要か?より大事なこと

よく老後に備えて3000万円必要だとか、いやいや1000万円あれば十分という意見もあれば、とんでもない1億円ないと安心できない・・などなど百家争鳴。いっぽうで、貯蓄なし世帯は3分の1もいる。

その人がどういった暮らしをしたいかにもよるし、どこで暮らすかにもよる。ぼくのように年金をもらわないことを前提に考える人もいれば、もらえるものはなんでももらわなければ損、という人もいる。あえて言えば「いつから老後?」と考えるかにもよるだろう。サラリーマンなら定年が60か65。それよりあとを老後と考える人が多い。平均寿命からこの齢を引き算してみて「意外と老後は長いのだ」なんてことをいう。

そもそも老後っていったいなんだろう?
ぼくは「生きたいように生きれなくなった後」と考える。この定義からすれば「若くして老後なひと」もいるかもしれない。本来なら、生涯、老後を迎えないのが理想だ。

話を少し広げてみる。

ご存知、日本の実質GDPは500兆円あまり。
2005年に500兆円を超えてから、まいとし微増している感じだ。500兆円のうち、労働による報酬が半分で約250兆円ある。あなたの給料もここに含まれるはずだ。残り半分のうち資本に対する対価が約100兆円、残りは設備の減価償却や固定資産の維持経費となる。

日本のGDPの内訳

ここで「資本に対する対価100兆円」に注目。これは投資などによって得られる報酬や配当、利子の総計である。ぼくはサラリーマンから独立したので、今後は労働報酬ではなく、こっちの資本対価の枠に移動した。

雇われるより起業の方が割に合う

ちなみに日本の国富(資本として提供されているお金の総額)は、ここ10年くらい概ね3000兆円で推移している。つまり年間3000兆円投じた資本の対価として100兆円の利益がでた、と読みかえるとわかりやすい。

  • 利回り 100兆円 ÷ 3000兆円 = 3.3 %

つまり日本全体の資本運用利回りは 3.3% というわけだ。定期預金のざっと20倍はある。銀行にお金を預けるよりずっと率がいいのが、資本利回りである。株式投資や不動産投資をしている人は、これが目指す利回りの最低ラインである。これがまずひとつ。

いっぽうで、日本には6600万人の労働者がいる。さっき示した250兆円をこの人数で割れば、ひとりあたり378万円。ざっと、これが日本人の平均年収とみていい。サラリーマンやパート、アルバイトで生活をする限り、この報酬枠内にある。働けど働けど我が暮らし、楽になれず。そのうえ会社を解雇されたり定年を迎えれば、そんな年収すらなくなる。だいじょうぶか、老後? となる。これがふたつめ。

最初の話に戻る。老後にいくら必要か?

マクロ指標からすれば、ずばり1億円である。

ひとつめの原理からすれば1億円の利回りは330万円。ふたつめの平均年収とほぼ同額である。つまり1億円を投資に回して運用すれば、雇われてもらう給料の額と変わらない。働かずして報酬を得る。いわゆる不労所得。その意味で年金と変わらないが、年金のように若い世代に負担をかけることはない。

この国では労働者として給料をもらうより、資本家・投資家としてリターンを得るほうが有利ということがGDPを見てもわかる。もっともこの傾向は日本だけではない。世界と共通する。少し前に話題になったピケティの『21世紀の資本』でも、格差の原因は「給料による報酬」と「資本からの報酬」の違いに起因するとある。納得である。

結局のところ企業は従業員の昇給より、利子や配当を優先するものだ。でないと融資や投資を受けれなくなるから。だからどうしても経済成長率よりは資本による利回りのほうが高くなる。給料など労働報酬が上がるためには、経済成長が必須にもかかわらず。日本のように成長率の低い国は、平均すれば国民の給料も上がらない。アベノミクスで経済成長させたいと政府が言うのも、これが理由だ。国民の所得が増えなければモノは売れないし、税収だって上がらない。こんなときに追加の消費増税が行われていれば、税率は上がっても税収は逆に減っていた。経済マイナス成長がしばらく続くところだった。本来なら凍結、できれば5%に消費減税するべきだった。

日本の経済成長率の推移
  • 日本の経済成長率  0.4%(過去10年間の平均)
  • 日本の資本利回り 3.3%

 

自由に生きたい。とぼくは思う。
たぶんあなたもそうだろう。

だが自由にはいくつもの種類がある。すごす時間の自由、くらす場所の自由、かかる病からの自由・・など。こうした自由を担保してくれるのが経済的自由だ。きびしいことを言えば、経済的自由のないところに、ほんとうの自由はない。ニートはだから自由じゃない。

経済的自由の実現は、労働報酬だけではむつかしい。人は老いるし時間は有限だからだ。よく「時は金なり」などといわれる。英語でもタイム・イズ・マネーなどというから、世界同時的に大きな誤解である。お金を生む手段など、やろうと思えば同時にいくつも設置できる。だが時間はそうはいかない。1時間経てば、あなたの命も1時間減るのだ。有限なのは時間であってお金じゃない。まさに「時は命なり」である。命をすり減らすように稼いでいったいなにが幸せか。

ぼくが実業家や資本家を選ぶ理由はそこにある。GDPをガイドラインとして、ひとまず資本1億円(不動産その他の年間配当330万円)。 それをベースに時間と場所に制約を受けない事業をいくつか立ち上げ、事業報酬を積み上げる。これが当面の目標である。

心配なのは老後じゃない

老後の心配?

会社に務めるのもリスクなら、自らの事業を運営するのもリスク。同じリスクを犯すならと、ぼくは後者を選んだ。すると、老後の心配もなくなった。老いるのはあたりまえで、たいしたことじゃない。そんなことより、生きたいように生きれなくなることのほうがよっぽど心配である。自由でなくなることのほうが恐怖である。

心配にも、していいのと悪いのとがある。

 

 

不安とは失うことへの恐れ

 

きょうも良い一日を!

 

10 件のコメント

    • omaruさん、こんにちは!
      賛同いただきありがとうございます。どうやったって「生きたいように生きられない」国は意外と多いもの。日本はその点、万人にチャンスがあるように思います。もちろん、いろんなしがらみがありますけど。でもしがらみがある方が安心、てなひともいらっしゃいます。ひとそれぞれですね。

  • この記事、良いですね!老後というと長いようなイメージが。たしかに寿命は伸びているけど、もしかすると自分は案外短命かも、なんて想像したりする今日このごろでした(笑)
    勤めてても定年があるし、その時点で事業をするにしても経験値にとぼしくてリクス多めってことにもなりそうです。退職金は日本だけ?かと思うので、ほんの少しの年金が見込めるだけで将来はほんとに質素な生活が待ってます(私です)。
    自分の寿命と呼応したサイクルでお金が回ればいいなあ(笑)

    • ぱりぱりさん、こんにちは!
      コメント最後の一文「自分の寿命と呼応したサイクルでお金が回れば・・」の部分は、ほんとそのとおりですね。80過ぎた人が「老後なにがあるかわからないから」と数千万銀行口座に預けたまま、亡くなられるケースのなんと多いことか。楽しむなら生前、でもいつまで長生きするのやら? という不安にさいなまれるのもちょっと笑えないですね。あんがい新しい保険商品として登場するかも?

  • 1億円なんて、今からじゃ(や、今まででも)、貯蓄は愚か、稼ぐことさえ夢物語です。だから、”老後にいくら必要”という数字を見ると、絶望的にさえなります。
    「老後のために」と、今出来ること、買えるものをひたすら我慢した挙げ句、天災に見舞われるかもしれないし、ひどい病気で動けなくなるかも、など思うと(極端過ぎる例ですが)、今楽しまなくて何が人生!と思いますよね。
    まして、お墓にお金をかけるとかも、よくわからないです。私は砂漠かなにかで死んで、土に還るというのが理想です。

    • まさよさん、こんにちは!
      なかなか身につまされる思いがします。生涯に渡り、資産による利回りで月収が得られる仕組みを作るのがベストだと思いますが、利回りの代わりにたとえば「電子内職」するノウハウを身に着けておくのも手段のひとつです。電子内職って? と思われるかもしれませんね。パソコン1台あればいつでもどこでも収益を得る方法のことです。様々ありますが、どれか一つ身につけておくといいですよ。お墓にお金をかけるかどうかは残された人次第だと思います。

  • こんにちは。
    全く、その通りですよ!
    ですが、若い方々にその事を一つの考え方として言葉を使ってもなかなか年金を払って当たり前の先入観から脱却させるのは難しいのですよ!

    社員として働いて社会保障を受けるのが普通であり、そうすべき!

    なぜなら、皆がそうしているから(笑)

    そうじゃない方法、手段はたくさんあっても大衆の認知があり共感されてこそ正論として受け入れられる!
    お金は説得力ありますけどね(笑)
    どうして!?

    日本人とその社会が考える時間と当たり前の教育をしていないから。
    少し前に資本主義社会では投資等の不労所得の方が効率的だと話題になったはずなんですがね。
    おそらく、年金は額面どうりにもらえるでしょう。
    インフレは進み、その額面の価値までは保証されませんが(笑)

    しかしサラリーマンは年金を払い続けるのです!
    ローンやらの維持費用だったり責任だったりを抱えて、考える時間すら与えられずに。

    せっかく、なおきんさんが前向きな内容の記事にしてくれたのにネガティブ思考なコメントでごめんなさい。

    失礼しました。

    • じさん、こんにちは!
      学校で教えてもらえないことのひとつに「お金の運用」がありますね。特に日本はそうですが、案外米国もです。ともあれ、お金に対してネガティブな人は、お金の方から見ても「そんな奴のところに行くか!」といった感じでしょう。本当は好きなのに嫌いなフリしてフラレてしまった、的な。年金の考えかたはそれぞれあります。ぼくは保険料は義務として納め、将来自分は受け取らなくても済むよう方法を構築したい、という考えです。周囲からは「お人好し!」「バカじゃないの!」と言われますが。

  • なおきんさん、こんにちは。
    タイトルにドキッとしてしまいました!
    未来の事を考えても、答えは出ませんよね。
    老後に何があっても、人のせいにしない、自分で納得した道を進んで行きたいものです。
    今回の英国の事にしても…心配事を挙げればキリがありません。

    • bossaさん、こんにちは!
      人騒がせなタイトルでごめんなさい。内容がタイトルに合っていないような気もしたのですが、かまわずそのままにさせていただきました。bossaさんにはちゃんと解釈いただいてうれしく思います。正しく心配し、仕方ないとあきらめる。それよりものごとのいい面を見ていれば、自分にもいいことが起きるようになる。これはもうすごく実感するところですね。ものごとの悪い面を見ている人が、どんどん不幸に見舞われているのをいやというほど見てきただけに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。